<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 次世代の党の千葉6区の支部長である遠藤宣彦氏と懇談
2015年03月05日 (木) | 編集 |
2月23日に元自民党衆議院議員(福岡1区で松本龍氏に惜敗し、比例で復活)で、現在、次世代の党の千葉6区の支部長である遠藤宣彦氏と、渋谷で情報交換、一献やりました。

自民党の問題や規制緩和、教育、福岡市の可能性など多岐に渡り、終電間際に。改革と国民生活のバランス、なんでも改革では国民は疲弊するということを仰ってました。私たちも新自由主義、構造改革の急進的な路線は賛同できないので、次世代の党の掲げる、改革路線について党員でありながら、もろ手を挙げての賛成ではない遠藤先生のお考えを直接伺えて納得しました。

10845780_822333204496763_475512938707225941_o_convert_20150305152935.jpg

福岡県の自民党の体質のことは、タブーな話題が多く、ここには書けませんが、舌鋒激しく語られました。やはり裏側を知る方に伺うのが一番かと。ひとつだけいえば、今も自民党と旧社会党(民主党)の馴れ合いの構図があります。そこが、福岡において日教組が温存されている理由です。


政治 ブログランキングへ

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村

翌日は厚労省や国会陳情でしたが、遠藤先生はお酒がお強い。
日本酒の連続はさすがにきつかったですが・・・

単なる愚痴やら批判ではなく、建設的な有意義な会でした。
東京において福岡・九州出身者で、穏健な保守の集まりを今後もいろんな立場の方をゲストに行おうかと考えています。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫