<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 福岡県私学振興局と県教育委員会の対応の差に思う~朝鮮学校補助金を出す私学振興局にご意見を!
2010年12月20日 (月) | 編集 |
産經新聞によると意図的な二重取りの疑いが強まった様です。今回もまた、我々の同志が行った情報公開請求で開示された文書をベースに取材が進められました。

http://sankei.jp.msn.com/region/kyushu/fukuoka/101217/fkk1012170202000-n1.htm

補助金二重取り問題 福岡朝鮮学園、故意の疑い 県申請後、市に「なし」報告

 福岡県内で朝鮮学校を運営する学校法人「福岡朝鮮学園」(北九州市)が県と市から補助金を二重取りしていた問題で、同学園が県に平成21年度分の補助金を申請した直後に、市に対し県からの補助金はないとする報告書を提出していたことが16日、わかった。学園は二重取りについて「事務処理上のミス」としてきたが、同様の申請と報告は少なくとも過去5年間繰り返され、「故意」の二重取りだった疑いが出てきた。
 
 福岡県や北九州市によると、同学園は北九州朝鮮初級学校(同市)、九州朝鮮中高級学校(同)、福岡朝鮮初級学校(福岡市)の3校を運営。福岡県は学園に、北九州市は市内の2校に対し毎年度、文化活動やスポーツ大会などの費用の一部に充当する補助金を交付している。
 
 情報公開請求で開示された21年度分の申請書などによると、学園は同年9月、北九州市にサッカーの交流試合や学芸会など、1760万円相当(2校分)の事業について補助金を申請。計400万円の補助金を受け、年度内にすべての事業を実施した。
 年度末の22年3月30~31日には、対象事業に県からの補助金は充てず、市からの補助金と学費などの収入で事業を完了したとの報告書を同市に提出した。
 しかし、学園は直前の3月27日、県に21年度分として、北九州市から補助金を受けた事業を含む1613万円相当の事業について補助金を申請。800万円の交付を受けたが、約91万円分の事業は同市からも補助金を受けていた。
 
 市に「県補助金の充当はなし」との報告をしながら、県から同じ事業名目で補助金を受け取る“手口”は、資料の残る17年度以降、毎年続いており、少なくとも17年度約311万円分▽18年度約101万円分▽19年度約587万円分▽20年度約53万円分-の事業が重複。21年度分と合わせると二重取りは総額1143万円分の事業にのぼる。
 産経新聞の取材に同学園は「担当者が不在で答えられない」としている。

**

この件等に対して福岡県私学振興局はとうとう折り返しすると言った電話はなし。午後2時過ぎに電話を入れたのですが、、、

担当係長は一昨年まで県教委企画調整課にいた桂木さんと言う方。もうお一人は小野さんというお若い方。

明日、どう言い訳をするのでしょうか。

その点、人権同和教育課や人権同和対策局はちゃんと関係部署との連絡調整までして下さります。いつぞやは無礼な職員も居ましたが、県議会の所管委員会に陳情したところ、意外な事に公明党が大問題にした事があります。

聞いた所では、今年度、異動で筑豊の出先に行かれたとか、、、
本庁と違い出先機関では組合天国で、このブログでもたびたび取り上げて来ましたが、数年前まで職場協定書なるヤミ協定を締結して管理運営事項に抵触する労使交渉を展開していました。

県教委はいわゆる県同教裁判で敗訴しており、特定の団体との癒着を反省をする姿勢は見せています。丁寧に情報公開請求でもここまでよく出すなと思うくらい出してこられます。必要であればファックスで送って来られる事もあります。

同じ教育を扱う私学振興局はそういう経験がない。そこが対応の違いに表出しているのではないでしょうか。

これまで北朝鮮のスパイ機関である朝鮮学校に補助金を与えて、日教組との高額な飲みくいなどに利用され、それも二重取りまでされていたことが判明しています。救う会福岡から申し入れが行われており、我々とは違う筋ですが、在日特権を許さない市民の会(在特会)からは住民監査請求が提起されている訳です。

福岡県民は朝鮮学校へ補助金を出す事に疑義を呈している訳です。

仕方なく6時前に電話を入れると「もう帰りました」という。延々お待ちしておりましたが、、、

それでいいのでしょうか。役人と対決しても、職務で立場上、思想信条とは別にやっている人を責め立てても仕方がありませんけどね。接遇応対は印象を、すべてを決定づけますから誠意ある対応を願うものです。

皆様、朝鮮学校への補助金は廃止すべきだなど、厳しいご意見をお願いします。
電話、あるいはファックスをよろしくお願い致します。

福岡県私学振興局私学振興課私学第2係

朝鮮学校担当 桂木、小野

092-643-3130(直通)
092-643-3135(ファックス)

この内容にご賛同の方はクリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

保守派「sns-freejapan」と連携しています。
SNS-FreeJapan
スポンサーサイト


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫