<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 備忘録として
2011年11月25日 (金) | 編集 |
今日、就活の合間で、大変お世話になっている前筑紫野市議会議員の浜武振一先生とお会いしました。

八女市の産業廃棄物処理工場の問題で、住民の方とお会いされるということで、わざわざお時間を作ってくださり、会っていただきました。

この内容にご賛同の方はクリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

保守派「sns-freejapan」と連携しています。
SNS-FreeJapan

お話を、筑後市内の和食のお店でご馳走になりながら、お話ししましたが
その中で今までにないほどの厳しいお話をいただきました。先生に厳しいご指摘をいただいたのは、衝撃でもあり、一番グサりときました。

具体的内容は語らずに、いわれたお話は痛切で、人間としての在り様を問われたお話でした。

こらえきらず涙が出てきて、もう、どうしようかと思いました。

人間的な面について痛烈に仰ったことを受け自分自身の誤りを感じずにはおれませんでした。

どうしたらいいか、そのことばかりが頭をめぐっていました。

この数年、浜武先生には、政治のことばかりでなくいろいろな面で、人生の先輩としてご指導いただいてきたにもかかわらず、自分自身の至らなさを感じ御縁も切られてしまうのではないかと思いました。

最後に
「最近、政治家すら、損得勘定で人を選び、人を切る。僕はその程度の人間になりたくない。だから、ここにいる。分かるかな、近藤君」
と仰られました。

浜武先生に方々から私の事で、ご迷惑がかかっていた事がずしりと分かりました。今のままでは、私は社会人として御縁あって就職しても、とても通用しないことを思い知らされました。
この11年の活動を通じて、それまで、お会いすることは絶対なかった数知れない御縁ができました。
お世話になってきた皆様に対しても申し訳ありません。

厳しい道程になるかと思いますが、悔んでも、沈んでいても始まりません。
精進してまいりたいと思います。

浜武先生、お話しありがとうございました。
スポンサーサイト


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫