FC2ブログ
<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 福岡県中間市の部落解放同盟癒着行政に対する政府質問回答書
2007年08月12日 (日) | 編集 |
 『正論』8月号で狭山教育は国会で教育の中立性に反すると指摘されていると書いていましたが、それはかつて共産党の議員が質問主意書という形で存在したことがわかりました。

 しかし、なんで共産党しかいえないんですかね。

 そうそう、8月に県知事や教育長らと解同県連との交渉があるとか。

 それから次の記事で取り上げようと思っていましたが、金曜に八女市の上妻小学校と南中学校のPTA、教職員が解放同盟と教育集会所で学習会を持ったとの情報がきました。

 参加された方によると、市職員らしき人物が出てきて「差別はがき」事件やらの話をしたとか。誰なのかはお聞きした特徴ですぐわかりました。

 校長や他のPTA役員は抱きこまれていたとのことでした。

 税金はタダとか集団で来るというのは偏見であるということでしたが、減免措置や糾弾会は事実でしょう。

 一般の人が知識がないからうまくそういう説明をできないことをいいことに、そういう内心に介入する学習、否、洗脳集会は即刻中止すべきです。

 それにしても南中学校の教職員とは誰が参加したのでしょう。

 さらに驚いたのは、県同教は学校施設を使って会合を繰り返していることです。勤務時間中に教職員を招集し、勤務時間終了の時間まで拘束する。これは考えようではさぼりの口実を与えたに等しい行為です。

 これは昨年の八女地区人権・同和教育小中高校合同推進学習会の開催通知です。所属長である各学校長に県同教会長、高同教会長名で文書が出されています。

 これには驚きました。

八女地区県同教会合依頼文書


 教職員召集について何の権限が県同教にあるのでしょうか?

 最後に、今後の県同教の行事予定をご紹介しておきます。
 
***

 1) 10月13日(土)~14日(日) 第46回県同教研究大会IN北九州
 場 所 全体会場 福岡県立小倉南高等学校 体育館
http://kokuraminami.fku.ed.jp/ 
             (何と県立学校の体育館です!)
      分科会場 北九州市内の各会場
 参加費 3、000円(資料代を含む)
(なお、この大会は18年度は田川市、17年度は古賀市、16年度は大牟田市でこの時期にあった模様です。)

2) 12月25日(火) 福岡県人権・同和教育冬期講座
 場 所  ウェルシティ小倉(九州厚生年金会館)
 ※ 詳細は未定だそうです。

***

 開会・閉会行事が行われる小倉南高校の校門にスピーカーやのぼりを用意して会場前で街頭情宣を行うのもよいかもしれません。

***

質問主意書

質問第一一号
違法・不公正な同和行政の是正に関する質問主意書

右の質問主意書を国会法第七十四条によつて提出する。

  昭和六十二年三月二十三日


諫  山   博   

       参議院議長 藤 田 正 明 殿



-----------------------------------------------------------

   違法・不公正な同和行政の是正に関する質問主意書

 日本共産党は、真の部落解放の実現と、その本旨に基づく正しい同和対策事業の執行のために一貫して努力してきた。ここ十数年来は、「部落解放」に名を借りた不当な糾弾、行政私物化等の誤つた行為を是正するために、とくに奮闘してきた。その結果、このような事例は徐々に減少しつつあるが、いまなお跡をたたない。その根絶をめざし、以下質問する。

一 福岡県中間市では、昭和六十一年十一月七日、地方自治法第二百四十二条第一項に基づいて、「(同和地区に対する)市住宅新築資金等貸付業務にかかわる市長並びに当該部局長の違法・不当行為の是正及び損害補填措置請求」が提出された。監査の結果、「本人の関知しない虚偽の貸付申請とみられるもの」など、犯罪行為に等しい事実行為が数多く発見され、また、償還期限が過ぎているのに、まつたく返済されていないものが九十八件、二億九千百六十九万円、貸付総額の二十・二パーセントに及ぶことが明らかにされた。監査報告は、市長等に対してこれらの改善を厳しく勧告している。
 この貸付事業には、国庫から四分の一にあたる金額が補助され、残り四分の三は起債によつて運営されている。すでにこの事業は、貸付開始以来二十年を経過しており、国庫支出金も中間市だけで合計四億四千万円余に達している。国としても、このような不正貸付けの事実を重要視するとともに、国の責任においてその是正を強力に指導すべきだと考えるがどうか。

二 中間市において、このような重大な事態を引き起こした背景には、昭和四十六年七月二十九日当時の市長以下全幹部職員が、部落解放同盟中間支部による徹夜の「確認糾弾」のすえ、『部落解放同盟の運動方針に基づく解放運動が正しいことを、全市民に対し、市公報に声明書を発表する。』など、十一項目にわたる無理難題な覚書を交換させられたことがある。また同年九月十五日には、中間市議会議長以下、共産党議員をのぞく市議会議員全員が、『中間市が正しい部落解放行政を行わなかつたのは、議員としての行動が、直接・間接に、部落差別を助長した結果である………』などとする四項目の確認書を交わしている。
 それ以降、中間市は、これを基本方針とし、長期にわたつて部落解放同盟と全日本同和会の一部幹部による行政支配に屈伏し、同和行政は全く乱脈・不公正を極め、行政にあるまじき不正・腐敗を生むに至つている。
 昭和六十一年十二月十一日、地域改善対策協議会は、政府に対し「意見具申」を行つた。「意見具申」は、「地域改善対策の今日的課題」の第一に「行政の主体性の欠如」をあげ「国及び地方公共団体は、民間運動団体の威圧的な態度に押し切られて、不適切な行政運営を行うという傾向が一部にみられる。このような行政機関としての主体性の欠如が、公平の観点からみて一部に合理性が疑われるような施策を実施してきた背景となつてきた。」と述べ、これに対する方策として「民間運動団体と身近に接触する機会の多い地方公共団体においては、その対応に腐心している状況もみられるので、そのような地方公共団体の主体性の確立については、国は、積極的な助言、指導を行うべきである。」と指摘している。
 政府は、「意見具申」の趣旨を踏まえ、中間市が、部落解放同盟中間支部と取り交わした不法・不当な覚書・確認書を直ちに破棄するとともに、実際の執行内容についても根本的に是正するよう強く指導すべきであると考えるがどうか。

三 中間市の状態は、氷山の一角にすぎない。福岡県内では九十七市町村のうち七十二市町村において、同和地区に対する住宅新築資金等特別会計が設置されているが、多くの自治体で不正常な貸付けが行われ、元利償還が極端に滞つており、行橋市や甘木市等では貸付停止さえ生じている。こうした事態は福岡県のみにとどまらず、全国的にも同様の状況となつているのではないか。その運営の実態を明らかにされたい。
 もし、全国的にも、福岡県内と同様であるとすれば、これを今日まで放置した政府の責任は極めて重大であるといわざるをえない。政府は、これまで改善のためにどのような指導を行つてきたか、今後どのような改善措置を講ずるつもりであるか。

四 昭和六十一年三月六日の衆議院予算委員会第三分科会で、小沢和秋議員が、中間市の同和教育について質問を行つた。そのなかで、同市の小中学校で「狭山事件」で服役中の石川一雄を教材として取り上げ、彼が無実であると教え、年四回も再審要求のゼッケンをつけて登校するよう指導を行つていることを指摘した。これに対し海部文部大臣は「望ましいことでは決してございません」と答弁し、指導を約束したが、その後も同じ状況が続いている。どのように指導しているのか。

  右質問する。

***

 回答は以下のとおりです。
 福岡県教委は国から再三指導されてきていたのですね。

***


答弁書第一一号
内閣参質一〇八第一一号

  昭和六十二年四月七日


内閣総理大臣 中 曽 根 康 弘   

       参議院議長 藤 田 正 明 殿

参議院議員諫山博君提出違法・不公正な同和行政の是正に関する質問に対し、別紙答弁書を送付する。



-----------------------------------------------------------

   参議院議員諫山博君提出違法・不公正な同和行政の是正に関する質問に対する答弁書

一について

 御指摘の中間市監査委員の勧告に係る住宅新築資金等の貸付けについては、中間市において長期滞納者に対し割賦金の支払いを求める訴訟を提起する等の措置を講じていると聞いている。国においても、住宅新築資金等の不適正な貸付けについては、所要の是正措置を講ずるよう指導しているところである。

二について

 地方公共団体における行政の主体性の確立については、地域改善対策協議会意見具申の趣旨を踏まえ、地域改善対策特定事業に係る国の財政上の特別措置に関する法律の施行通知等をもつて地方公共団体に対し民間運動団体との適切な関係を確立する等の指導及び助言を行つたところである。

三について

 住宅新築資金等貸付事業の執行に当たつて、一部に不適正な貸付けが行われた事例が見受けられたことから、通達等をもつて関係地方公共団体に対し強く指導を行つてきたところであり、今後とも事業の適正な執行に一層努めてまいりたい。

四について

 同和教育の推進に当たつて、同和教育と政治運動や社会運動の関係を明確に区別し、教育の中立性が守られるよう福岡県教育委員会を通じて指導を行つているところであり、御指摘の事例については、漸次状況の改善が図られつつあるところである。




今回の地震で被災された新潟県・長野県北部の皆様にお見舞い申し上げます。

『正論』8月号ご注文はこちらから
ぜひ読んでね♪


 別冊正論これは必読です。

http://www.sankei.co.jp/seiron/etra/no07/ex07.html

産経IZAに「女子部」という男子禁制のコーナーが登場しました。
「イザにゃん」という猫ちゃんの写真コーナーがあります。
http://www.iza.ne.jp/jyoshi-bu/cat/index.html

↓ぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/12/26(土) 20:53:25 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/03/12(金) 15:28:07 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
福岡県中間市の部落解放同盟癒着行政に対する政府質問回答書 - なめ猫♪
2018/10/16(火) 03:26:06 | Knowyourthrush.com
なめ猫