<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 保守系議員を自称するならば価値観を守る闘いをというのが国を憂う国民の思い
2011年04月20日 (水) | 編集 |
私がお世話になっている前議員の方がいる。

その方と一昨日、3期目の挑戦をされる以前お世話になった福岡県南部の、とある候補者の事務所を訪ねました。その道すがら車の中でお話しをしていてこんな話を聴きました。

この話はある筑紫野市議のことです。ご推察ください。

前議員の方と同僚議員だったある若手の方、今度も出馬されている。前議員の方は「応援したい」と思いご自分の支援者などの名簿を持って尋ねて行かれたそうだ。すると、「受け取れない」という。

理由はこうだ。

「受け取れば、応援しないといけなくなるから」

早い話、応援できない。それをやればレールに乗ってエスカレーターでいけなくなるということでしょうか?
議員世界での出世の道が閉ざされるからだろう。

僕はそれを聴いて非常に悲しかった。じつはその若手の方もこのブログの読者の一人だったからだ。陳情でお会いしてお願いしたこともある。そのときは好意的な感じだったが。

政治の世界だから立場があるのはわかる。でも、そのために節を曲げるのならばそれは政治家ではないのではないだろうか。

現実、読者の皆様の中には、行政のかなり上の方もいらっしゃるし、国会議員の秘書の方や地方議員の先生方もいらっしゃいます。陳情などでお会いして貴方のブログ読んでますよと声をかけていただくことや、筑紫野市の糾弾交渉のときのように、内部告発のメールを頂戴すると身が引き締まる思いになります。もちろん、執拗に嫌がらせをする対立勢力もいる。

真相を知られたくない勢力にとって都合が悪い。かつては差別だといえば言論封殺ができた。でもいまはインターネットであっという間に情報が広がる。タブーの壁を越えてしまう。もちろん正確な情報ばかりでないことも事実だが。

みんなおかしいと思っていても声に出せない。とくに同和がらみの問題はタブー視され、共産党しかいえない状況が長く続いた。宮沢元首相が大蔵大臣の時に国会で証言されたとおりです。福岡県においてそれを打破したのは久留米市の議員さんたちだが、その動きも自民党内からの圧力でつぶされてしまった。

ある議員は当時、「頭がおかしいんじゃないか」とまでいわれたという。同和問題を追及するのは得にならないのにおまえはバカかという意味らしい。

久留米はたびたびこのブログで取り上げてきた自治体の一つで、福岡県内の中でも日教組と部落解放同盟が強い。例の高校教師によるはがき事件は真相は闇の中へ・・・

そこで少数だけれども民間有志という形で私達で旗揚げして、いろいろな方との協力関係の元、正常化に努力してきました。その動きは福岡県下の心ある方々に希望を与えたと自負しております。

保守勢力から立ち上がれば、お得意の反共プロパガンダは意味をなさない。我々こそが反共、反共産主義だから。本家争いの「反共産党」ではなく、思想的対立軸として行うことになる。

でも、すべてはカバーしきれていない。歯がゆいところですが、徐々に進めていくしかないのが現実です。

前議員の方には現職の時に、この問題の是正でずいぶんご尽力いただきました。議員生命をかけて戦ってこられた。民主党にいたときから批判していたから、うとまれ、国政への転身ができなかったという。

一方で、おかしいと思いながらも、戦う勇気がない方もいらっしゃる。立ち上がれない議員のほうが圧倒的に多い。理由は圧力が怖い。選挙で不利になる。同僚議員から足を引っ張られる。いろいろ理由はあろう。もちろん戦えと強制できないけれども、誠に残念というほかない。

今回の統一地方選挙で我々と世界観、国家観が異なる方々も多く出ている。彼らも必死だ。まさに戦いです。

仮にも保守を自称するならば、価値観を守る覚悟をもっていただきたいというのが、我が国の状況を憂う国民、住民の思いではないだろうか。

今回の統一地方選挙は後半戦もいよいよ中盤に差し掛かったが、身近な市町村だからこそ重要です。選挙は身も蓋もない表現を使えば、特別公務員への就職活動です。

しかし、民主主義の欠陥はありますが、議会制民主主義を採用している以上、価値観を同じくする議員を議会に送り込むほかない。私達の代表を送り込まないとなんら政治的に影響を与えられず、行政から足で踏まれ蹴られるだけです。

応援している方々には是が非でも勝ちあがっていただきたいと心より願っております。
スポンサーサイト


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫