FC2ブログ
<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 社会権規約実施状況についての日本政府報告書に対する意見書
2007年08月07日 (火) | 編集 |
 本日開催の経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約・政府報告に関する意見交換会の外務省に対して提出した意見書です。

 この他にも保守側からは「家族の絆を守る会」などからも意見書が提出されています。

 今日の意見交換会は白熱した論議がなされることでしょう。

***

平成19年7月25日


団体(個人)名()
住所(  )
電話(   )
FAX(  )
Eメール( )
団体の場合は執筆者名(  )


(1件につき1枚の用紙を使用して下さい)

1.条約関連条項:  第2条2項 (第13条1項)
政府報告書関連パラ番号:

2.見出し 部落差別の現状と福岡県等において「公立義務教育諸学校の学級編制及び教職員定数の標準に関する法律」(義務標準法)に基づき義務教育国庫負担金で追加配置されている児童生徒支援加配教員の目的外使用(社会運動への転用)に関して

3.内容
 経済的・社会的及び文化的権利に関する国際条約のいわゆるマイノリティに関する条項について若干の私見を交えつつ、意見を述べたい。

 経済的、社会的および文化的権利に関する委員会は、2001年8月21日に開かれた第42回および第43回会合において、経済的、社会的および文化的権利に関する国際規約の実施についての日本の第2回定期報告書を検討し、2001年8月30日に開かれた第56回会合において総括所見を採択している。C.主要な懸念事項、パラグラフ13において「委員会は、とりわけ雇用、居住および教育の分野において、日本社会のマイノリティ集団ならびにとくに部落の人々、沖縄の人々、先住民族であるアイヌの人々および韓国・朝鮮人に対する法律上および事実上の差別が根強く残っていることを懸念する」としているが、被差別部落、同和地区の人たちに対する差別は行政啓発の事例として挙げられる結婚や就職に関しても改善されてきており、委員会所見は、特定民間運動団体や関連するNGO・学者の意見のみで判断していると思わざるを得ない。

 そもそも同和教育は、「部落問題が提起する教育課題にとりくむ教育的営み」としてすすめられてきたものであった。つまり、「部落問題が提起する教育課題」が今どうなっているのかを正しくみる必要がある。
 
 旧総務庁の調査(1993年)や各地の現状では、かつてあった学力や高校進学率の格差が解消し、二十代の人では七割以上の方が地区外の人と結婚している。このように、かつて同和教育の課題だと言われていた教育課題は解消されてきている。そして、子どもたちの生活に部落問題が見え隠れする実態が見られない。むしろ誤った「同和教育」、行き過ぎた「同和行政」がもたらす弊害こそ問題であり、「事実上の差別が根強く残る」というのは誤った認識ではないか。これは同和問題に取り組む民間運動団体の間でも、自民党系の自由同和会は「差別は減少してきている」、共産党系の全国地域人権運動連合会は「ほぼ解消されている」との認識を示しており、今なお差別が根強いというのは部落解放同盟だけである。

 条約第13条第1項で「この規約の締約国は、 教育についてのすべての者の権利を認める」とあるが、現実には教育現場において教職員を一部運動団体の強い要請、威圧のもとにその運動推進の役割を担わせている。

 その一例が、『正論』(産経新聞社)8月号で当方が寄稿した「福岡の教育現場をゆがめる同和支配」に紹介した国庫補助による児童・生徒支援加配教員の“目的外使用”である。本来、教育公務員である公立学校教職員は、わが国の憲法・教育基本法その他の法律に則り、上司の含む監督に従いながら職務を遂行する義務が課せられている。ところが、その上司である県教委・市町村教委・学校長までが法・文部科学省通知の趣旨を換骨奪胎し、任意団体に過ぎない福岡県人権・同和教育研究協議会などの同和教育研究団体に公務扱いで出張させ、その業務運営を担わせていたのである。

 平成14年4月1日に文部科学省初等中等教育局財務課長が全国の都道府県教委・政令市教委に通知した指導文書「公立義務教育諸学校の学級編制及び教職員定数の標準に関する法律施行令の一部改正における教育上特別の配慮を必要とする児童又は生徒に対する特別の指導等に対する教職員定数の特例加算について」には児童・生徒支援加配教員の役割について次のように規定されている。

**

 定数加配の対象となる特別の指導の範囲
 学習指導、生徒指導、進路指導に関する特別な指導については次のような指導とする。

(1)学習指導に閲すること
・ 児童生徒の学力の調査・分析
・ 習熟度別指導への参加
・ 学習進度の遅い児童生徒に対する補充指導(ティームティーチング、放課後・長期休業期間中の個別指導)
・ 出席停止期間中の家庭への訪問指導
(2)生徒指導に関すること
・ 円滑な学級経営が困難な場合の援助活動(ティームティーチング等)
・ 深刻な問題行動を起こす児童生徒や不登校児童生徒等に対する個別指導・支援(校内の別室指導、保健室登校への対応、適応指導教室等との連携協力など)
・ 児童相談所、警察などの関係機関との連絡・調整
・ サポートチームへの参加
(3)進路指導に関すること
・就職活動の支援(進路情報の収集・提供、職場開拓など)
・進学の支援(進路情報の収集・提供、校種間連携など)
・奨学金制度等に関する情報収集・提供、相談

**
 
 このどこにも、人権・同和教育とか外部団体の業務運営という記述はない。文部科学省も「地対財特法失効までの同和加配とは違う」と明言している。
 
 だが、福岡県においてはこれが無視されて、我々の住民監査請求(平成19年5月11日福岡県公報「監査結果」登載)で明らかとなるまで福岡県教育委員会、関係市町村教育委員会は「問題ない」としらを切っていた。
 同和団体運動の推進のために加配されたものではなく問題を抱える子供達のために教職員定数の追加配置が行われていることを教育行政当局自体が忘却しているとしかいいようがない。文部科学省は、福岡県教委・市町村教委に対する是正指導を現在、行いつつあるが、なぜこれまでこのような実態が放置されてきたのか説明を行う必要がある。
 
 これだけ手厚く法を拡大解釈してまで同和教育の推進にあたりながら、いまなお差別が根強く残るというのであれば、それはわが国政府のみに責任を帰するものなのだろうか。むしろ部落解放同盟やその関連団体・学者による運動や啓発活動にも問題があったのではと考えるのが自然といえよう。
 
 そのことは総務庁の地域改善対策協議会(地対協)の意見具申などでも指摘されていることである。
従って、 経済的、社会的および文化的権利に関する委員会の総括所見、「E.提案および勧告」で「日本社会のあらゆるマイノリティ集団に対し、とくに雇用、居住および教育の分野で行なわれている法律上および事実上の差別と闘うため、締約国がひきつづき必要な措置をとるよう勧告する。」とあるが、わが国政府の第3回報告においてこのようなわが国の実情を認識しない主権侵害の勧告内容に対して明確に反論をすべきものと考える。

 なお、児童・生徒支援加配教員は、 経済的、社会的および文化的権利に関する委員会がパラグラフ58で「委員会は、締約国が、委員会の一般的意見第11号および第13号ならびに子どもの権利に関する委員会の一般的意見第1号を考慮にいれながら、教育制度の包括的再検討を行なうよう強く勧告する。このような再検討においては、あらゆる段階の教育がしばしば過度に競争主義的でストレスに満ちたものとなっており、その結果、生徒の不登校、病気、さらには自殺すら生じていることにとくに焦点が当てられるべきである」としているような不登校やいじめなどに対して対処する目的で配置されていることを付記しておきたい。

***

なぜか、NHKからアクセスでキーワードが「久留米市教育会館」・・??
日教組の提灯持ち報道でもするのかな?

今回の地震で被災された新潟県・長野県北部の皆様にお見舞い申し上げます。

『正論』8月号ご注文はこちらから
ぜひ読んでね♪


 別冊正論これは必読です。

http://www.sankei.co.jp/seiron/etra/no07/ex07.html

産経IZAに「女子部」という男子禁制のコーナーが登場しました。
「イザにゃん」という猫ちゃんの写真コーナーがあります。
http://www.iza.ne.jp/jyoshi-bu/cat/index.html

↓ぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
意見書の作成お疲れ様です!
なめ猫♪さん、こんにちは。TBありがとうございました。
意見書の作成お疲れ様でした。こういう役所向けの文章や、裁判での準備書面って、一定の文章表現があって、なかなかやっかいだと思われます。慣れてくればそうでもないのでしょうが、今度は普段の文章がそれにつられたりして何かとやっかいじゃないですか。

>これだけ手厚く法を拡大解釈してまで同和教育の推進にあたりながら、いまなお差別が根強く残るというのであれば、それはわが国政府のみに責任を帰するものなのだろうか。むしろ部落解放同盟やその関連団体・学者による運動や啓発活動にも問題があったのではと考えるのが自然といえよう。

上記の部分がポイントだと思います。同じことを田中前長野県知事も部落開放同盟に言ったようですが、まさに正論だと思います。
提出文書ではこういう言い方しかできなくてまどろっこしいですが、要は「差別で飯食ってる連中が、実態もないのに差別があるあるといって食いつなごうとしていることはけしからん!」ということだと思います。
「(差別)あるある詐欺」のようなもんです。これと同じことをしているのが、同じく外国人のクセに日本人以上の特権を持ち、それを離そうとしない在日朝鮮人にも言えますね。

こうした連中をいつまでも放っておくと、まともな日本人の間にも不公平感が蓄積し、日本社会が精神的ゆとりのないギクシャクしたものになってしまいます。

なめ猫♪さんの今後一層のご活躍をお祈り申し上げます。

近いうちに私のエントリで紹介させていただきます。
2007/08/07(火) 16:40:56 | URL | ナルト #v9aamH/k[ 編集]
コメント有難うございました
ナルトさま こんばんは。
いつも有難うございます。

意見書の作成は以前より慣れましたが、まあ堅い文書も仕事上必要ですし、使い分けが必要ですね。
普段のブログや会話は短く、わかりやすくです。

>提出文書ではこういう言い方しかできなくてまどろっこしいですが、要は「差別で飯食ってる連中が、実態もないのに差別があるあるといって食いつなごうとしていることはけしからん!」ということだと思います。

私も田中氏の長野県知事時代の発言を念頭において意見書に加えました。田中康夫氏が国会議員になられましたが、福岡のことで手紙を出そうと思っています。

差別があるから金出せという論理が通ること自体おかしなことで、北九州市で亡くなった「おにぎりが食べたい」の男性の人には生活保護もなし。これこそ差別ではないかと思います。
真に困窮する人たちには補助金も何もなく、かつての「身分」差別を理由に補助を続けることを国連もいいと考えるとは思えません。
在日の無年金訴訟などふざけた話です。
ところが、わが福岡県にもこの訴訟を起こそうとしている輩がいます。それも身近にその活動家がいるので怒っています。

不公正な行政と怪しげな左翼活動に対しては、今後も厳しく見ていく所存です。

>近いうちに私のエントリで紹介させていただきます。

有難うございます。
何卒宜しくお願いいたします。
ちなみに『正論』9月号に福岡市の方からの投書が掲載され、編集者からのコメントが載っていました。投書された方のお名前で検索したら福岡大学の先生でした。びっくりです。
2007/08/07(火) 20:03:23 | URL | なめ猫♪ #TAZSivxg[ 編集]
 なめ猫さんのご活躍に敬意を表します。
 私どもの部落差別に関する現状認識について記述されておりますが、NHKが今年の5月に放送しました、かんさい特集「岐路に立つ同和行政」の中での私のコメントは、「部落差別は激減している」と言っていますのでお知らせします。
 今日は、私ども佐賀県本部の研修大会があり、「部落差別は激減しており、これからの差別解消は、私どものモラルの向上にかかっている」と、差別されない人格形成を図っていくことを強調した講演をしてきましたよ。
 偏向行政の打破に、ともにがんばりましょう。
2007/08/07(火) 23:17:40 | URL | 自由同和会中央本部事務局長 平河秀樹 #-[ 編集]
コメント有難うございました
自由同和会中央本部事務局長 平河さま
いつも有難うございます。

関西で放送された同番組は大阪の知人から聞いておりました。全国放送されなかったのが残念でした。

3団体のコメントが放送されたとのことでしたが、平河様は「部落差別は激減している」とのコメントだったのですね。人種差別撤廃条約の意見書を纏めている最中ですが、政府対応3団体の認識について、自由同和会は「部落差別は激減している」と明記いたします。

>部落差別は激減しており、これからの差別解消は、私どものモラルの向上にかかっている」と、差別されない人格形成を図っていく

佐賀県は数年前、解放同盟県連が解体されるという事件がありました。

平河様もご承知のことと思いますが、九州は福岡県はじめ旧態依然とした特定団体優遇を続ける地域です。
その是正は私たち市民レベルも大事なのですが、皆様のように内部から律していこうという動きがどうしても必要になります。

行政依存を続けながら、何かあるとすぐ非難をする一部団体ではない皆様のような活動が広がることを、願っております。
2007/08/08(水) 08:37:12 | URL | なめ猫♪ #TAZSivxg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
なめ猫