<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 オリンピック熱狂のなかで進む日本の危機~東京一極集中批判を福岡出身の作家と語る
2013年09月09日 (月) | 編集 |
水を差すようなことを書きますが、保守と呼ばれる方々が、安倍総理の発言に感動した、とすっかり、日本の危機だと騒ぎまくった民法改正問題を忘れたかのようなフィーバーぶりです。

保守の人は、ころころ変わります苦笑

たしかに世の中、暗い話が多いので、オリンピックは経済効果も生み出すし、個人的気分としてなんか、すかーっとしたい気持ちはわかるんですけどね・・・

この内容にご賛同の方はクリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

私は、生まれ育ちも地方の人間で、刺激の多い東京に上京するのが好きではありますが、東京一極集中による地方切り捨ては、全く賛同しません。

先日、週刊現代で産休否定発言で、賛否を巻き起こした日本財団元会長で作家の曽野綾子氏は、日本郵便社外取締役ですが、我が国が誇る郵便局ネットワークを否定する発言を行っています。

議事録を見ると、「過疎地の甘え」などと突き放しています。

安倍総理の周辺の経済学者たちは、同じような、もっとひどい考えを持っています。

しょせん、東北地方や山陰地方など日本海沿岸、四国、九州とくに東側の大変厳しい状況は、理解しがたいと思います。

地方にも、地道に暮らしている人たちがいます。それらの地方で生産した農産物は、大消費地である東京に毎日運ばれています。地方抜きには東京はじめ都市での生活は成り立たないのです。

昨年2月、今年3月に2度、東北の被災地域に取材・出張で行きましたが、石巻市や東松島市、気仙沼、陸前高田などまだまだ復興とは言えない状況でした。福島もそうです。現地の状況をつぶさに見て回った経験からも、東京が潤うことに手放しの拍手喝采はできません。


写真は、大津波の被害を受けた宮城県名取市閖上地区。
CSC_0028_convert_20130909032435.jpg

オリンピックの話で、私が強烈な違和感を覚えたのは、安倍総理のプレゼンテーションで、「グローバル」という概念を強調した点にあります。気づいていない人が殆どですが、すでに例のTPPや消費増税でも国際社会への約束、グローバルの流れという理由で推し進められようとしています。穿った見方をすれば、日本は、市場の門戸を開きますよというメッセージを送ったとも見えるのです。

IOC委員は、少数のグローバルエリートです。オリンピック自体が、国際ビジネスの舞台装置でもあるわけです。
もちろん、国の威信をかけて戦う選手を悪く言うことではありませんが、冷静に見るべきでしょう。

国連の勧告を受けて民主党政権下では人権救済機関を作ろうとしました。今回の最高裁判決、そして民法改正を行えというのも、女性差別撤廃委員会の勧告から来るもので、言い換えるとグローバル化への対応です。

また、シリア問題をみたときに、西洋とアジアの接合点であるトルコ、イスタンブールで開催が決まっていたら、緊張高まるシリア情勢にも大きな影響を与えていたかもしれない。

世界構造をみたときに、イスラムの影響力は無視できないわけで、中国やロシアはイスラム民族を内部に抱えています。我が国にすれば両国へのゆさぶりもできるのでは? 彼らの日本に対する視線は、欧米に対するそれよりも好意的です。トルコの場合はそのイスラム諸国の中でも近代化・世俗化が進んでいます。

シリアにしてもかつてオスマントルコの統治下にありました。トルコも必ずしもイスラエルに追従するばかりではないといいます。世界秩序の安定を考えると、アラブ諸国を味方にしつつ、イスラエルにも敵対しない二正面外交は、日本だけができるものだと思います。

これから、オリンピック開催をする地域を、戦火で汚していいのかという議論は出ます。

しかし、戦争をどうしてもおこしたい勢力にはそれでは、非常に都合が悪い。

昨日夜、テレビ東京で放送された池上彰の番組は、唯一冷静な中東分析の番組でした。

かつての東京オリンピックは、敗戦の苦難を乗り越えて、戦後復興という本当の意味で日本民族共通の目標がありました。しかし、今や地方は、お荷物扱いです。

浦辺さんという方は、福岡県筑紫野市生まれ。福岡大学をご卒業後、上京。サラリーマン生活の一方で、作家をされている方。非常に博学の方です。

**

浦辺 登 近藤 様、今回のオリンピックは東北の復興をからめてのグランドデザインが発表されたならば、日本国内の意見が割れることはありませんでした。しかし、現状、発表されているのは東京のことばかり。東京は日本全国の犠牲の上で成り立つ都市です。

東京だけではなく、日本全体を見据える考えが必要です。また、この東日本大震災を後藤新平であれば、どのように対応するのだろうかと考えます。復興を促進するには、交通インフラの整備が欠かせません。特に、国防の観点からも鉄道のレール幅は重要です。花巻空港の拡張、秋田、山形空港とのアクセスなど。インフラ整備によって復興に加速度がつきますから。


近藤 将勝 浦辺様 そう、そう、そうですよ! 激しく同意します。東京は日本全国の犠牲に成り立つ都市です。

それはさておき、日本全体を見据えてどうするのかは全く聞こえてきません。オリンピックに反対はしないものの、違和感がありました。後藤新平や田中角栄なら全国を見据えて構想したでしょう。鉄道のレール幅は全国統一でもなくばらばらですし。交通インフラの未整備の場所は取り残されていきます。
スポンサーサイト


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 2020年五輪の開催都市が東京に決まり、喜ぶフェンシングの太田雄貴選手(右端)ら=9月7日午後、ブエノスアイレス h...
2013/09/11(水) 23:04:22 | 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 2020年五輪の開催都市が東京に決まり、喜ぶフェンシングの太田雄貴選手(右端)ら=9月7日午後、ブエノスアイレス h...
2013/09/11(水) 23:07:23 | 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫