<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 靖国参拝に対する米国の懸念と腰の定まらないネット保守について
2013年12月27日 (金) | 編集 |
安倍総理の靖国参拝について、まず大きな前進であると思います。

他の保守の人たちのように、8月15日や例大祭に靖国参拝に行けなかったことにぐずぐずいうより、むしろ、民主党政権時も含めて一貫して、外圧を背景にした小泉政権時の流れ、解雇特区など急進的経済・労働改革を推し進めることのほうが、問題だとみてきたので、冷静な受け止めをしています。

靖国参拝で流されることなく、新自由主義の問題は引き続き問題提起していきます。

この内容にご賛同の方はクリックお願いします♪

政治 ブログランキングへ

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村

ところで、古屋大臣のフェイスブックのウオールでこういうのをみました。



本当にこの日を待ち望んでいました。参拝のニュースで涙が出ました。昨年の衆議院選挙で反日売国民主党から政権奪還で歓喜し、TPP参加で心配し、靖国参拝見送りや、消費増税で失望したりと上がったり下がったりしましたが、やはり安倍さんが総理でよかった。これからも、信じて支持しようと心から思えました。
2分前 · いいね! · 1


こういうのをみると、一喜一憂、ふらふらせんで、政治を冷静に見る人が少ない。
上がったり下がったりするのは、自分自身の中に芯がないから一つ一つの政策で不安になったり、喜んだり、右往左往するということです。

マスコミや野党、中韓、隣国の批判は、いつものことで、論評に値する中身ある批判はありません。

安倍総理の靖国参拝で、米国が嫌味を言っているようですが、それは10月のケリー国務長官とヘーゲル国防長官がそろって千鳥ヶ淵戦没者墓苑に献花したことに表れているように、東京裁判史観を見直すことを牽制しているのです。

しかし、当の米国にも真珠湾攻撃に至った経緯や対日政策をルーズベルト政権やアジア権益を確保したい軍産複合体の組織的謀略にあるとする人たちもいます。歴史認識を含め日本の立場をよく理解しています。共和党右派(ティーパーティーではない)と呼ばれる人たちですが、米国内に一定の支持層がいる。

ユダヤロビー・イスラエルの米国への浸透に警戒するのも彼らです。CIAにイスラエルの工作が入っていたことが明らかになり、内部で綱引きがあったとも言います。

シリア内戦で攻撃をしなかったのは、米国の威信低下と見る向きもありますが、脱イスラエル路線という面もあります。そもそも議会が、民主党・共和党の多数がシリア空爆に反対した。別にオバマの単独意思というわけでもない。米国の潮流の変化を 日本の保守の大半は捉えていません。

本来日本は、こういう人たちと連携を図らなければいけませんが、どうしても政府に近いリベラル派やキッシンジャーなどの共和党主流派に近づこうとします。

そしていざというとき、冷たくあしらわれ続けてきました。反抗すれば田中角栄のように陥れられる。

米国の主流は、共和党・民主党どちらもあくまで日本は従属国のままに置きたいという考えで今も動いています。米国とチャイナの合作で、対日牽制をしてきた。

安倍総理を含め、日本の保守政治家が頻繁に会うマイケル・グリーンとかいう人物は、エージェントです。

そういうなかで、靖国神社へ参拝し、日本の意思表示をしたという観点でみると、その効果は少なからずあったのではないかと思います。

政治はリアリズムだから、純粋さばかりではなく、思惑や打算が働いています。そこんとこを、感情に流されることなく怜悧に見極めるものをもってみていきたいです。
スポンサーサイト


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 靖国神社で参拝する安倍首相=26日午前、東京都千代田区の靖国神社 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131226/plc13122622320034-n1.htm 「総理大臣が参拝してくれましたよ」 遺影に報告する戦没者遺族たち 2013.12.26 22:27...
2013/12/27(金) 07:59:11 | 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫