<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 安保法案に異議を申し入れた自民党地方議員に反党行為などというネトウヨ
2015年09月02日 (水) | 編集 |
考え方の違う人たちの活動を揶揄するのはどうなんだろうね・・・
安保のことですが。
ハンガーストライキにしても民族派陣営でもやってきたことで、立場が違えば当然、応援する側に回るわけで、そういう俯瞰したものの見方くらいは持たないと、そのあたりがネトウヨなんですよ。

これは先日、某新聞社の記者にも話をしたことですが・・・


政治 ブログランキングへ

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村

思想的に対立する相手に敬意を持てない人は、それまでです。左派系とは皇室観や世界観の大きな差異はありますが、波風を立てないほうがいい、無関心を装うことが是とされがちななかで、主義主張を旗印にものを考える存在は、共通するものを感じる。むしろ世の中、思想・理念ではない次元で相対しないといけないことのほうが多い。経済的なものとかですね。

広島の自民党県議なかなか腹が据わっていると思います。それが本来の自民党。

ネット界隈で、やれ反党行為だの除名とか、異論を言えば除名は、御政道が通りません。

第2の占領政策、アメリカ従属法案に反対というのは、売国でもなんでもない。

いまや政権批判につながることは一切保守の中でいえない雰囲気がある。ある団体のようにけんぽー、けんぽーになってしまう。
せまーいせまーーーい人たちの偏狭ナショナリズムがこの日本を覆っている。同じ日本人のなかでも、異質な主張を排除しようとする偏狭なカルト保守で世界平和ができるか。

TPP、労働法制規制緩和、農協、安保、そして子宮頸がんワクチンいずれもアメリカ発です。
なんら日本の主体性はない。喜ぶのはアメリカ。

そういうこともわからなくなった。自民党の保守でも新自由主義に反対するベテランのおやじさんのような議員がいなくなったから、こうなる。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/09/03(木) 20:35:55 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
なめ猫