<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 NHK今夜8時から「子宮頸がんワクチン 動きだした救済 けれど・・・」が放送されます
2016年05月05日 (木) | 編集 |
久しぶりの更新です。本日は、8時よりNHKEテレで子宮頚がんワクチン問題が取り上げられます。

ぜひ、ご覧ください!

クリックお願いします♪

政治 ブログランキングへ

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ


http://www.nhk.or.jp/heart-net/tv/calendar/2016-05/05.html


2016年5月5日(木曜)
再放送2016年5月12日(木曜)
Eテレ 午後八時から

子宮頸がんの予防効果を期待され、10代の女性を中心に338万人以上が接種した「子宮頸がん(HPV)ワクチン」。2009年に承認、その後、定期接種化されました。ところが、接種後、原因不明の体の痛みなどを訴える人が相次ぎ、定期接種化から2ヶ月で国が積極的な接種の呼びかけを中止する異例の事態となりました。
国はこれまで、実態が明らかになっていないとして救済の判断を保留にしてきたましが、去年9月、「接種との因果関係が否定できない場合」は救済する方針を固め、医療費などの給付を始めました。ところが、被害者団体が今春行ったアンケートから、回答者の約5割が、現状、国の救済制度に申請を行っていないことが判明。救済に関するさまざまな課題も浮き彫りになってきました。
進学や就職を諦め、将来が見えぬまま成人を迎える女性も多い中、今、どのような支援が求められているのでしょうか。救済が進まぬ背景には何があるのでしょうか。患者や行政への取材から、今後の救済のあり方を考えます。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
なめ猫