<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 防衛次官通達は言論統制だ~秘密国家へ向かうのか
2010年11月18日 (木) | 編集 |
いよいよ民主党政権は本性を現して来ました。

事務次官通達はとんでもない内容です。憲法違反です。

曖昧な表現をしていますが、これは統制です。北沢防衛大臣が民主党の批判に激怒したから出された通達と言われています。

クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

保守派「sns-freejapan」と連携しています。
SNS-FreeJapan



【隊員の政治的中立性の確保について】

 先般、自衛隊施設内での行事で協力団体の長があいさつし、施設を管理する自衛隊側が自衛隊法や同法施行令の政治的行為の制限(政治的目的のために国の庁舎、施設を利用させること等を禁止)に違反したとの誤解を招くような極めて不適切な発言を行った。

 防衛省・自衛隊としては、かかる事案が二度と起きないよう各種行事への部外団体の参加等については、下記の通り対応することとする。

 一、各種行事への部外団体の参加にかかわる対応

 防衛省・自衛隊が主催またはその施設内で行われる行事に部外の団体が参加する場合は、施設を管理する防衛省・自衛隊の部隊や機関の長は以下の通り対応する。

 ▽当該団体に対し隊員の政治的行為の制限を周知するとともに、隊員が政治的行為をしているとの誤解を招くことがないよう要請する。

 ▽当該団体の行為で、隊員が政治的行為をしているとの誤解を招く恐れがあるときは当該団体の参加を控えてもらう。

 一、部外行事への隊員の参加にかかわる対応

 隊員が防衛省・自衛隊の施設外で部外団体が主催する行事への参加を依頼され、その参加が来賓としてのあいさつや紹介を伴う場合は、当該隊員は以下の通り対応する。

 ▽当該団体に対し、政治的行為の制限について周知する。

 ▽参加を依頼された行事に政治的行為の制限に抵触する恐れのある内容が含まれていないことを確認し、確認できないときは行事に参加しない。

***

自衛隊の関係団体では、郷友連盟などありますが、その中で民主党批判は許されないんですね。各地の郷友連盟の会合で民主党批判は行われています。そこに制服の自衛官、それも幹部クラスが参加していますが、ダメということになりますね。

尖閣ビデオにしても海上保安庁職員の逮捕は見送られ、行政処分になるようですが、政府が公開しない事の方がおかしい。

仙谷官房長官が自衛隊が暴力装置といったのがホンネですね。

人権侵害救済機関を推進している組織のホンネも同じですからね。言論統制、社会主義国家の様な恐怖支配を将来させかねない一連の動きは要警戒しなければなりません。

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101118/plc1011180310000-n1.htm

【主張】防衛次官通達 菅政権は言論封殺するな

 尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件をきっかけに、菅直人政権の下で情報統制が進められている。自由と民主主義を基軸とする現代日本社会の根源的な価値を否定しかねない危険な兆候であると指摘したい。
 とりわけ見過ごせないのは、自衛隊施設での民間人による政権批判の封じ込めを図った「隊員の政治的中立性の確保について」と題する防衛事務次官通達だ。
 航空自衛隊入間基地(埼玉県)の航空祭で、民間の後援団体「航友会」の会長が尖閣事件での政府の対応に触れ、「民主党政権は早くつぶれてほしい」とあいさつしたことに、北沢俊美防衛相が激怒したからだとされる。
 通達は、参加団体に政治的行為と誤解されることをしないよう要請し、誤解される恐れがある場合は参加させないという内容だ。
 自衛隊法などは自衛隊員の政治的行為を制限している。政治的行為には、施設を政治目的に利用させることも含まれる。通達はそれを今回の航空祭のケースにあてはめているが、こじつけだ。民間人の言論の自由を封じることはいかなる理由があれ、許されない。
 問題はこれにとどまらない。仙谷由人官房長官は衆院予算委員会中に尖閣事件に絡む「厳秘」資料を撮影された問題で、カメラの性能が向上したことを指摘し、「時代とともに撮影のあり方も考え直す必要がある」と、写真取材の規制強化に言及した。
 この発言も極めて不適切だ。国会審議の一部始終を取材し、国民に伝えるのは、報道機関の務めである。見られたくないなら、自身で扱いを注意すべきだろう。自らの不注意を棚に上げ、取材規制をちらつかせるのは本末転倒だ。
 仙谷氏は尖閣事件のビデオが流出した問題で、「現在の法制の罰則は抑止力が十分ではない。秘密保全に関する法制のあり方を早急に検討したい」と述べ、国家公務員法の守秘義務違反の罰則強化を示唆した。
 流出したビデオは本来、政府が一般公開すべき情報だ。同法で保護すべき秘密かどうかも、はっきりしない。罰則強化に結びつけるのは筋違いである。
 都合の悪い言論を封じ、必要な情報は知らせないという民主主義に逆行する行為を首相はどう考えているのか。自由な言論こそ健全な民主主義社会の基本である。
スポンサーサイト


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 自衛隊には政治的中立を求めて、公立の教職員には特定の政党を支持させる矛盾は何? 防衛相、撤回拒否 仙谷氏は「必要な対応」 防衛省通達問題 - MSN産経ニュース via kwout 防衛省が10日付で自衛隊施設での民間人による政権批判発言を封じる事務次官...
2010/11/18(木) 21:49:01 | すきま風
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫