FC2ブログ
<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 未成年には人権より道徳を--福岡県古賀市の人権学習は疑問だ
2007年07月09日 (月) | 編集 |
 道徳教育の充実の必要性がいわれていますが、現場では道徳より人権や同和教育にすり返られている実態があります。

 権利闘争を学ぶ手段として人権教育が推進されているのですが、たとえば被差別部落の母親たちが教科書無償運動を起こしたことで、教科書がタダになったという教材が大阪府では、大阪府人権教育研究協議会が発行する「にんげん」という人権・同和教育副読本に収録されています。

 文部科学省が作成配布した「心のノート」よりも「かがやき」や怪しげな同和教育の実践のほうが盛んに行われています。

 しかし、それでいいのでしょうか?

 以下は、7日の西日本新聞に掲載されている記事です。

****

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/local/fukuoka/20070707/20070707_011.shtml

独自教材「いのちのノート」から 人権テーマに創作劇 
古賀北中の3年生6人 8日市中央公民館で

 古賀市千鳥4丁目の古賀北中学校の生徒会役員の3年生6人が、同校独自に取り組む人権教材「いのちのノート」をテーマにした劇を創作した。3年間の授業を通じて学んだ人権意識を生かし、セリフの随所に「自分たちなりの考えを織り込んだ」という。8日に、市中央公民館で開かれる「第27回古賀市『同和』問題を考える市民のつどい」で初披露する。

 「いのちのノート」は学年別に色分けされたA4判の冊子。2005年4月から道徳の時間などで使っている。障害のある生徒の母親がつづった手紙を取り上げる「北中の仲間たち」など、全学年共通の13テーマがあり、学んだ感想や解決策などを書き込む。

 生徒たちは新学年になると新しいノートが配布され、同じテーマについて以前の記述と見比べながら、感想などを書く。同じテーマを繰り返し取り上げることで、過去の自分との対話を促し、人権意識を磨いていこうという取り組みだ。

 今回の劇で扱うテーマは、就職差別を受けるなどして教育費の支払いに困窮した親たちが、1960年代に起こした「教科書無償運動」。劇は、教師と生徒役に分かれ、当時の時代背景や運動が実を結ぶまでの経緯を学ぶという設定。場面は1年生と3年生の教室の2つで、低学年時に比べて少しずつ人権意識が変化していく姿を描く。

 シナリオを書いた白石真菜さん(14)は「過去にいろんな活動をしてくれた人たちのおかげで私たちの人権がある。今を生きる私たちも、権利を発展させる当事者として頑張らないといけないと考えた。『人権は人と人とをつなぐ作業』と訴えたい」と話している。

*****

 解放同盟が教科書無償運動を自分たちの成果として誇っていますが、運動の正当化のためには格好の教材ということなのでしょう。

 未成年の児童・生徒に権利意識ばかり吹き込んで、教育としてバランスに欠けると思います。こういう人権学習が道徳よりも優先されている福岡県は問題だと思います。

『正論』ご注文はこちらから♪


いいかげんにしろ日教組は参考になります


産経IZAに「女子部」という男子禁制のコーナーが登場しました。
「イザにゃん」という猫ちゃんの写真コーナーがあります。
http://www.iza.ne.jp/jyoshi-bu/cat/index.html

↓ぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
頑張って下さい。
なめ猫♪ さんへ 私のブログにご丁寧なお礼の言葉をありがとうございました。これからも、よろしくお願い致します。ミケ
2007/07/09(月) 19:42:56 | URL | 屋根の上のミケ #mQop/nM.[ 編集]
やはり教育勅語と戦前の我が国で行われていた修身を復活させるべきだと思います。
2007/07/09(月) 20:35:59 | URL | レッテンリッター #-[ 編集]
そのとおりです。何もわからない純粋な中高生に人権教育ばかりして、人権を教えるなら、当然、義務も教えないといけないと思います。解同べったりの福岡県と教育委員会。正論も読みました。
2007/07/10(火) 22:17:53 | URL | なめ猫2 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
福岡で 人権について活動しているなめ猫♪さんの意見が「月刊・正論」 に掲載されました(・∀・)是非とも書店で手にとって下さいm(_ _)mなお 通販使用の方は上記リンク先にアマゾン通販フォームがございますのでご利用下さい。
2007/07/10(火) 10:37:19 | 人権擁護法案ポータルブログ
なめ猫