<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 統一教会主催の「グローバル・ユース・フェスティバル2014」に、自民党および次世代の党の国会議員・地方議員らが来賓参加
2014年09月29日 (月) | 編集 |
先日、本会(教育正常化推進ネットワーク)の賛同者が、かなり昔に、統一教会(世界基督教統一神霊協会)の勧誘活動に引っかかり、ビデオセンターに連れて行かれた話を聞きました。

救世主がどうのとかいう宗教がかった変なビデオを、今で言うネットカフェの個室みたいなブースで見せられて、違和感を覚えてすぐ逃げ出したとのことでした。

参考


福岡市には、中央区の舞鶴・大名あたりにビデオセンターがあったようです。

まだ全国各地で偽装した勧誘活動が行われています。何か情報がございましたら、情報部(私が情報部長をしています)までご一報ください。

それから、また統一教会の集会に保守系議員が参加しています。しかも、私とは学生時代からの仲間まで来賓で紹介されたというのですから、大変ショックです。本人には事実関係を問う質問をしていますが回答がありません。

統一教会とつながる保守政治家が後を絶ちません。

9月23日に千葉市の幕張メッセで統一教会主催で開催された「グローバル・ユース・フェスティバル2014」に、自民党および次世代の党の国会議員、さらに自民党・無所属の地方議員らが来賓参加あるいはメッセージを寄せています。

統一教会の合同結婚式、霊感商法や悪質な偽装勧誘、北朝鮮への投資は有名で、政界への浸透は、米国政府および国際金融資本の対日工作であるという指摘もなされています。つまり自主独立を妨げる勢力なのです。

平成21年の霊感商法事件や、金丸信の失脚後に国際勝共連合本部が選挙法違反容疑で、家宅捜索を受けたこともあります。にもかかわらず保守系政治家は、批判を受けながら、いまだにつきあいをやめようとしません。

外国勢力の手先になって票やカネなどで篭絡されたのか反共主義への共鳴かはわかりませんが、統一教会などとつきあうのは不適当だということを本会としてここに声明するものです。

平成26年9月27日
教育正常化推進ネットワーク

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫