<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 11月30日の外務省、各省庁の意見交換会にご参加を
2010年11月21日 (日) | 編集 |
家族の絆を守る会からのお知らせです。

11月30日、外務省・各省庁との意見交換会を開催します。
この意義を知って頂いて、未だ参加申込みをされていない方に、参加して頂きたいと思い、メールを差し上げます。是非御参加ください!!!!!

クリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

保守派「sns-freejapan」と連携しています。
SNS-FreeJapan



今回、各府省庁に、話し合いに参加するように交渉した結果、内閣府、法務省、文科省、厚労省、外務省が参加してくれます。
どこかの省庁主催なら兎も角、我々民間NPOの主催で各府省庁を集めることが出来るのは画期的なことです。実際、交渉は大変でした。
でも応じてくれたのは、昨年、今年、国連の女子差別撤廃委員会、児童の権利委員会に、我々が人を送ったことで、役人も我々の存在を無視できなかったのだと思いま す。

役人との意見交換は、左翼が数十年積み重ねて来たものです。
解放同盟が代表的な例かもしれませんが、彼らは役人が圧力に弱いことを知っています。一方、保守派は、今回のように、直接自らの主張を役人に届けることをして来ま せんでした。自分の意見を言える、またとない機会です。

朝鮮学校高校無償化問題
歴史教科書問題
長時間保育の問題
学校教育の問題・・・・子供達に関わる問題は山ほどあります。

大いに語りたいことがある筈です。今回は、それを伝えることが出来る絶好の機会なのです!

勿論今回一回の話し合いだけで情勢が変わるわけではありませんけれども、役人は国 連に報告書を出す際にも、答弁を書く時にも、施策を考える時にも、我々の存在を無視出来なくなるのです。

保守派が沢山居て、しっかりとした意見を述べてきているということを、我々は示し たいと思っています。
普通の日の夜で参加にしにくい時間だということは分かっていますが、どうか万障繰 り合わせて御参加下さい!!

■主催:NPO 法人家族の絆を守る会
■日時:平成22年11月30日(火)受付時刻午後4時〜4時45分、5時開会
■場所:衆議院第一議員会館1階 国際会議室 (国際会議室は、すごく綺麗です。なかなか入ることは出来ないですよ)

NPO法人家族の絆を守る会(FAVS)
事務局長 岡本明子

スポンサーサイト


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
なめ猫