<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 朝鮮総連本部が整理回収機構に仮差し押さえになる
2011年02月25日 (金) | 編集 |
2月20日に佐賀県鳥栖市で大嶋かずまささんたちが主催した講演会は予想を上回り、100名近い方がお見えでした。

佐賀で保守系文化人を講師に講演会を主催している土曜セミナーの方など佐賀県の方を中心にお見えでした。頑張れ日本の方は司会をされた若い女性ははるばる香川県からお見えでした。

尖閣問題の署名を受付でさせていただき、30名ほどご署名いただきました。

この内容にご賛同の方はクリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

保守派「sns-freejapan」と連携しています。
SNS-FreeJapan

講師のイリハムさんの講演内容は明日の日本の姿かと戦慄を覚えるもので、ウイグル民族の民族絶滅を狙っているとしか思えない中国共産党の圧政に怒りを感じました。

自治政府とは名ばかりで実権は漢民族が握っており、正当な抗議行動を武力で弾圧する姿はかつての天安門事件と同じです。

教育も民族の言葉を奪い、歴史教育も中共の都合のいいように教えられています。

核実験の実験場近くでは多くの被爆被害が起きていながらなんら対策を取ろうとしていません。

しかし、こうした東トルキスタンの状況が国際社会に伝わるのは稀です。なぜなら、近隣の同じトルコ系、イスラム諸民族の国家であるカザフスタンやウズベキスタンなどが中国との経済関係に縛られてしまっているからです。

イリハムさんは日本がもっと親日国に関心をもってほしいと訴えられました。これは多くの発展途上の親日国家の思いだと受け止めています。

講演会でいただいた資料も精読させていただきましたが、それによると、被爆により大脳未発達の赤ちゃんばかり生まれる村があるとのこと。もっと日本はこの現実に目を向ける必要があるのではないでしょうか。

このままでは間違いなく日本はこれから10年以内に中共に飲み込まれます。

当日はニコニコ生放送も行われ、300名を超える方がご覧になられています。

大嶋さんは、昨年、在特会佐賀支部長を辞任後も、福岡での各団体の活動に熱心に参加されていらっしゃいます。今後も連携して、切磋琢磨し、共に日本の再生のため頑張ってまいりたいと思います。

さて、本題の朝鮮学校の整理回収機構による差し押さえの件ですが、今朝の読売新聞で報道されています。

これは全国にある朝鮮総連関連施設、朝鮮学校にも波及するのではないでしょうか。

最高裁に朝鮮総連側は上告していますが、彼らは焦っていることはたしかだと思います。

かつての朝銀(朝鮮銀行)への公的資金投入。これまでも報道はたびたびされてきました。

私の手元に別冊宝島の「北朝鮮対日潜入工作」というムックがあります。

北朝鮮対日潜入工作


執筆者の一人、野村旗守氏によると、朝鮮総連の財政基盤を担う全国の朝銀信用組合を統括するのは総連中央本部の経済局であったが、人事権を握っていたのは財政局で、当時の財政局幹部の許宗萬は、朝鮮総連内の非公然組織であり、朝鮮労働党の日本支部でもある「学習組」のトップであった。

※学習組については「北朝鮮対日潜入工作」の野村旗守氏の「最大の在日非公然組織学習組の正体」をお読みいただきたい。

学習組の正体


朝銀は中央財政局のいいなりに「担保価値をはるかに上回る過剰融資、無担保融資を繰り返し、乱脈経営の限りを尽くした揚句、全国の朝銀信組が、次々に経営危機に追い込まれていった」のです。

そのつけを日本国民が支払うというのは絶対におかしい。
それを推進したのがいまだに政界のご意見番のごとくふるまい続ける野中広務です。

また、福岡県は二重詐取分は返還させるとはいうものの、今後も補助金を朝鮮学校に出すというのですから怒りがこみあげます。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110225-OYT1T00170.htm

朝鮮総連本部、整理回収機構が仮差し押さえ

 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部(東京都千代田区)の土地・建物について、東京地裁が18日付で整理回収機構(東京)による仮差し押さえを認める決定を出し、同機構が21日に仮差し押さえを行っていたことがわかった。


 同地裁は2007年6月、同機構が旧朝銀東京信組などから買い取った債権のうち、約627億円分を事実上の朝鮮総連への融資と認定し、朝鮮総連に全額の返還を命じる判決を言い渡した。この判決に基づき、同機構は同本部の土地・建物を差し押さえようとしたが、登記上の所有者が朝鮮総連の関連会社名義になっていたため、名義を朝鮮総連の代表者に書き換えるよう求める別の訴訟を起こし、1、2審で請求が認められた。

 朝鮮総連側は現在、最高裁に上告中で、判決が確定すれば強制執行が可能となる。仮差し押さえは、強制執行に備えて債務者の財産を保全する手続きで、同機構は「念のための保全措置として、仮差し押さえを行った」としている。

【朝鮮学校への補助金について福岡県私学振興課へご意見を】

皆様、朝鮮学校への補助金は廃止すべきだなど、厳しいご意見をお願いします。
電話、あるいはファックスをよろしくお願い致します。

福岡県私学振興局私学振興課私学第2係

朝鮮学校担当 桂木、小野

092-643-3130(直通)
092-643-3135(ファックス)


**

【情報提供や活動ご支援のお願い】

☆私どもの正常化運動にご参加、あるいは活動をご支援いただけますと幸いです。
また電場番号も公開しており、情報のご提供、また、ご意見をお聞かせ下さい。

090-4588-5280(近藤)

国家解体の3法案はいまのところ、止まったかのように見えますが、そうではありません。

推進派は時の政権と緊密な関係にあります。管政権は極左市民運動家が乗っとった政権です。

旧社会党系の「平和フォーラム」(国労も含めた旧総評系労組と部落解放同盟が構成団体)の運動方針、やばい内容だらけです。
http://www.peace-forum.com/kadai/2010.htm

民主党の正体は即ち、この方針に基づく政策の事です。この運動方針にある「取り組みの基本的スタンス」の項で注目なのが、「3.従来の抵抗・対決型から政策実現型へ運動の組み立て方を転換すること」です。まさに政権内部からの革命を目指しています。


内閣改造でも旧社会党系の閣僚はおり、その政治的影響力は強まるばかりです。

昨年も1月末、3月中旬、8月下旬と三度にわたり、政府・国会陳情と国民集会に参加してまいりました。

また、地元福岡県においては、朝鮮学校補助金撤廃に向けた取り組み、外国人参政権、夫婦別姓、人権侵害救済法案阻止の運動、日教組系組織の影響の強い義務制、一部高校教育の正常化、子供の権利条例などを利用しての一部運動体の行政介入を是正させる取り組みを継続しています。

福岡の問題は4年前から追いかけておりますが、地元マスコミの提灯持ち報道や保守系議員の取り組みの弱さもあって部落解放同盟は、地域主権を掲げる民主党政権下で息を吹き返しつつあります。

昨年10月に筑紫野市で開催された解放同盟と筑紫野市のいわゆる学習会は、まさにつるし上げであり、運動体と行政の不透明な関係の疑義がより強まりました。

私(ども)は、まず第一にいわゆる国家解体法案、ヤミ法案の阻止運動を行います。街頭活動や勉強会、会議の開催を行い、全国的なネットワークの構築を進めております。

また福岡の課題として同和行政の負の遺産もあり、

保守系議員の奮起を促して正常化へ向けて取り組んでいます。


最近では朝鮮学校の公的補助金廃止に向けた取り組み、筑紫野市等において部落解放同盟などと行政の癒着関係を是正させるべく戦っております。

産経新聞 福岡県が645万円返還請求へ



http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110217/crm11021721180029-n1.htm

朝鮮学校の補助金二重取り問題、福岡県が645万円返還請求へ

 福岡県内で朝鮮学校を運営する学校法人「福岡朝鮮学園」(北九州市)が平成17年度から21年度にかけ、県と市から補助金を二重取りした問題で、福岡県は17日、学園に交付した補助金のうち計645万円が二重申請による不適切な補助金だったとして返還を求める方針を明らかにした。学園は「県から補助金を受け取っていない」として北九州市からも補助金を受けており、同市も補助金の返還を検討している。

 同学園への県の補助金は、学園から申請のあった文化交流などの事業費の2分の1以内を、年間の上限800万円で交付する制度。17年度からの5年間は毎年、学園から約1605万~1909万円の事業で申請があり、毎年限度額いっぱい、計4千万円が支給された。

 県によると、県と北九州市に二重に申請された事業は年間約201万~588万円分あり、5年間の総額は約1693万円分。

 事業費総額から二重申請分を差し引いて算出した本来の補助金は、17年度約799万円▽18年度約640万円▽19年度約537万円▽20年度702万円▽21年度約678万円(千円以下四捨五入)で、県はすでに交付した年間800万円との差額計645万円の返還を求める。

 県によると、学園側は多く受け取っていた補助金については返還する意向を示しているという。


〈2月7日の街頭活動での写真〉

朝鮮学校補助金反対ビラ

補助金反対街頭活動1

補助金反対での街頭活動2

補助金反対街頭活動3

補助金反対街頭活動4

補助金反対街頭活動5

補助金反対街頭活動6

交通費や情報公開請求の文書費、資料代、ビラの印刷代等備品など活動の推進にあたり出費が嵩んでおります。

大変申し訳ありませんが、状況をご理解いただき、
皆さまから暖かいご支援を賜りますことが 出来れば誠に幸いです。


何卒、よろしくお願いいたします m(__)m

■カンパのお振込先


西日本シティ銀行筑後支店276  
       
普通 0927397 近藤将勝  コンドウマサカツ     


郵便口座 17490-63834391

近藤将勝 コンドウマサカツ

スポンサーサイト


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫