<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 次世代の党が党名変更と遠藤宣彦元衆議院議員の離党について
2015年12月22日 (火) | 編集 |
次世代の党が党名を変更するそうだ。選挙前のこの時期にと思う人も多いだろう。実際多いようで、フェイスブックやブログなどで党内外反発の声も出ている。

とくに東京の大田区議会議員の犬伏秀一区議が、フェイスブックやツイッターでかなり批判している。

それに対しても、支持者から賛否が出ている。なんて表現したらよいか、ネットを支持基盤とする同党の脆弱さ、脆さが露呈したといえよう。

クリックお願いします♪

政治 ブログランキングへ

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ


そもそも、旧次世代、日本の心を伝える党といってたところで、結局、自民党に入れてもらえない人たちの集まりではないか。
平沼先生などは、勝てるからお呼びがかかった。
そろそろ戻っておいでと。
はい!と戻っていかれた。

経営者や業界団体などを巻き込んで分厚い層で、総力戦やらないと選挙は勝てない。思想運動とは違う。
私は、新自由主義政策に批判的ですが、財界の後押しなしには難しい。これが現実だ。

しかも、経済政策もリフレ派で、先の大阪ダブル選挙では維新を応援した。これでは、自民党のほうがまだよい。

遠藤氏 離党


そういうなかで自民党時代は、福岡1区で部落解放同盟の幹部、松本龍元復興担当大臣と選挙で対峙した遠藤先生が、ついに次世代の党を離党されました。素晴らしかです。

先生の今後益々のご活躍に期待しております。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/12/26(土) 15:13:37 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫