FC2ブログ
<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 アメリカのいいなりでいいのか?--仕組まれた「構造改革」
2007年06月25日 (月) | 編集 |
 とある月刊誌に教育問題について書いた拙稿が掲載されることになりました。

 近いうちご紹介しますが、書店で発売の際はよろしくお願いします。

 さて、久しぶりにあちこちネットを見て回ると興味深いサイト・ページが見つかりました。

 ひとつは、左翼系で有名なあるブロガーが、じつは旧社会党系左派「社会主義協会」系の機関紙に書いているという人物だということです。

 「進歩と改革」は社民党支持の理論誌で、昔の社会主義協会派の系統です。

 ちなみに福岡県はこの系統の支持者が結構います。
 とくに日教組や自治労関係に。

http://d.hatena.ne.jp/vanacoral/20070624

 もうひとつは、以前の成城トランスカレッジさんとこ(荻上式BLOG)です。

 http://d.hatena.ne.jp/seijotcp/20070623/p1

 熊本でこういう学会が開かれたとは・・・

 しばらく見てなかったので知りませんでした。

 バックラッシュブロガーの種類の「運動系」で地方の運動家ってあったけど、私のことなんかも含むのかな?w

 それはさておき、明成社から関岡英之氏の「アメリカの言いなりでいいのか!?仕組まれた「構造改革」と汎アジア共同体構想」という冊子が出ています。

 これは必読です。

 郵政民営化や構造改革の正体が何かわかりやすく解説されています。

 http://www.meiseisha.com/katarogu/shikumareta/kouzoukaikaku.htm

 親米・反米の価値観を超えて、読んでおいて損はないと思います。

↓ぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ
 
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫