<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 タバコの煙害は私人間問題にあらず公的である
2015年06月01日 (月) | 編集 |
隣人のタバコの煙で迷惑しています。
受忍限度について裁判判例もあるようです。

階下の男性住人が吸うたばこで精神的苦痛を受けたとして、名古屋市の女性が損害賠償を求めた裁判で、名古屋地裁は平成24年12月13日付で「男性の喫煙は、受忍限度を超える」として、損害賠償5万円を命じる判決を出しました。

前回は当方の被害申し立てに対して相手が管理会社を前面に立てたのですが、威圧的で驚きました。不動産業者ともつきあいがあることを明言し、常識に乗っ取っていただきたいとお伝えしました。


政治 ブログランキングへ

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


共用部分は火気厳禁であるのですが、吸殻になんと使い捨てライターまでベランダに放置。吸殻が風に乗って我が部屋にも飛んでいます。

煙草はいうまでもなく、食べ物・飲み物と異なり、嗜好性が強く別に吸わなくてもよいものであり、喫煙者の権利だとかいう主張も妥当性を欠きます。だからこそ駅などで定められた喫煙場所以外では禁じられ、福岡市は歩きタバコも禁止しているわけです。

喫煙者は、自覚を欠いている人が多い。吸うなら自分のお借りになられたお部屋や定められた場所でどうぞ。ちなみに福岡市役所前の椅子やテーブルのある場所は吸殻だらけ。圧倒的に喫煙者に問題がある。

IMG_7443_convert_20150601034007.jpg

吸うなとはいわない。かくいう私もかつては喫煙者でした。ただ、当時から喫煙者のマナーの問題は目に付いていました。

ともあれ、現状としてまず洗濯物が外に干せません。賃貸マンションに住んでいますが、別に女性ではないので洗濯物を外に干してもかまわないのですが、それもできません。

なぜベランダで吸うか。
賃貸契約であれば永久に借りるとはいえないわけで、契約終了の際にタバコのヤニで汚れたクロスなどの張替えを要求されたりするからだ。
一般的な家庭でも、換気扇の前で吸うように奥さんからいわれる旦那さんは少なくないはず。


しかし、近隣に煙害を与えて生活侵害を行うのがさも当然だとかいう主張に妥当性はない。タバコの煙害の受忍限度に関する裁判判例もある。
私もある程度は受忍しますが、本来、自分が借りた室内で吸うべきなのです。

行政機関や宅建協会などへの要望も考えています。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
本会の事務所は東京都内のほかに福岡市内もあります。事務所専用ではないのですが、連絡所の機能を果たしています。そこであるトラブルが生じています。 それはタバコのにおいが隣室からくることなのですが、全国的にも同様の紛争が相次いでいるようです。そうなると公共性の強い問題であるといえます。 ちなみに、裁判判例があります。 階下の男性住人が吸うたばこで精神的苦痛を受けたとして、名古屋...
2015/06/03(水) 12:42:37 | 教育正常化推進ネットワーク ブログ
なめ猫