FC2ブログ
<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 大阪府市長会、「同和地区」めぐり紛糾
2007年07月16日 (月) | 編集 |
 今朝の産経新聞に次のような記事がありました。「同和地区」という概念規定自体がいまや揺らいでいるように思うのですが、部落解放同盟はこの名称に固執するのは、彼らの運動自体、その根幹に関わる問題だからです。

**

 大阪府市長会「同和地区」めぐり紛糾、異例の保留

■行政用語…特措法は失効…報告書案の承認を見送り

 同和対策事業が行われていた「同和地区」の位置づけや呼称が特別措置法の失効で混乱しているとして、大阪府市長会と町村長会の研究会が「『同和地区』という呼称は特別対策以前から使用されており、使用することは特別対策終了と何ら関係するものではない」などとする報告書案をまとめた。これに対し、複数の首長から慎重論が相次いで5月の市長会では承認が見送られ、議論は持ち越された。市長会が結論を保留するのは異例で、7月の市長会でも報告書案を承認するかどうかは微妙になっている。

 研究会の設置は18年5月に行われた部落解放同盟大阪府連の申し入れがきっかけ。特別措置法による同和対策事業は終了したが、府連は「旧同和地区」などの表記では、部落差別が解消したような印象を広げるとして危機感を持っており、「部落差別や同和地区がなくなった訳ではないのに、法失効後の地区の位置づけや呼称問題が混乱している」として市長会などに現在の認識を質問した。これを受け、市長会は町村会、府とともに同年7月に研究会を設置、協議を続けてきた。

 今年5月に研究会が示した報告書案では、12年、17年に実施された府民意識調査などを根拠に、「部落差別は社会の一部に存在し、明確に同和地区に対する忌避(きひ)という形で意識されている。行政として差別解消に向けた施策を推進しなくてはならない」と総括した。
 そのうえで、被差別部落という概念に対し、行政用語として登場した同和地区という呼称は特別対策以前から使用されており、特別対策終了と何ら関係するものではない-としている。さらに問題解決のためには、課題がどう推移しているかを検証するため、同和地区の実態を把握する必要がある、などとする基本認識を示した。

 一方、報告書案に対し、首長のなかには「行政が『同和地区』という呼称を使い続けるべきかといった基本認識を、市長会として改めて確認することには慎重であるべきだ」といった意見があり、5月の市長会では承認を見送った。7月17日には修正案が研究会から報告される予定だが、市長会として承認するかどうかは微妙な状況だ。

 これに対し、部落解放同盟府連は、機関紙の解放新聞大阪版(6月18日付)で「『同和地区』という地域は法律がなくなったからといって消滅するというものではない」とし、「財政状況が厳しい時代に一般対策を活用して、どうすれば差別をなくすことができるのかということが考えられなければならない。報告書案が、市長会、町村長で了承されるよう働きかけたい」としている。

 一方、全国部落解放運動連合会大阪府連が前身の「民主主義と人権を守る府民連合」は「部落問題は基本的に解決している。法的には存在しない『同和地区』を自治体側が復活させ、地区の固定化と同和行政の永続化を図ろうとするもの」と承認に反対している。

**
 
 福岡県でも依然として「同和地区では厳しい差別の」といった内容が行政文書や啓発活動で繰り返されますが、いつの話なのかあやふやなものが少なくありません。

 7月は同和問題強調月間ということで、福岡市のCMが放送されていますが、ある一家の朝食の光景で、女の子から「ねえ、同和って何?」と聞かれて、母親も父親も困惑するシーンがありました。

 次の場面で博多リバレインにある人権センターに行く場面がありました。

 救う会は登録団体なのであの人権センターにおかれている書籍やビデオなどを調査しましたが、おいてある資料に偏りがあって公正中立とはいえないと思います。

 差別がまったくないとはいいませんが、優遇措置を延々継続することで解消されるかどうか、これまでの実績で答えはでていると思うのですが・・・

 最近こういう本が出ました。


 右翼活動家のなめ猫だそうです・・・
http://redninw.hp.infoseek.co.jp/

 また、奈良市も相変わらず、北朝鮮擁護と思われる発言を市の幹部がしています。地方分権はこれだから危ういのです。

 それから「公開を前提としたものでなく・・」

 私もさんざん行政からいわれた言葉です。

 12日の産経新聞関西版です。

***

 朝鮮会館税免除問題 総務省「公表」奈良市が批判
 
 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)奈良県本部などが入る「奈良朝鮮会館」(奈良市大森町)の固定資産税について、同市が少なくとも平成17、18両年度に全額免除していたことに関し、同市の戸田勝康総務部長は11日、総務省が同市を含む全国の自治体の減免状況についての調査結果を公表したことについて「依頼を受けて報告したが、公開を前提としたものではなく、理解に苦しむ」と同省を批判した。

 同省では、朝鮮総連の関連施設に関する自治体の課税の是非をめぐる裁判で、減免しないことを妥当とする判決が相次いでいることを受け、今年4月にも、適正課税に努めるよう自治体などに通知していた。

 戸田部長は、減免措置について、一般的には当事者から申請を受けて市が利用実態を調べ、市長の判断で可否を決めるケースが大半であることや、同会館については昭和42年に調査したことを明らかにする一方、「税法、地方公務員法(の守秘義務)に触れるので、減免措置を行っているかどうかコメントできる立場ではない」と述べた。

***

『正論』ご注文はこちらから♪ぜひ読んでね


産経IZAに「女子部」という男子禁制のコーナーが登場しました。
「イザにゃん」という猫ちゃんの写真コーナーがあります。
http://www.iza.ne.jp/jyoshi-bu/cat/index.html

↓ぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
もはや存在しない「同和地区」を「ある」と言い張る人たち
例によってTBが送れません(苦
笑)。
この問題、本当に巫山戯ていますね。ただの言葉遊びです。
でたらめの「差別事象」をタネにみかじめ料をせしめる連中には吐き気がします。

> 右翼活動家のなめ猫だそうです・・・
http://redninw.hp.infoseek.co.jp/
ただの電波ですね。まともにHPのコンテンツもないし(笑)。

【同和問題】もはや存在しない「同和地区」を「ある」と言い張る人たち http://ryou1kanou.seesaa.net/
2007/07/16(月) 21:10:19 | URL | 涼風 #yp3Dv9Uw[ 編集]
お返事遅くなりましたが
涼風さま、こんばんは。ご来訪有難うございます。
seesaとFC2はうまくいかないのですかね??

解放同盟は同和地区という規定が混住などで難しくなっても属地・属人主義で今までどおりやれと喧伝しています。
彼らは優遇措置を欲しいがために主張しているのではないとどんなにいっても納得できないです。これでは。

>ただの電波ですね。まともにHPのコンテンツもないし(笑)。

偶然、私への批判を見つけたのですが、ちゃんと完成させて公開して欲しいものです。
2007/07/18(水) 22:10:34 | URL | なめ猫♪ #TAZSivxg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
なめ猫