<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 統一教会イベント「グローバル・ユース・フェスティバル2014」に参加した議員に質問状を準備中
2014年09月30日 (火) | 編集 |
今回、統一教会の集会に参加および祝電などを送った議員宛に質問状を送る準備を進めています。

いったいどういうつもりなのかと疑う。

国会議員にしても地方議員にしても、国民・住民を代表する役割を担う公職であることに思いをめぐらせるとき、当該団体との関係は、あまりに不見識です。霊感商法で莫大な日本国民からお金を巻き上げ、日本人女性を韓国や南米に送り込んで、行方不明者も出している。

韓国発祥で、冷戦時代から反共運動を組織支援しつつ、80年代に入ると路線転換。北朝鮮やソ連などに経済進出を行い、各国の指導者に接近。とくに92年の訪朝で金日成と会談し、現在に至るまでホテル経営や自動車製造など経済活動を行っている。その裏で政治工作を繰り広げる活動を展開してきた経緯があり、公安当局の監視を受けている組織であることは知られています。

統一教会では慰安婦の霊などを持ち出し、贖罪意識を利用してマインドコントロールを行ってきた。最高裁判決にもあるように無償労務提供を行わせ、信者の再生産をもたらしてきた。

一部に創価学会や幸福の科学はなぜ問題にしないという声がありますが、創価学会は日本中心で世界的にはあまり影響がありません。日本国内的には公明党があり、国政にも地方にも影響を与えています。しかし、統一教会のような世界をまたにかけた政治工作などをやっている事実がない。せいぜい活動は日本国内や韓国くらいではないでしょうか。それに、政権与党の枠にはめ込まれていて、かつてのような露骨な動きは封じられています。

幸福の科学は政治家が一人もおらず、最近地方議員が誕生したという程度で、幸福実現党と言う政治活動もやっていますが、ほとんど相手されていません。幸福の科学が保守的路線をとるのは、生長の家の方針転換で政治運動から撤退したときに、幸福の科学へ流れた人たちがいることもあります。

それと比較して、統一教会は、現実の政治的影響力が侮れないものがあります。各国政府や軍、情報機関とつながり、とくにアメリカでの影響力は大きいです。世界本部は現在もニューヨークにあります。その資金が日本から流れていたことを考えると無視できない存在です。このくらいの現状認識ですらもっていない人が多い。統一もいかんが創価や幸福がと矮小化する方々は、少し勉強されてはいかがでしょう。

出席して来賓挨拶をしたり、メッセージを送るということは、その議員が団体の活動に賛同しているという認識を一般に与えることにつながります。その責任は免れようがない。

なお、その質問書は公開です。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/10/02(木) 10:20:29 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
なめ猫