<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 月刊日本編集長が「自由報道協会が斬る! 2015トークライブ VOL.11 右から考えるこの国の危機」にゲスト出演
2015年11月18日 (水) | 編集 |
本日夜、新宿ネイキッドロフトにて、「自由報道協会が斬る! 2015トークライブ VOL.11 右から考えるこの国の危機」が開催されます。

ゲストは、小生も寄稿しております月刊日本の編集長、坪内隆彦氏。ホスト側の協会理事の山口一臣氏は、元週刊朝日編集長です。


政治 ブログランキングへ

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ


ぜひ、ご参加ください。

自由報道協会


http://www.loft-prj.co.jp/schedule/naked/39727

OPEN 19:00 / START 19:30
予約 ¥1,000 / 当日 ¥1,500(共に飲食代別)
※予約は店頭電話 & WEBにて(予約は前日まで受付)
※当日券もあります。直接会場へお越し下さい。
【WEB予約】 コチラで受付中
【電話】03-3205-1556 (16:30〜24:00)

【ゲスト】
坪内隆彦(『月刊日本』編集長)
gekkan-nippon.com/

【ホスト】
大貫康雄(代表理事)
山口一臣(理事)
伊田浩之(監事)

安倍晋三政権は本当に右派なのか。集団的自衛権やTPP、原発再稼働、郵政民営化など、「この国のかたち」が急速に替わろうとしているいま、コアな右翼の理論誌『月刊日本』編集長と日本の現状について語り合う。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
なめ猫