<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 新宮松比古元福岡県議会議長のご逝去
2016年03月16日 (水) | 編集 |
広島にいるときにネット版のニュースで新宮松比古先生のご逝去の報に接しました。

「支えなくした」悼む声 新宮元福岡県議会議長死去 ・西日本新聞
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_toshiken/article/231150



新宮先生は、福岡県議会議長、自民党福岡県連会長も務められ、博多の伝統芸能や文化の伝承・振興に力を注がれました。自民党のみならず、福岡県政に強い影響を与えておられました。県議引退後は、アクロス福岡に入居する福岡県の外郭団体の理事長をされ、時々アクロス福岡でお見かけしてました。

クリックお願いします♪

政治 ブログランキングへ

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ

初めてお会いしたのは、福岡県筑前町でいじめ自殺事件が起きたときに、初めて教育の正常化を求める陳情書を県議会に出しましたが、当時、文教委員会におられた新宮先生がそれを取り上げて下さったときでした。文教委員会を傍聴してましたが、教育正常化の陳情があっただろとご指摘され、委員会室がぴりっとしました。



平成18年12月15日 文教委員会
◯新宮松比古委員 資料要求して休憩してやるのか委員長。それから、ちょっと私が委員長、副委員長にお願いしたいのが、今日は調査委員会の中間報告ですね。私はこれ、最終報告が直ちに出るだろうと私は思っています。そうしますと、自殺があったのが十月十一日、その次の委員会、十一月十六日まで我々は委員会をしていない。だから、最終報告があった時点で直ちに委員長、副委員長で委員会、この常任委員会を開催してほしい。今、佐藤委員の資料要求しかり、私どももいろいろな最終報告に対しての質疑もしたい。あるいは先ほどの陳情がありましたね、何かあったやろう。

◯亀谷 正委員長 教育の正常化を求める陳情ですね。

◯新宮松比古委員 陳情の理由なんかをずっと読んでいると、委員会で論議したやつもあった、あるいは当然これはしなくちゃいけない今後の論議だなという考え方もここに網羅されているような感じもするし、しかも再発防止策については、やはり直ちにやらなくちゃいけないのに、何となく調査委員会の最終報告書ができてやろうとしている感じもなきにしもあらず。だから、教育長なんか先ほどの答弁を聞いていると、第三者の有識者の会議をしたいと、こう言われていましたが、いろんなことを想定して、やはり教育委員会も直ちに再発防止案をつくってほしいし、最終報告が出れば直ちに委員会をしてほしい、そのように思います。

委員会後、駆け寄ってご挨拶しました。

忘れられないです。議事録にしっかり残ってます。

年が明けて1月の委員会で人権同和教育課長がおしかりを受けるわけですが・・・

◯新宮松比古委員 さっき、私だけが理解できなかったのかもしれませんが、この問題で人権の問題はどうだったのかという質問をだれかしましたよね、清田さんか、そのときに全然なかったという趣旨の答弁だったのか。もう一度、先ほどの意味が私は理解しづらかったから答えてもらえませんか。

◯新宮松比古委員 同和関係もさることながら、基本的な子供の人権を侵された、子供が生きていく勇気すら失った、まさに人権が侵されて自殺が起こったんじゃないか。

◯荒巻人権・同和教育課長 人権教育の視点から言いますと、今回の三輪の問題につきましては重大な基本的人権の侵害であると、そのように認識いたしております。

◯新宮松比古委員 僕はそうだと思うよ。これは基本的人権問題なんよ。何か同和教育がすべての人権教育であって、人権教育でなかったような先ほどの答弁は僕はいかがなものかと思う。だから、どうも皆さん方のとらえ方が何か本質をどこかとらえてないんじゃないかと、ぽんと話が飛んでしまうけれども、僕は学校五日制に反対しました、ずっと反対し続けてきた。昨年、このいじめによる自殺問題と、教科未履修の問題も出てきた。学校五日制のときにも、それだけ地域社会は準備がないと、教育長なんかは覚えてあると思いますが、準備がありませんよと。学校と家庭と地域と一体となってゆとり教育をしていかないといかんと、文章だけをきれいに羅列されたけれども、これでは、私は逆に今の社会情勢の中では、学校五日制にしたら逆行した形でゆとりがなくなっていくんじゃないかという考えを僕は述べた記憶がありますよ。
我々議員も文教に携わっておれば、教育長を初め教育委員会の皆さん方もやっぱり恥ずかしいという気持ちで、二度と自殺を起こすような子供を出さないためにはどうするかという問題を真剣にやってもらいたいですよね。でないと、先ほど課長が言ったような、同和教育はぴしっとして、その問題の延長戦にはありませんから人権の問題ではありませんなんて、とんでもない答弁だと思う。一つ一つこれを見てごらん。実際、何を本当に真剣に取り組んできたか。最終報告の中にもいろんなことがあるよ。

*引用終わり

知られざるエピソードです。ゆとり教育に反対しておられたのです。

本当の意味で、地方議員、政治家らしい方を失いました。心よりご冥福をお祈りする次第です。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
なめ猫