<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 例外を普遍化して家族解体に向かう民法改正に反対の声を 
2013年09月06日 (金) | 編集 |
今回の最高裁判断は、大きな問題を生むことは間違いありません。

婚外子、憲法14条違憲判断と、それに積極的な様子で、谷垣法務大臣と菅官房長官が「対応する」と述べましたが、今後、日本の家族の在り方を大きく揺るがすものと思います。

社民党などは、大喜びしていることでしょう。

この内容にご賛同の方はクリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

嫡出子・非嫡出子の相続を同等にする「民法改正」は、夫婦別姓につながります。
「子どもに罪はない」という表現では、法律婚の価値が、大幅に低下すると思います。

そのことが何を意味するのか。もうわかると思います。

すでに、実質上、個人単位になりつつあるなかで、さらに拍車をかけます。経済政策は、アメリカ型の格差社会を生み出す方向へと向かっています。法的そして経済面から家族は二重の危機を受けています。

以下は、家族の絆を守る会の岡本明子代表から。

●非嫡出子相続に関する「民法改正」について、絶対に反対しなければ、夫婦別姓法案まで持ち出されてきて、日本における家族の価値は低下し、法律婚は意味がなくなり、国家社会は土台から崩壊してしまいます。
日本にとっては、日本の形を崩壊させる大変な危機だと受け止めております。

そこで、下記に、「民法改正」反対の意見を送るべき連絡先、過去の経緯から私が反対して下さりそうだと思う議員の先生方の連絡先を一覧にしました。(他に反対して下さりそうな議員さんがおられたら、お教え下さい)

出来るだけ、意見が残る形が望ましいので、FAXでお送りするのが一番良いと思います。(部会等で、こんなに反対が来ている、と示しやすいからです)

また、参考になるブログやご意見などを一番下にリンク、コピーしております。
これらをご参考に、是非、反対の意見をお送りくださいますよう、伏して、お願い申し上げます。

首相官邸意見フォーム https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

谷垣法相への連絡先 
意見フォーム http://tanigaki-s.net/inq.php
ファクス 03-3597-2707
電話  03-3508-7012

石破幹事長
ファクス 03-3502-5174
電話 03-3508-7525

菅官房長官
意見フォーム http://www.sugayoshihide.gr.jp/mail.html
ファクス 03-3597-0895
電話  03-3508-7446

高市早苗政調会長
電話 03-3508-7199
ファクス 03-3508-7198

野田聖子総務会長
電話 03-3508-7161
ファクス 03-3591-2143

自民党
意見フォーム https://ssl.jimin.jp/m/contact
電話 03-3581-6211 (代) 
ファックス 03-5511-8855

●自民党内で反対して下さりそうな議員さん達(あいうえお順)
赤池誠章議員
電話 03-6550-0524
ファックス 03-6551-0524

麻生太郎副総理大臣
電話 03-3581-5111

有村治子議員
電話 03-6550-1015
ファックス 03-6551-1015
電子メール:haruko@arimura.tv

磯崎陽輔議員
メール isozaki-y@dune.ocn.ne.jp
電話 03(6550)1004
ファクス 097(536)1222

稲田朋美内閣特命担当大臣
電話 03-3508-7035
ファックス 03-3508-3835

伊吹文明議員
電話 03-3508-7615
ファクス 03-3502-5382

宇野隆史議員
電話:03-6550-0516
ファクス:03-6551-0516
メール supporters@utotakashi.jp

衛藤せいいち議員
電話 03-6550-1216
ファックス 03-6551-1216

城内実議員
電話, 03-3508-7441
FAX, 03-3508-3921

鴻池 祥肇議員
電話, 03-6550-1001
FAX, 03-3502-7009

佐藤正久議員
意見フォーム https://hige-sato.jp/contact/mail_form.html
TEL.03-6550-0705
FAX.03-6551-0705

山東 昭子議員
電話, 03-6550-0310,
FAX, 03-6551-0310

下村 博文文部科学大臣
電話:03-3508-7084
FAX:03-3597-2772

新藤 義孝総務大臣
電話, 03-3508-7313
FAX, 03-3508-3313

中川 郁子議員
意見フォーム http://nakagawa-yuko.jp/office/

中曽根 弘文議員
電話:03-3581-3111
FAX:03-3592-2424

西川京子議員
電話 03-3508-7115
ファックス 03-3508-3050

西田昇司議員
電話 03-6550-1110
ファックス 03-3502-8897

西村 康稔議員
電話03-3508-7101
FAX 03-3508-3401
メール office@yasutoshi.jp.

萩生田 光一議員
メール hagiuda@ko-1.jp
電話 03-3508-7633

橋本 聖子議員
電話, 03-6550-0803
FAX, 03-6551-0803

平沢 勝栄議員
電話, 03-3508-7257
FAX, 03-3508-3527

古川 禎久議員
電話, 03-3508-7612
FAX, 03-3506-2503

古屋 圭司国家公安委員会委員長
電話, 03-3508-7440
FAX, 03-3592-9040

牧原 秀樹議員
TEL 03-3508-7254 
FAX 03-3508-3524

丸川 珠代議員
電話:03-6550-0902
FAX :03-6551-0902

山谷えり子議員
TEL:03-6550-1107
FAX:03-6551-1107

義家 弘介議員
TEL 03-3508-7241
FAX 03-3508-3511

北村経夫議員 
info@tsuneo-kitamura.jp
TEL. 03-5212-1740

木原稔衆議院議員
意見フォーム http://kiharaminoru.jp/modules/liaise/index.php?form_id=2

◇長谷川三千子・埼玉大学名誉教授(哲学)の話「今回の問題は、ただ機械的に憲法14条1項をあてはめて、この相続規定は生まれによる差別を含んでいるから違憲、と片づけて済むものではない。法廷意見に述べられている通り、『相続制度はそれぞれの国の伝統、社会事情、国民感情なども考慮されなければならず、婚姻ないし親子関係に対する規律、国民の意識等を離れて』定めることはできない。

わが国では今も『法律婚を尊重する意識は幅広く浸透している』と法廷意見は認めている。それなのに、なぜ違憲判断となるのか。法廷意見には国連の委員会がわが国の戸籍と相続の規定に対し、いわゆる絶対的平等主義の立場から執拗(しつよう)な法改正勧告を繰り返してきたことも記されている。今回の違憲判断はまさに『法の賢慮』が平等原理主義に敗れ去ったと言うべきではないか」

元衆院議員 川条しかさんのブログ
http://blog.goo.ne.jp/kawajo1

函館市の子どもの権利条例を考えるブログ
http://kodomo-hakodate.at.webry.info/

********引用ここまで******

<取材・調査・陳情など活動のご支援を>

当ブログは、調査・研究活動に力を入れております。取材、情報公開請求などを通じて教育行政の正常化・同和利権、朝鮮学校補助金の是正。

最近も国会陳情を行うなど、人権侵害救済法案、夫婦別姓・外国人参政権など国会解体法案、統一教会問題、新自由主義による国民経済の破壊に対する問題提起などに取り組んでいます。保守層として、安倍政権の進める構造改革、TPP交渉参加=加盟を批判しています。私たちはTPPに断固反対です。

http://www.youtube.com/watch?v=ak69XK6v3hA



活動・調査取材の交通費等のご支援をいただければ、幸いです。

西日本シティ銀行筑後支店276  

普通 0927397 コンドウマサカツ
    
スポンサーサイト


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130904-00000065-mai-soci <婚外子>民法の相続差別は「違憲」…最高裁大法廷 毎日新聞 9月4日(水)15時8分配...
2013/09/06(金) 21:07:36 | 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫