<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 八女市で横田ご夫妻の講演が開催されます~大きな前進と受け止めたい
2013年12月07日 (土) | 編集 |
本日、八女市で福岡法務局や福岡県なども共催で「スマイルフェスタやめ2013」、拉致問題の集会があります。講師は横田ご夫妻です。

もしお近くの方で行かれる方はぜひご参加ください。

いろんな声があるようですが、従来、当地で人権講演会は、どちらかといえば、左翼的な人権集会ばかりだったのだから、まずは第一歩を踏み出したと考えるべきだろうし、行政や部落解放同盟とも丁寧に話をしていくチャンスととらえています。

topimg.jpg

八女市は、日教組が強い地域の一つであり、義務教育の教育正常化が遅れた地域です。

人権問題というと、過去の経緯からしても、拉致事件よりも同和問題や在日問題に偏りがちなことは事実です。

この内容にご賛同の方はクリックお願いします♪

政治 ブログランキングへ

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村

先日、数年ぶりに、正論で一緒にこの問題に取り組んできた三品純さんと筑紫野市役所や隣保館を訪問し、取材してきました。

私は、筑紫野市に対しても八女市に対しても、福岡ばかりでなく、荒川区役所や大阪や京都の解放同盟に対しても、直接出向いて意見してきました。また、それは正論などでも取り上げてきました。

摩擦もありましたが、行政も解放同盟も「あなたの指摘も一理ある」「見直すべきは見直します」と理解を示してきた。

まず、中立性の確保や密室協議の行政交渉をオープンにさせていくこと。

そのためには、理論的にも学び、地区の人たちの声も聞き、その思いも受け止め、運動体の成り立ちや同和対策審議会答申以来の歴史を知ることも必要になります。

「あんたたちはー 部落の中に何回はいってきたねー」。

女性部のおばちゃんが声をあげる。周りからも同調する声があがる。

3年前、当時の筑紫野市長は平原市長。保育所の改修工事をめぐる筑紫野市役所と部落解放同盟筑紫地区協議会の学習会での話です。団体交渉を勤務時間後にやるのは妥当なのか疑問を抱きつつも、地区の方たちの思いもある。ヤジが飛んだり、それはどうなのか・・・ さまざまな角度から、自分の目と耳で確かめ、感性を働かせてしっかり考えたいと思いました。

果たして保守の活動に関わる方々は、そういう地道な努力をなさっておられるだろうか。大半は、関わりたくないと敬遠したり、事実と違う噂話を思い込んだまま発言したりしていないだろうか。それを予断と偏見だと行政や運動体がいうのではないか。

保守は、中国・韓国、在日、左翼となると火がついたように煽り立てるけれども、エスカレートすると対話のチャンネルを切ってしまいます。

でも、相手も同じ日本人。政治的価値観は異なってもその立場、人格を尊重しつつ主張をしていくことではないでしょうか。

それに今は労働組合、日教組はともかく、自治労や企業内組合の必要性は認めています。

組合のある会社なら、私は率先して組合活動します。

最近、保守のほうが石頭で現実を見ていない。生活が優先。友愛と信義。自由にして民主主義。これが連合の理念。たしかにかつての総評・同盟の価値観の違いはありますが、連合の枠組みだけではなく、今や、思想信条・党派の違いを超えて、労働者である日本国民が団結して、政府や経団連と対峙する必要性がでています。

この内容にご賛同の方はクリックお願いします♪

政治 ブログランキングへ

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫