<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 前原前外務大臣は部落解放同盟と非常に近しい関係にあった
2011年03月07日 (月) | 編集 |
在日韓国人から献金を受けていた前原外務大臣が辞任しました。

また北朝鮮訪問や朝鮮総連系企業との関係も指摘されていました。府議会議員時代からの関係といわれています。訪朝時に籠絡されたとのことですが、今回の件でほぼ次の首相の線はなくなったのではないでしょうか。

民主党内で親米派といわれていた前原氏の辞任は今後の外交に影響を与えるか注目される所ですが、拙ブログでは、他所でいわれていることと少し違う角度から考えたいと思います。皆さんにご披露したい1枚の写真があります。

前原 部落

前原議員が写っているのを確認できるかと思います。

部落解放同盟とも非常に近しい関係にあったのです。

京都はそういう土地柄であることはよく知られています。「部落民以外は差別者である」とした悪評高い浅田理論を主張した朝田善之助元中央執行委員長を追放した駒井京都府連会長(故人)の2人の兄弟はそれぞれ全解連(現、地域人権連)、自由同和会(自民党系)に加盟しています。必ずしも一筋縄に行かない面もあるのも事実です。

そういう経緯もあってか、京都は解放同盟が同和団体の主流派を占める中で唯一、いわゆる政府対応3団体(解放同盟、人権連、自由同和会)が拮抗する状況になっています。

この内容にご賛同の方はクリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

保守派「sns-freejapan」と連携しています。
SNS-FreeJapan


講談社から『京都 裏同和行政』を出され、京都市長選にも出馬し惜敗された元京都市議会議員の村山先生にお話をお伺いしましたが、「京都市は運動団体の力が異常に強い」といわれます。そして「職員もそれに慣れきっていた」と。
京都・裏「同和」行政

野中広務氏が自ら出自を表明されていることは有名な話ですが、野中氏も京都の同和利権には手を焼いていたほどです。元日本共産党系地方紙記者で京都の市民運動家の寺園氏は、旧全解連にも問題があったと指摘しています。どっぷり浸かっていたわけです。

写真は部落解放同盟京都府連が入居する京都部落解放センター
京都部落解放センター2

駒井氏については板倉良明氏の著書に登場しています。部落解放同盟が左翼偏向しているひとつのエピソードです。

板倉

『本当はこうだった南京事件』より

プレイボーイ1990年10月号での石原発言(日本人が南京で大虐殺を行なったと言われるが、事実ではない。中国人が作り上げたお話であり、うそだ。この発言をめぐる一連の騒動は第15章「拝啓、朝日新聞社殿」に詳しく述べる)への非難の余波がまだ続いている平成3年3月に「『石原発言』を許さない京都集会実行委員会」(構成は、心に刻む会、カトリックきょうと福音センター、京都府教職員組合、真宗大谷派反靖国、浄土真宗本願寺派反靖国、日本社会党京都本部、部落解放同盟など7団体。代表駒井昭雄)が主催した集会で出版された「歴史を偽造するのは誰か?」という冊子がある。内容は石原慎太郎氏宛の公開質問状とその回答、元日本軍兵士の証言、高興祖・南京大学教授と張益錦・侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館館長のメッセージ、ニューヨークタイムズ意見広告、洞富雄・本多勝一・小野賢二各氏のメッセージ、朝日、毎日、朝日ジャーナルの記事などの資料を集めたものである。
 この中の元日本軍兵士の証言とは、福知山歩兵第20連隊の東史郎氏(虐殺に関する名誉毀損で東京地裁及び東京高裁で敗訴)の証言と、伏見歩兵第9連隊の舟橋照吉氏の証言と日記である。しかし、これを見て筆者がハテナと思ったのは、舟橋氏は前年からたびたび私に手紙で手書き(墨書)の日記の写しを示して、共同出版まで提案していたにもかかわらず、不思議な事にこの集会で公表された日記は、筆者に送られてきた日記とはだいぶ内容が異なっているのである。
 最初に日記が送られてきた時筆者は、それが真実のものなら史料として貴重なものであり、当時改訂版を準備中の「南京戦史」の資料編に採用する事も考えて、文書及び電話でいろいろ質問している。しかし、どうも基本的事項(所属中隊や上官・戦友の名前など)があやふやで、肝心の点は「忘れた」と言い、また、歩兵9連隊の実戦記録とははなはだしく異なることへの説明もつかない。結局信憑性に欠け資料としての価値なし、と判断したのだが、どういうわけか舟橋氏はその後も、静岡の森正考氏(映画「侵略」上映委員会代表)の「侵略」パートIIIに出演した時の写真や、静岡での講演、戦争展での講演、はては東史郎氏の悪口まで送ってきたのである。
 この「歴史を偽造するのは誰か」の読後にも、舟橋氏に電話で質問したのだが一向に要領を得ない。ただ、京都在住の歩兵第20連隊の下士官だった妻形茂一氏も、疑問を持って問質している事が舟橋氏の話から分かっただけである。電話では埒があかないのでついに、7月に舟橋氏への質問書と、そのコピーを実行委員会代表・駒井昭雄氏に送ったが、期限を過ぎても舟橋氏からの返事はなく、妻形氏の方へも同様であった。最後に質問を一つだけ、出征時の身分(所属、階級など)に絞って、もしこれに答えられないならニセ兵士と断定する旨の書簡を舟橋氏と駒井氏に送ったのだが、駒井氏から凄いけんまくの電話があったことだけが収穫であった。
 
 結局、舟橋氏は8月末の電話で、ついに自分は輜重特務兵であったと妻形氏に真実を告げ、9月2日に京都で立会いの大和田正雄氏と交えた会話で、日記の偽造を白状したのである。輜重特務兵なら経歴の矛盾は少なくなるが、最前線でトーチカ攻撃をしたり、捕虜を機関銃で虐殺するなどは、すべて架空の話だった事になる。
 舟橋氏は、講演や日記の公表は、東史郎、下里正樹(赤旗記者)、吉田保(京都機関誌印刷センター代表)など各氏に説き伏せられてイヤイヤやったものだ、とか、旅費は持つから中国へ行こう、と誘われた、と言い、東氏の推薦は証拠で明らかになっている。舟橋氏が認めたことで問題は解決したように見えたが、今度は駒井氏から部落解放同盟委員長の肩書きで、私と妻形氏のほか、防衛庁防衛研究所戦史部の原剛氏、偕行社、石原慎太郎などに配達証明つきの抗議書が届けられた。主点は、調べた事がプライバシーの侵害になり、本人や家族への脅迫に当たり、「勇気ある元兵士の証言を闇から闇へ葬り去り、戦争の悲惨さを告発する末端兵士の真実の声を抹殺する、卑劣な行為である」と、筆者達に謝罪を求めている。
 
 しかし、これは脅迫まがいの事ですらない。だいたい、日記の公開が既にプライバシーの部分的放棄であるから、その真実性を調べる事が、プライバシー侵害になるはずがない。また、公刊物の内容に不審の点があれば、それを調べるのは読者の当然の権利であり、ましてこの日記は日本軍の「虐殺」証拠物件として扱われている。それが、偽りの日記だったら、多くのともに戦った戦友、戦死されて靖国神社に祭られた英霊、たくさんの遺家族、いや日本人全てが、いわれなき汚名を着ることになる。
 この方がよほど大きな名誉毀損ではなかろうか。私は舟橋氏にこそ、靖国神社の神前に土下座して謝罪してもらいたいくらいに考えているので、謝罪を拒否したのである。
 駒井氏はその後、妻形氏を証人に立てて、筆者と国民新聞社社長の山田恵久氏を訴えると通知してきたが、舟橋氏の嘘があまりにも歴然としているせいか、いつのまにか立ち消えになっている。

**

板倉氏の著書にも登場していますが、宗教界、とくに東本願寺が非常に同和問題に熱心です。解放同盟と一緒に人権侵害救済法案を制定させようと運動しています。

この挨拶文をみて下さい。解放同盟主催の基本法制定大会で配布された挨拶文です。

大谷派

前原前大臣は、現在はホームページから消されていますが、同和関係の役職をしていた時期があります。

仙谷前官房長官は旧社会党出身で前原グループ(民主党内のネオコン)所属ですが、人権侵害救済機関は民主党の義務だとまで言いきりました。昨年の『正論』に書いた拙稿でもマニフェストに銘記され一番成立する可能性が高いと書いたのは、地方の実情をみたときに選挙で国民の審判を仰ぐ国会議員はその声を無視しづらいことがあるからです。自民党も党としては法案に反対ではありません。むしろ賛成派も多いです。辛うじて中堅若手議員の動きで阻止していました。

先にご紹介した写真を見ると、来賓席にサンタクロースみたいな髭の男性がいます。この方が組坂繁之部落解放同盟中央執行委員長。福岡県小郡市出身で、部落解放同盟の解放運動をリードしています。

先月、江田法務大臣と会談していたようですが、どういうことが話し合われたのでしょうか。

解放同盟は自民党政権時代から与党カードと野党カードの2つをうまく使いわけながら、根回し工作を進めてきました。組坂氏は古賀誠との会談で人権擁護法案の再提出を根回しし、小泉政権時代に山崎拓の補選での支援と引き換えに、施政表明演説に人権救済機関を入れさせるなどその政治力は老獪で侮れません。

結果として解放同盟の全国大会で与野党の国会議員がこぞって人権侵害救済法案の必要性に熱弁をふるう挨拶を行い、民主党内に「人権侵害救済機関検討プロジェクトチーム(PT)」を設置することが決まりました。

他の政党も動くでしょう。

補助金反対街頭活動3

人権侵害救済機関設置への危機が高まった事は間違いありません。いろいろな諸問題がありますが、この法案も全力で阻止していきたいと思います。皆様、よろしくご指導、ご支援のほどお願い申し上げます。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110305/stt11030501210004-n1.htm

民主が人権救済機関PTを設置へ 

 民主党が政策調査会に「人権侵害救済機関検討プロジェクトチーム(PT)」を設置することが4日分かった。座長は川端達夫衆院議院運営委員長が就任予定。人権侵害救済機関設置法案の国会提出に向け、5月上旬までに党の考え方をまとめる。

【朝鮮学校への補助金について福岡県私学振興課へご意見を】

皆様、朝鮮学校への補助金は廃止すべきだなど、厳しいご意見をお願いします。
電話、あるいはファックスをよろしくお願い致します。

福岡県私学振興局私学振興課私学第2係

朝鮮学校担当 桂木、小野

092-643-3130(直通)
092-643-3135(ファックス)


**

【情報提供や活動ご支援のお願い】

☆私どもの正常化運動にご参加、あるいは活動をご支援いただけますと幸いです。
また電場番号も公開しており、情報のご提供、また、ご意見をお聞かせ下さい。

090-4588-5280(近藤)

国家解体の3法案はいまのところ、止まったかのように見えますが、そうではありません。

推進派は時の政権と緊密な関係にあります。管政権は極左市民運動家が乗っとった政権です。

旧社会党系の「平和フォーラム」(国労も含めた旧総評系労組と部落解放同盟が構成団体)の運動方針、やばい内容だらけです。
http://www.peace-forum.com/kadai/2010.htm

民主党の正体は即ち、この方針に基づく政策の事です。この運動方針にある「取り組みの基本的スタンス」の項で注目なのが、「3.従来の抵抗・対決型から政策実現型へ運動の組み立て方を転換すること」です。まさに政権内部からの革命を目指しています。


内閣改造でも旧社会党系の閣僚はおり、その政治的影響力は強まるばかりです。

昨年も1月末、3月中旬、8月下旬と三度にわたり、政府・国会陳情と国民集会に参加してまいりました。

また、地元福岡県においては、朝鮮学校補助金撤廃に向けた取り組み、外国人参政権、夫婦別姓、人権侵害救済法案阻止の運動、日教組系組織の影響の強い義務制、一部高校教育の正常化、子供の権利条例などを利用しての一部運動体の行政介入を是正させる取り組みを継続しています。

福岡の問題は4年前から追いかけておりますが、地元マスコミの提灯持ち報道や保守系議員の取り組みの弱さもあって部落解放同盟は、地域主権を掲げる民主党政権下で息を吹き返しつつあります。

昨年10月に筑紫野市で開催された解放同盟と筑紫野市のいわゆる学習会は、まさにつるし上げであり、運動体と行政の不透明な関係の疑義がより強まりました。

私(ども)は、まず第一にいわゆる国家解体法案、ヤミ法案の阻止運動を行います。街頭活動や勉強会、会議の開催を行い、全国的なネットワークの構築を進めております。

また福岡の課題として同和行政の負の遺産もあり、

保守系議員の奮起を促して正常化へ向けて取り組んでいます。


最近では朝鮮学校の公的補助金廃止に向けた取り組み、筑紫野市等において部落解放同盟などと行政の癒着関係を是正させるべく戦っております。

産経新聞 福岡県が645万円返還請求へ



http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110217/crm11021721180029-n1.htm

朝鮮学校の補助金二重取り問題、福岡県が645万円返還請求へ

 福岡県内で朝鮮学校を運営する学校法人「福岡朝鮮学園」(北九州市)が平成17年度から21年度にかけ、県と市から補助金を二重取りした問題で、福岡県は17日、学園に交付した補助金のうち計645万円が二重申請による不適切な補助金だったとして返還を求める方針を明らかにした。学園は「県から補助金を受け取っていない」として北九州市からも補助金を受けており、同市も補助金の返還を検討している。

 同学園への県の補助金は、学園から申請のあった文化交流などの事業費の2分の1以内を、年間の上限800万円で交付する制度。17年度からの5年間は毎年、学園から約1605万~1909万円の事業で申請があり、毎年限度額いっぱい、計4千万円が支給された。

 県によると、県と北九州市に二重に申請された事業は年間約201万~588万円分あり、5年間の総額は約1693万円分。

 事業費総額から二重申請分を差し引いて算出した本来の補助金は、17年度約799万円▽18年度約640万円▽19年度約537万円▽20年度702万円▽21年度約678万円(千円以下四捨五入)で、県はすでに交付した年間800万円との差額計645万円の返還を求める。

 県によると、学園側は多く受け取っていた補助金については返還する意向を示しているという。


〈2月7日の街頭活動での写真〉

朝鮮学校補助金反対ビラ

補助金反対街頭活動1

補助金反対での街頭活動2

補助金反対街頭活動3

補助金反対街頭活動4

補助金反対街頭活動5

補助金反対街頭活動6

交通費や情報公開請求の文書費、資料代、ビラの印刷代等備品など活動の推進にあたり出費が嵩んでおります。

大変申し訳ありませんが、状況をご理解いただき、
皆さまから暖かいご支援を賜りますことが 出来れば誠に幸いです。


何卒、よろしくお願いいたします m(__)m

■カンパのお振込先


西日本シティ銀行筑後支店276  
       
普通 0927397 近藤将勝  コンドウマサカツ     


郵便口座 17490-63834391

近藤将勝 コンドウマサカツ

スポンサーサイト


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 まさかと思いますが前原誠司という男を保守の政治家と思われていた方はいらっしゃないとおもいますがね。知らないだけか調べようともしない方が保守の政治家と認識されていたのではと思います。  前原氏に関しては朝鮮総連とただならぬ関係にあることを拙者は知...
2011/03/08(火) 22:54:49 | 正義の鐘を打ちて鳴らさむ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫