<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 秘密保全法案をどう考えるか~今なお占領状態に置かれた日本
2013年09月19日 (木) | 編集 |
昨日の荻上さんのTBSラジオの番組聴いていましたが、磯崎議員のほか、反対派の弁護士、電話出演が一色正春さん、沖縄密約事件の西山さん。

荻上さんの番組は、リベラル系の人が多く出演されるので、自民党議員が出ることはめったにない。

パブリックコメントはすでに締め切っていて、内閣官房に意見してと言われても今更なあという人は多いのではないだろうか。

この内容にご賛同の方はクリックお願いします♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

私は基本的に秘密保全法案賛成ですが、懸念がないわけではない。

日弁連などの主張がまったく的外れな批判とも思えない。自民党自体が情報公開に不熱心なところがある。



前にも書いたように、情報公開法の改正も店晒しにされたまま。いまだに国は地方自治体ではほとんどで廃止された手数料をとっています。

要するに、お上の保有する資料なぞ、おまいら、国民は見る必要なしという姿勢。

民主党の取組でひとつ評価できるのは、閣僚の記者会見を記者クラブ未加盟の会社やフリーにも開いたこと。

たとえば日本新聞協会や各種記者クラブ未加盟の「世界日報」の記者が、閣僚の会見で、なかなか鋭い質問をすることもありましたが、それまでの自民党政権下ではなかった。

マスコミの側も問題があり、調査報道がほとんど機能していない。だから、発表されたことを報道して、あとはセンセーショナルな話題を追いかけるというパターンになっていて、新聞テレビがおもしろくないのもそれが原因のひとつでしょう。

私は、行政機関が出す情報を疑うことは必要だと考えています。

民主党政権だろうと自民党政権だろうと我が国は法治国家なので、政権の違いで法の適用が違ってはならないはずです。

アメリカのCIA元エージェントによるスノーデン事件や一色さんの行動は、この法に照らせば犯罪行為です。それはどうなのでしょう。あの行動は義挙で、この行動は機密漏えいの大犯罪という線引きは極めて難しい。

情報機関の人間であったスノーデン氏は、当該組織にとっては裏切り行為ですが、彼の行動で判明した全世界の情報取集、それも盗聴などが判明したことは間違いない事実です。欧州各国や南米などで批判が出る中、日本は奴隷のように批判が出ませんでした。

それが主権国家の在り方ですか?
今なお、日本が占領下におかれているということではないでしょうか。

唯一、我が国の主権を守る意志の強い、西部・中野氏らの表現者グループと月刊日本が保守民族派の立場で問題視しました。
いろいろ読んだ中では、藤井厳喜さんの見解が妥当でした。国際政治学者としての鋭敏なご意見でした。

sunoden.jpg

我が国は、水間正憲さんが桜でも仰っていましたが、米兵の占領下の性犯罪の資料もいまだ非公開状態です。沖縄での米兵の犯罪もそうです。
「同盟国」、鍵カッコつきの同盟国、宗主国の米国に不利な情報は、占領統治解除後も続いています。都合の悪い情報は出さない。

残念ながら、我が国は、米国依存が強いです。
この屈辱を深く胸に刻みつつそこをどう脱していくかが、占領下におしつけられた憲法を廃し、自主憲法制定していくことにつながると思います。
スポンサーサイト


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 韓国アニメ「宇宙黒騎士」(ガンダムではない) 「何でも反日」のくせマジンガーZ・ドラえもん・けいおんなど日本アニメをパクる恥知らず韓国 挙げ句「韓国発祥」 http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130918/waf13091807010000-n1.ht...
2013/09/19(木) 23:01:40 | 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫