<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 文部科学省はキャンパスをビジネス研究機関にするな~大学のグローバル化に潜む問題点
2014年05月22日 (木) | 編集 |
教育委員会制度改革の裏側で進む大学改革の問題について今回少し書いて見ます。

大学改革は、私立というよりも国立大学が主眼だと思われます。
国立大学をめぐる問題では、国立大学の独立行政法人化や裁量労働制の導入などに問題が少なからずあった。

この内容にご賛同の方はクリックお願いします♪

政治 ブログランキングへ

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村

私学と違い理事会がないので、意のままにならない教授会を弱めて学長に権限を集めてしまうということ。

安倍政権の戦後レジーム脱却が、単なる反左翼でしかないことは明らか。下村博文文科大臣の頭の中がわかります。

国立大学が研究と教育をしっかりしてきたから、わが国の発展が進んだ。目先の儲けだけで基礎研究や社会科学系が疎かにされるようだと、いい部分は喪われる。

大学から左翼運動を追放し、その結果、愛国的な学生が育ったのか?

面倒な「抵抗勢力」をおっぱらっただけ。

政治的無関心層の増大、個人主義の蔓延、いい例が大学でランチを一緒に食べる友達がいないから、一人用の席を設けるなどという。孤独にも強くないと本当はいけないし、人間関係作る力も必要。

大学の変質は、就活ビジネスの一翼を担っているところも大いに関係します。

企業にあっては、政治に関心を持つことが、経営者の脅威になる。馬鹿であってほしいのです。政治意識の目覚めは必ず労働問題に結びつく、経営権を侵害しない存在のほうがいい。そのほうが安心。

今推進される国立大学の改革は、企業論理による改革を進めるというものです。

藤井聡先生の指摘をご一読ください。

【藤井聡】日本に大きなダメージを与える「大学改革」

日本政府の方針に直接繋がる自民党の「日本経済再生本部」では、去年、中間報告をとりまとめましたが、その中には、大学改革について、次の様に明記されています。

「(大学は)グローバル人材の育成が社会的に要請されて久しいが、わが国の大学運営は、国内外の求める人材の育成や研究成果の活用に十分に対応できておらず、国際的な大学運営方法とも大きく異なったままである….(中略)….具体的には、理事会が任命する学長が教授会に遠慮せず、大胆な大学運営方針、教育方針、研究方針への転換を図る」

つまり、「今、大学には、グローバル人材が求められてるのに、全くその期待に応えていない。期待に応えられるように、グローバル基準に、『改革』すべきなのだ」ということが、明記されているわけです。

(なお、「グローバル人材」というものについては、九州大学の施先生が、論じておられる通りです。
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2014/05/16/se-38/)

そして、そんな「改革を断行」するために、教授会という学内の抵抗勢力を「遠慮せず」(本分のママ)押し切る必要があり、そのために、「学長」の権限を強化すべきだ、という次第です。

この昨年の中間取りまとめにあたっては、自民党の塩崎やすひさ氏が大いにご尽力されたようでありますが、塩崎氏は、この中間とりまとめを「これまでの延長線上ではない次元の違う政策を総動員」したものだと評しておられます。
https://y-shiozaki.or.jp/mathmedia/index.php?start=0&id=212

具体的には、「新陳代謝加速、オープンで雇用創出」「未来のヒト、ビジネスで付加価値創出」「女性が生き生きとして働ける国へ」などと言った、しばしば「新自由主義路線」「グローバル化路線」と言われる様な方針でとりまとめられたものとして、このとりまとめを紹介しています。

そして大学改革の方針も、文字通りその「新自由主義路線の一翼」を担っているわけです。そして、このとりまとめから一年が経過して、その路線の法改正が国会に提出された、という次第です。

それと同時に、日本経済再生本部では、この中間とりまとめをさらに発展させた「最終とりまとめ」がまさに「今週」、まとめられようとしています。その後、そのとりまとめは「産業競争力会議」に送られ、竹中平蔵先生達の議論を踏まえて、最終的に政府として正式に採択されていく見通しとなっています。

こうした流れは、「日本の国益」、すなわち、「国家の安泰と得民の安寧」を著しく傷つけ、日本の前途を暗澹とさせる危険性を秘めた、極めて恐ろしいものであると、一学者として客観的、かつ、学術的な視点から、強く危惧しています。

(以下、上記リンク先にて)

<お知らせ>

新しい国際情報誌「READ JAPAN」(晋遊舎)が5月19日から発刊されました。

read-japan.jpg

私も執筆メンバーの一人です。硬派な雑誌ですが、読みやすいつくりになっています。

P1001152.jpg

10408032_674181775978574_1833497229063582837_n.jpg


日韓関係の記事を中心に、全国47都道府県のサヨク汚染度ランキング、都知事選で惜敗された田母神俊雄元航空幕僚長のインタビューなど多彩な内容となっています。

面白いのは、47都道府県サヨク思想汚染度ランキング。三品純さん企画で、産経新聞の安岡一成記者、人権関係の情報公開では著名な鳥取ループ氏、それから、、沖縄対策本部の仲村覚さんがランキング選定。

ちなみにわが福岡県は、サヨク汚染度第9位。ご存知人権行政の影響です。不名誉な結果です。

一冊税込み756円。全国の書店にて発売中です。お近くに書店がない方は、アマゾンなどでも取り扱っています。

ぜひ、本誌をお買い上げいただければ幸いです。

この内容にご賛同の方はクリックお願いします♪

政治 ブログランキングへ

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


P1001141.jpg

P1001150.jpg

http://www.shinyusha.co.jp/~top/01magazin/read-japan.htm

【総力特集】
◆韓国を嫌うのが正しい50の理由

歴史
◆日韓間に横たわる真実を知るべき時が来た!

政治
◆国家ぐるみで日本を叩く輩との協調は本当に必要なのか?

国民性
◆歪んだプライドが日本へ向けられる

経済
◆やがて自国の首をしめる無責任事業の実態

在日特権
◆日本国内で"大迷惑"をまき散らすゆすり・たかりの代名詞

【スペシャルインタビュー】
◆田母神俊雄
田母神談話「日本主義復活の序幕」

◆COLUMN
井上太郎/日本スケート連盟の闇
編集部/ゴールデン街と外国人
西村幸祐/オバマ・アジアツアーから何が見えるか
テキサス親父/被害者ビジネス野郎に鉄槌を

ちょっとひと息
◆愛国用語・売国用語 クロスワード

20の質問で政治思想スタンスが丸裸!
◆あなたの政治脳タイプ診断所

染まるな危険!
◆日本列島サヨク思想 汚染度ランキング
~人権バカが郷土を滅ぼす~

"その後"の世界を大予測
◆日韓断交シミュレーション

【SCOOPS & REPORTS】
[SCOOP] 中国/民主化運動
腐敗に満ちた独裁政権の打倒なるか
◆民主派武力革命を告げる"檄文"公開

[SCOOP] 日本/裏事情
商店街と提携するアメ横ホームレス
◆1晩500円の警備ビジネス

[NEWS] 日本/就職活動
"エントリーシート地獄"で得するのは誰?
◆就活サイトが仕掛けるマッチポンプのカネ儲け

[REPORT]日本/シンポジウム
聴衆800人・論客20人・延べ3時間超
◆『「河野談話」の早期撤廃を求める国民大集会』開催さる!

[LECTURES]10分でわかる大人の常識「地政学」
「地理」「パワー」「戦略」から世界を読むと……
◆海洋勢力の最前線に位置する日本近海は大陸に狙われ続ける

マスコミが伝えない親日国の波乱
◆台湾でいま何が起こっているのか

日本文化研究所
◆日本アニメの世界人気 ホントの話

"憂国ブロガー"が大いに語る
◆嫌韓女子の憂鬱

権力者少女=「権娘」を集めて育成!
◆権これ
~権力者これくしょん~
スポンサーサイト


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ ASKA(本名:宮崎重明)と一緒に覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された愛人栩内香澄美は、創価学会信者のパソナ代表南部靖之の秘書だった。 http://shukan.bunshun.jp/articles/-/3981 ASKAと一緒に逮捕された女はパソナ代表・南部靖之氏の秘書だった! 2014.05.21 ...
2014/05/24(土) 13:26:58 | 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
なめ猫