<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 今朝の産経新聞、金曜討論での大阪府国旗国歌条例の議論は注目
2011年07月01日 (金) | 編集 |
今朝の産経新聞の大阪府国歌斉唱条例の議論は注目ですね。

宇都宮氏は国旗国歌に反対ではないといいながら、その主張は明らかに反対派の論理です。

大阪では教職員の抵抗が激しい。職務命令に従わない府教委も大甘だから知事が業を煮やしたわけで。

日弁連には賛成派の弁護士もいるだろうが、思想良心の自由というならそこは、どうなのだろう…

★お知らせ

7月17日、福岡市で人権侵害救済法案反対の屋外集会・デモ行進が開催されます。
私も協力しております。
 皆様、万障繰り合わせの上ご参加ください。

民主党政権は、一昨年の政権交代以降、外国人地方参政権付与法案、夫婦別姓(親子別姓)法案提出など日本の文化共同体を崩壊させようと目論んできました。
 その極みたる言論弾圧を企図するものが「人権侵害救済法案」です。
 この法案の名前につけられた「人権救済」とは名ばかりです。
 特定勢力の利権擁護、及び、それに反対する市民運動への弾圧を惹起する法案です。
 あたかも、北朝鮮や中華人民共和国のような言論統制国家への体制転換を企む法案であり、「民主主義」の崩壊が懸念されます。
 自民党政権下でもこのような法案は俎上にあがり、その法案の本質が国民の前に明らかになるにつれ、廃案にされた経緯があります。
 私たちの「言論の自由」を奪い、「民主主義」をも破壊させる危険な法案は、断固阻止しなければなりません。
 いまこそ私たち国民一人ひとりが声をあげなければなりません。

言論弾圧法案「人権侵害救済法案」に断固反対!!
  集会および国民大行進in九州

主  催  人権侵害救済法に反対する市民協議会

日  時  平成23年7月17日(日)
       集    会  14時00分から
       国民大行進 15時30分から

場  所  福岡市中央区天神(警固公園)

そ の 他 ・国旗以外の持込はご遠慮ください。 
      ・本国民大行進の趣旨に外れるようなプラカードの持参はご遠慮ください。
      ・シュプレヒコールの文言につきましては、主催者で準備します。
      ・準備等お手伝いいただける方は、下記連絡先又は九州防人の会までご連絡ください。

連 絡 先  大島一政
      携帯 :080-5243-6495(平日は18時以降)  
      e-mail : kazumasa0229@gmail.com

この内容にご賛同の方はクリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

保守派「sns-freejapan」と連携しています。
SNS-FreeJapan




◎産経新聞・【金曜討論】国旗国歌条例 百地章氏、宇都宮健児氏


大阪府の施設での国旗常時掲揚と、府内公立学校の教職員に国歌斉唱時の起立を義務付ける全国初の条例案が6月3日、地域政党「大阪維新の会」(代表・橋下徹知事)が過半数を占めている府議会で可決・成立した。条例は府内市町村立学校の教職員も対象で、国旗国歌法や教育基本法、学習指導要領の趣旨を踏まえたものとされている。この条例制定の是非について、日本弁護士連合会の宇都宮健児会長と、憲法学が専門の百地章日本大学教授に見解を聞いた。(溝上健良)
                  ◇

 ≪百地章氏≫

 ■きわめて常識的な内容だ

 --大阪府で条例が制定されたことをどうとらえるか

 「条例自体は内容を見てもきわめて常識的なものだと思う。法的根拠にしても『伝統と文化を尊重し、それらをはぐくんできたわが国と郷土を愛する態度を養う』という教育基本法や国旗国歌法、学習指導要領の趣旨を踏まえている。ただ府教委の通達などがすでにあり、条例は『屋上屋を架すもの』かもしれない。橋下徹知事のパフォーマンスとの声もあり、条例不要説も理解はできる」

 ○斉唱の義務は明らか

 --罰則条例を9月に制定しようという動きについては

 「教師はどんな思想を持っていようが、国歌斉唱の義務があることは先の法律などから明白だ。思想・良心の自由とは別問題で、組織の秩序の問題。そこで一定のルールを定めて処分するということは、当然のことではないか」

 --橋下知事は「国旗国歌を否定するなら公務員を辞めればいい」と発言している

 「ちょっと乱暴な気もするが、世間の常識とはそういうものだと思う。思想・良心の自由や職業選択の自由もあり、私はそこまでは言わないが。他の例でいえば、法律も国民の思想信条に合致するものばかりではないだろう。ある人が『税金なんて必要ない』という信念を持つことは構わなくても、納税の義務は拒否できないように、法治国家では思想とは別に行為としては法に従わざるを得ない」

 --この条例に反対する人は起立自体が思想・良心の自由侵害だと主張するが

 「その主張は当たらない。『考えを変えろ』とまで言ったら思想・良心の自由侵害に当たるが、行動のみを求めているのであって、それまで否定したら法治国家は成り立たないし教育も成立しない」

 --国旗・国歌は外国では普通に教えられている現実がある

 「国旗・国歌の尊重は教育上、社会常識として教えねばならないこと。逆にこれを知らずに育った子供は国際社会でも恥ずかしい行動をとってひんしゅくを買うなど、不幸なことになりかねない」

 ○自信を持って指導を

 --国歌斉唱指導を合憲とした最近の一連の最高裁判決についての評価は

 「きわめて妥当な判決。どう考えても違憲とはいえないだろう。客観的に見れば、国旗国歌にかたくなに反対する教師たちは、子供たちに国旗を批判し国歌を冒涜(ぼうとく)するような教育を一方的に行っており、これこそ子供たちの思想・良心の自由の侵害といえる。一連の判決で最高裁の立場は確立したわけで、政治闘争を展開している教師による現場の混乱を収束させるために、教育委員会も校長も自信を持って指導してほしい」

                  ◇

 ≪宇都宮健児氏≫

 ■思想・良心の自由侵害に

 --大阪府で条例が制定されたことをどう思うか

 「日弁連の考え方としては、思想・良心の自由を侵害することになり、憲法違反であって、そうした条例の制定には反対だ」

 --橋下徹知事は9月の議会で罰則条例を制定する構えだ

 「罰則で強制することには反対だし、そのこと自体が憲法違反の可能性がある」

 ●強制できるものでない

 --大阪市でも同様の条例案を提出する動きがある

 「府の条例と同じ見解だ。他の自治体にも条例制定の動きが広がっていくようであれば、この問題を考えるシンポジウムを開くなど一定の働きかけが必要になってくるかもしれない」

 --橋下知事は「国旗・国歌を否定するなら公務員を辞めればいい」と発言しているが、公務員の義務についてどう考えるか

 「公務員は憲法第99条で憲法を尊重し擁護する義務があり、第15条では全体の奉仕者であるという規定もある。また国家公務員法・地方公務員法で決められた義務については守らねばならない。しかし国旗国歌について起立・斉唱する義務があるかというと、そこまでを全員に強制できるものではないと日弁連としては考えている」

 --国旗国歌法で日の丸・君が代が国旗・国歌となっているが

 「起立や斉唱を義務づけしているものではない。法制定のとき、政府も尊重することを義務づけるものではないと答弁している。国歌での起立・斉唱は地方公務員の義務には当たらないと思う」

 --国旗の常時掲揚については

 「掲揚自体は日弁連として異を唱えるものではないが、仮に一礼を義務づけるなど行為を伴うことになれば、それは問題だ」

 --日の丸・君が代が国旗・国歌であることが問題か

 「戦前と同じ国旗国歌だから、軍国主義とか天皇制絶対主義といった社会のあり方と強く結びついている、と考える人がいるし、そういう人が教師の中にも少なからずいたから問題になっていると思う。そういう考え方を持つ人に対して起立・斉唱を強制するということは、その人の思想・良心の自由を侵害することになるから憲法違反ということだ。日の丸・君が代が国旗・国歌であるということは法で認められており、それに反対しているわけではない」

 ●憲法に配慮した対応を

 --日弁連の会員でもある橋下知事へのメッセージがあれば

 「公務員には憲法擁護義務がある。その中でも重要なものが基本的人権の尊重で、思想・良心の自由はきちんと擁護されるべきだ。彼は弁護士であるとともに行政の長でもあるが、そこに配慮した対応をしてもらえればと思う」

                  ◇

【同和と在日7月号に寄稿しました】

電子書籍「同和と在日」2011年7月号が発売開始しました。

同和と在日7月号


立花町差別はがき自作自演事件について、取材に見えた三品純氏、鳥取ループ氏とお会いした話が書かれています。地元の解放同盟関係者の間で、なめ猫というのはでたらめなことを書いているといわれているというエピソードが紹介されています。

また、今回、現在、福岡県知事を相手取って起こしている朝鮮学校補助金返還訴訟の問題で、2回にわたる連載を寄稿しています。

福岡県がどうして朝鮮学校に「市民交流」の名目での、教職員組合との飲み食いと知りながらカネを出し続けたのか、その背景に迫っています。

電子書籍で、300円で安価です。ぜひ、ご購入、ご笑読ください。

お買い求めはこちらのアドレスから。

http://atamaga.jp/dz8
http://p.booklog.jp/book/28948

Android Market からもお買い求めになれます。

https://market.android.com/details?id=jp.atamaga.dz8

シリーズ「自演」では前回に続き差別自作自演事件の関係者を直撃する。
朝鮮学校への補助金支出問題で福岡県が提訴された。
原告の1人であるなめ猫こと近藤将勝氏から、その背景を特別寄稿。
とある部落が同和地区指定されなかった理由を住民に直撃取材。
ほか

●リベラルな電波グラビア館
・民主議員、日弁連もドン引きしたナゾの在日韓国人女性

●シリーズ「自演」 立花町連続差別ハガキ事件 第2回
・住民から総スカンを食らう
・八女の「なめ猫」
・熊本氏、週末社長について語る

●シリーズ なぜ二重詐取が行われたのか ~福岡の朝鮮学校と行政の不透明な癒着の謎を追う
・高校無償化により地方自治体による朝鮮学校への補助金問題がクローズアップされた
・福岡で明るみになった朝鮮学校による補助金の二重取り

●滋賀の“同和ではない部落”を歩く
・田んぼの中に浮かぶ島
・こんな大きな在所、隠せるわけないやんか
・自主独立という「解放運動」

●声に出して読みたい「同和と在日」文献の旅
・第3回「「同和」問題啓発漫画「2020」」

●滋賀県同和行政バトル日記⑧
・第4回口頭弁論 地域総合センターって何?
・大阪の「土地差別調査禁止」条例が今年10月から施行開始
・東近江市で地域総合センター廃止の動き


【人権侵害救済法案反対、教育正常化運動ご支援のお願い】

5月12日に法務省を訪れ、人権擁護局調査救済課を通じて江田法務大臣に対して人権侵害救済法案反対の要請書を提出してきました(議員会館の江田法務大臣の事務室にも提出)。

対応した法務省職員は調査救済課の井川法務専門官と昨年も対応された那須井課長補佐です。

事前の調整で省内の撮影は禁じられたので、警視庁側の「赤レンガ」から撮影しました。

法務省前 平成23年5月11日その1

法務省前 平成23年5月11日その2

法務省側はちょうど要請行動の日の読売新聞1面に「人権救済法案提出へ」の見出しで報じられたことについて、知らなかったとかいっていましたが、そんなはずはないのです。

読売新聞1面 平成23年5月12日

それは民主党内の反対派の急先鋒、長尾敬議員が仰っていました。長尾議員と面会し、30分間いろいろお話しをお伺いしましたが、法務省がやりたがっている案件だと断言されていました。


国会議員陳情先は以下の通りです。

第一議員会館陳情先
自民党 安倍晋三・高市早苗・平沢勝栄・麻生太郎
民主党 管直人・古賀一成・岡田克也・仙石由人・小沢一郎・鳩山由紀夫(全員推進)
立ち上がれ日本 平沼赳夫

第二議員会館陳情先
自民党 古賀誠・大島理森・稲田朋美・石破茂
民主党 鷲尾英一郎(反対派)・長尾敬(反対派)・松本龍(推進派)・野田国義(慎重派)・川端達夫(推進派・法案PT座長)

参議院会館陳情先
自民党 山谷えり子・西田昌司・中曽根弘文・森まさこ・丸川珠代
民主党 水戸将史・神本美恵子(推進派)・岡崎トミ子(推進派)・江崎孝(推進派)
社民党 福島瑞穂

法務省や与野党内の推進派は、一貫して人権侵害救済法案を推進したがっています。自民党内の反対などで彼らの計画が途中で頓挫したから、再攻勢に打って出てきたのだと思います。今国会会期中(6月22日迄)に纏められる法案骨子がどういうものになるかで…

旧社会党系の「平和フォーラム」(国労も含めた旧総評系労組と部落解放同盟が構成団体)の運動方針、この法案だけではなく、やばい内容だらけです。
http://www.peace-forum.com/kadai/2010.htm

民主党の正体は即ち、この方針に基づく政策の事です。この運動方針にある「取り組みの基本的スタンス」の項で注目なのが、「3.従来の抵抗・対決型から政策実現型へ運動の組み立て方を転換すること」です。まさに政権内部からの革命を目指しています。


地元福岡県において、外国人参政権、夫婦別姓、人権侵害救済法案阻止の運動、日教組系組織の影響の強い義務制、一部高校教育の正常化、子供の権利条例などを利用しての一部運動体の行政介入を是正させる取り組みを継続しています。朝鮮学校補助金はその取り消しを求めて福岡地裁に提訴しました。

平成23年6月4日(土)に西鉄福岡駅前で人権侵害救済法案に反対する街頭活動を行いました。土曜日ということもあり西鉄福岡駅前は人通りも多く、我々が配布しているチラシを受け取ってくれる方も多くおられました。

参加者は9名で、おなじみの顔ぶれに加え、このブログを読まれて、新しい方が参加されました。

演説で、菅直人政権の無能ぶりと、極左体質を批判し、不信任決議案の茶番劇を演出した民主党を厳しく糾弾しました。

不信任決議案の否決の直後でしたから、通行人の反応もよかったです。

トノゴジラさん

俺

ギャル

人権侵害救済法案は、特定勢力の糾弾を合法化し、日本解体を進めるものです。絶対に阻止していかなければなりません。個人通報制度も民主党内で賛成派が強いようです。

大変申し訳ありませんが、状況をご理解いただき、 皆さまから暖かいご支援を賜りますことが、出来れば誠に幸いです。

何卒、よろしくお願いいたします m(__)m


■カンパのお振込先


郵便口座 17490-63834391

近藤将勝 コンドウマサカツ


西日本シティ銀行筑後支店276  
       
普通 0927397 近藤将勝  コンドウマサカツ     
スポンサーサイト


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
なめ猫