FC2ブログ
<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 国民投票法案成立の報道でも護憲左翼擁護の西日本新聞
2007年05月15日 (火) | 編集 |
 国民投票法案が成立しましたが、西日本新聞の今朝の記事を見て、報道を利用した左翼運動が展開されることを懸念しました。

 共産党系の9条の会関係者ばかりで、全然公正とはいえないものです。

 末尾に「改憲の声も載せましたよ」というアリバイ証明のように改憲賛成のコメントを載せています。

 今朝の読売新聞(福岡版)と比較しても偏りが明らかです。

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/fukuoka/news001.htm

「改憲へ一歩」「議論尽くさず暴挙」…国民投票法、成立
 憲法改正の手続きを定める国民投票法が成立した14日、県内の政党関係者などから「改憲に向けた一歩を踏み出せた」、「国民無視の強行採決」などと、賛否が渦巻いた。参院選への影響も見方が分かれた。

 自民党の江口吉男・県連幹事長は「日本らしい憲法のもとでやっていくべき。参院選では、安倍内閣の実行力が評価を受けるのでは」と強調。現憲法に新たな条項を追加する「加憲」を主張する公明党の森下博司・県本部幹事長は「平和憲法のもと、国民が納得する改正が大事。参院選で追い風にできる」と話した。

 一方、民主党の江藤博美・県連幹事長代理は「国民生活に直結した問題より、憲法論議を無理に前面に出し、参院選の争点にしようとしている」と、自民党の姿勢を批判。

 共産党県委員会は同日朝、福岡市の街頭で、反対をアピール。渡辺孝雄・県委員会書記長は「中身が不十分で強行に採決され、国民無視」。社民党の豊島正章・県連合幹事長は「議論を尽くさず、許し難い暴挙。改正の是非を争点に掲げ、参院選を戦う」と述べた。

 また、麻生知事は「手続きはできたが、どんな憲法にし、そのために、どんな理想を掲げて国づくりをしていくのかを十分検討することが大事」と語った。

 賛否それぞれの立場から活動してきた団体からも声が上がった。

 国柄に合った新憲法を求める「日本会議福岡」の小菅亥三郎副理事長は「家族のあり方など、戦後のひずみを考えれば憲法にたどり着く。国民自身の手で書き直さなければ」と強調した。

 反対する「九条の会・県連絡会」代表の石村善治福岡大名誉教授(憲法)は「改憲の真意は9条をなくすこと。子どもや孫への責任として、憲法を守らなければ」と訴えた。

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/local/fukuoka/20070515/20070515_002.shtml

国民投票法成立 「平和憲法改悪が狙い」 「改憲へ大きな一歩だ」 筑後地区の市民、賛否両論
 
憲法改正手続きを定めた国民投票法(憲法改正手続き法)が参院本会議で可決し、成立した14日、筑後地区の護憲運動を進めている市民団体からは「議論が不十分だ」「平和憲法の改悪が狙いで許せない」など、反発の声が一斉に上がった。

 「ちっご9条の会」事務局次長の下東信三弁護士(56)は「9条改悪の第一歩だ」と憤りを隠さない。「講演会や対話集会などで、国民投票になった場合でも改憲反対派が勝利するような、世論をこれから作る必要がある」と今後の活動の重要性を強調した。

 全国組織「新日本婦人の会」大牟田支部の冨田峯子事務局長(70)は「最低投票率制度など細かい点が議論されないまま、がむしゃらに通した法案」と批判。同支部などでつくる「イラク戦争に反対し、憲法9条をまもる大牟田の会」は、15日午後0時45分から同市有明町の市役所前で抗議集会を開く。

 筑後地区の「教職員9条の会」の頼富行男代表(56)は、同法が公務員や教育者の国民投票運動を制限している点について「私たちにも運動自粛を求める通達があるだろうが、押し返す強い意志が必要だ」と力を込めた。

 一方、大牟田市議会議場に国旗を掲揚させる運動を進めた同市上白川町の元高校校長堺修さん(64)は「大きなステップをクリアできたのは喜ばしい。この機運を生かし憲法改正を実現してほしい」と話した。

=西日本新聞朝刊=


福岡県教育センターの方がご来訪でした
もしかして三輪中のあの方?
proxycenter.educ.pref.fukuoka.jp
Thu 17 May 2007 05:08:48 PM JST
■初回訪問:Thu 17 May 2007 04:45:59 PM JST■訪問回数:1
▼ ドメイン ▼ OS・ブラウザ・解像度/同時発色数
proxycenter.educ.pref.fukuoka.jp Windows XP
▼ リンク元URL
http://partners.search.goo.ne.jp/yomiu...



無料blog





↓ぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

↓国民主権を守り、憲法違反の外国人参政権に反対しよう
参政権反対
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
このエントリーとは、直接関係ないのですが、
『福岡のマスコミ』つながりで、
『愛・蔵太の少し調べて書く日記』
『[事件]福岡の「小学生いじめ教師」の話の続き的な本について』
http://d.hatena.ne.jp/lovelovedog/20070517/ijime
>クレーマー保護者の虚言によって、
>彼は史上最悪のいじめ教師に仕立てられた。
(中略)
>だが後に、一連の事実は、児童両親によるでっちあげだったことが
>明らかになる──。

これ、『福岡のマスコミ』で検証されてましたっけ?
2007/05/16(水) 02:07:07 | URL | naga #2NKnmN5w[ 編集]

これはたしかクレーマーが「解同」でしたな。
2007/05/20(日) 20:11:53 | URL | いぼ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
【筆者記】本日14日、国民投票法が参院本会議で成立しました。このことは憲政史上、画期的な意義を持ちます。国会が発議した憲法改正案を承認するかどうかを決める国民投票は、国民が初めて「主権」を直接行使する唯一の機会です。昭和22年の現憲法施行から60年間、国民
2007/05/15(火) 23:13:45 | 訳わからん このシャバは
はっきりいってよく分からんのですよ。なんでこの人達が怒っているのか。私利私欲に塗れた薄汚い政治家にこれ以上政治(間接民主制)を任せられないと騒いでいるのなら尚更、直接民主でしょうに。国民投票法成立によって、(不完全かもしれんが)我々国民が初めてその....
2007/05/15(火) 23:34:15 | Birth of Blues
国民投票法案成立の報道でも護憲左翼擁護の西日本新聞国民投票法、成立 憲法改正の手続きを定める国民投票法が成立した14日、県内の政党関係者などから「改憲に向けた一歩を踏み出せた」、「国民無視の強行採決」などと、賛否が渦巻
2007/05/16(水) 06:42:15 | GHYH
欠陥だらけの国民投票法案は意味ナシ国民投票法成立*合意努力なき見切り発車(5月15日). 改憲手続きを定める国民投票法が、多くの欠陥を残したまま成立した。 安倍晋三首相が執念を燃やす、軍隊を持つ憲法への改憲論議が、この
2007/05/16(水) 19:44:18 | DDS
~国民投票法が成立~ 昨14日、参院本会議において憲法改正手続きを定める国民投票法が可決、現行憲法施行から実に60年間放置されてきた法的不備の状態は曲がりなりにも解消されることとなった。60年間、改正の手続き法がな
2007/05/16(水) 23:36:39 | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
 「憲法改正のための国民投票法」が両院を通過し・参院選の争点ともなることもあって
2007/05/18(金) 15:02:05 | Empire of the Sun太陽の帝国
国民投票法が14日の参院本会議で成立した。が、なぜこの法律が必要だったのかを、自分のために簡単におさらいする。憲法を改正するか、しないかは国民にとって重要な問題だから新しい法律を作って、国民投票の具体的なやりかたを決めておこうというのが、国民投票法案。憲
2007/05/19(土) 21:31:09 | ボチボチかめさん
なめ猫