<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 民主党代表に野田佳彦財務大臣が選出される
2011年08月29日 (月) | 編集 |
韓国民潭での挨拶などをもって、野田は売国とか騒がしいけれど、まず、組閣人事ですね。問題は。官房長官、防衛大臣、法務大臣、国家公安委員長など。

いろいろいうのは、そのあとでもいいと思う。どうあっても民主党には、問題があることは、間違いないのだから。

この内容にご賛同の方はクリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

保守派「sns-freejapan」と連携しています。
SNS-FreeJapan

それから野田氏の財源政策は財務省路線といってよいものの、全体で見てみると注目したい面も多々あることもまた事実。

たとえば、以下は、野田氏が平成17年、小泉内閣に提出した質問趣意書の最も重要な部分。

「『A級戦犯』と呼ばれた人たちは戦争犯罪人ではない。 戦争犯罪人が合祀されていることを理由に内閣総理大臣の靖国神社参拝に反対する論理は破綻している」

では、問題なのは、再来月の秋季例大祭に果たして靖国神社を参拝するだろうか。

首相になったら変節したならば、そのとき批判すればよい話で、見極めが必要です。
ただ松下政経塾ラインというのは、怪しい一面があり、あくまで管直人や前原よりいくらかマシということだと思います。

野田氏の保守的な主張は以下のとおりです。

野田 佳彦(のだ よしひこ)
1957年5月20日生まれ、54歳
衆議院議員(5期)、財務大臣(第14代)、花斉会(野田グループ)会長。
千葉県議会議員、民主党国会対策委員長(第7・10代)などを歴任。
現在、民主党代表(第9代)。日本の次期首相。
千葉県立船橋高等学校、早稲田大学政治経済学部政治学科を卒業。松下政経塾卒業。

Ⅰ保守的な思想、政策について
①領土問題について
領土問題については日本の国益を守る立場

 沖ノ鳥島が領土であることを批判した唐家璇中国国務委員(副首相級)に対し、「南沙諸島を実効支配している貴国にとやかく言われる筋合いはない」と述べたことがある。更に、尖閣諸島に中国人活動家が上陸した折、日本の領土であることを確認する国会決議を提案したことがある。

②靖国について
自身も参拝し、靖国反対派に対し意見をする程の靖国参拝肯定派

小泉純一郎内閣総理大臣の靖国神社参拝が論争となっていた当時、民主党内ではA級戦犯合祀を理由に参拝を批判する見解が多かったが、2005年10月17日提出の質問主意書で「A級戦犯と呼ばれた人たちは戦争犯罪人ではない。戦争犯罪人が合祀されていることを理由に首相の靖国神社参拝に反対する論理は破綻しているが、小泉総理の見解ではその論理を反駁できない」、「参拝の是非は国際政治的な利害を踏まえてなされるべきもので、誤ったA級戦犯理解に基づく是非論はA級戦犯とされた人々の人権侵害であり、人権と国家の名誉に関わる問題である」と言及した。

③歴史認識について
日本の戦争を侵略戦争ではなく、アジア開放のための戦争とするなど、国益に沿った歴史観を持っている

「東京裁判を受諾したという政府や外交当局の見解によれば、裁判における南京大虐殺20数万や日本のソ連侵略といった虚構も含め、日本が満州事変以降一貫して侵略戦争を行って来たという解釈を受け入れることになってしまう」と、いわば保守派の立場から、政府の戦後史観の対応の甘さを批判した。

④国民の安全について
集団的自衛権の行使を巡る憲法解釈の見直しを行い、情報力強化・戦略強化のために機密と情報開示・説明責任原則を明確にする。国民の人権を守る安全基本法を制定する(スパイ防止、公務員による不祥事や失敗の責任追求法?)

⑤憲法改正について
改正までは言明せず、集団的自衛権の行使を巡る憲法解釈の見直しを行うと政策に明記。

⑥外国人参政権について
国政についても地方についても反対派

鳩山由紀夫内閣における永住外国人への地方選挙権付与(外国人参政権)については「今、法案を出して、党内をばらばらにする必要はない。政府提案であっても、議員提案であっても、出すべきではない」と述べ、慎重な姿勢を示し、自身の外国人参政権に対する姿勢については「明確に反対だ。外国人が、帰化の手続きを簡略にできるようにすればいい」と述べている。菅内閣で外国人参政権に明確に反対を表明している閣僚は野田と自見庄三郎、与謝野馨の3人だけである。

⑦人権擁護法案について
人権擁護法案から人権を守る会に所属。人権擁護法案反対派。

⑧外交について
アメリカとの関係を重視し、中国とも対等な外交関係を目指す。米国との質的関係強化、外務省解体的出直し・ODA・海外拠出金の抜本見直しなど。

外務省の解体的出直しをはかり、外交報償費については大幅見直し
⇒民間専門家や外国人有識者も含めた外交評価委員会の設置(外務省プログラムでは、外務省内のみの評価体制であり、これでは無意味)
⇒主要大使人事の政治任用化と国会承認(サラリーマン大使の排除、大使チェック機能の強化)
⇒外交国家戦略会議の設置(内閣府におき総理直属、外務省と競わせる) 
ODA・海外拠出金は、人権・環境・軍縮の観点から抜本見直しを行う
⇒外務省独占でない、国民多数が楽しめる参加型ODA(自治体やNG0の多数参加)
外交関連予算について国会と会計検査院の監査体制の徹底を行う
スポンサーサイト


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
JUGEMテーマ:気になったニュース 人のこと言えた柄ではないのですが、やはり人相というのは無視できません。一国の首相ですし。まあ顔つきのことは冗談ですが、売国民主党の新代表となった野田佳彦は、自民党側は与し易しと(ぶ男でカリスマ性がないので?)と
2011/08/29(月) 21:45:31 | 熱湯浴の右回りは続く
JUGEMテーマ:気になったニュース 人のこと言えた柄ではないのですが、やはり人相というのは無視できません。一国の首相ですし。まあ顔つきのことは冗談ですが、売国民主党の新代表となった野田佳彦は、自民党側は与し易しと(ぶ男でカリスマ性がないので?)と
2011/08/29(月) 21:46:08 | 熱湯浴の右回りは続く
JUGEMテーマ:気になったニュース 人のこと言えた柄ではないのですが、やはり人相というのは無視できません。一国の首相ですし。まあ顔つきのことは冗談ですが、売国民主党の新代表となった野田佳彦は、自民党側は与し易しと(ぶ男でカリスマ性がないので?)と
2011/08/29(月) 21:47:08 | 熱湯浴の右回りは続く
なめ猫