<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 本日午後1時、自民党本部前にお集まりください
2007年09月23日 (日) | 編集 |
 昨日の新宿アルタ前は、なんと2万人もの人々が集まったそうです。それだけ麻生氏に期待する声が多いということです。

 北村弁護士も仰っておられましたが、マスコミの偏向報道にもかかわらずネットによる伝播でかなり広がってきています。

北村弁護士と西川京子代議士


http://www.sanspo.com/shakai/top/sha200709/sha2007092304.html

 今回の自民党総裁選は、今後のわが国を大きく左右しかねないものなのです。安倍政権下で封印されていた国益を害する法案が再浮上し成立する可能性が強まります。

 今朝の産経新聞に次のような記事が載っています。

http://www.sankei.co.jp/seiji/seikyoku/070922/skk070922004.htm

**

「保守」めぐり自民二分も

 安倍晋三首相の退陣を契機に、構造改革路線をめぐる政策転換の是非にとどまらず、保守勢力としての基本的立場を問われるような自民党内の路線対立が先鋭化する可能性が出てきた。

 新総裁、次期首相選出が確実視される福田康夫元官房長官は、安倍首相が掲げた「戦後レジームからの脱却」路線には否定的で、憲法改正にも慎重な姿勢を見せる。保守として推進すべき政策、路線が後退する代わりに、夫婦別姓や人権擁護法案、定住外国人への地方参政権付与といったリベラル色の強い政策や法案の実現を求める勢力が勢いづきそうな情勢にあるためだ。

 福田氏は憲法改正は党是と認めながらも「自民、公明両党だけで決めていいものか考えないといけない」との立場をとる。安倍首相が検討していた集団的自衛権の行使をめぐる憲法解釈の変更についても「憲法に抵触するかどうかを慎重に考えたほうがいい」と否定的な見解を示している。

 福田氏は安倍首相が力を入れていた教育再生にも言及せず、教育再生会議は12月の最終報告を前に頓挫しかねない。

 また、次期幹事長への就任が有力視される古賀誠元幹事長は、人権擁護法案の旗振り役で、福田氏支持派には夫婦別姓論者も多い。

 連立内で独自色を強めたい公明党は、離婚後300日以内に生まれた子が前夫の子とみなされる問題で民法改正を強く求めている。定住外国人の地方参政権付与についても「福田政権」の期間に一気に進めたい考えだ。

 これらのリベラル色の強い政策、法案は安倍首相自身が封印してきたわけだが、中川昭一前政調会長や島村宜伸元農水相ら同じスタンスをとってきた勢力の多くが、今回の総裁選では麻生太郎幹事長の支持に回った。新体制下で発言力が低下することは否めない。

 ただ、思想信条に直結しており、「足して二で割る」妥協案がとりにくいテーマだけに、リベラル色の強い政策に否定的な議員らの多くは「保守政党の看板を降ろすわけにはいかない」(中堅)と徹底して反対する構えを見せる。福田氏が独自色を示そうとこれらに着手すれば、自民党を二分する路線対立につながる可能性は高い。

**

 このような大変な事態を黙って見過ごしてよいはずありません。

 とくに最悪の思想・言論弾圧法案であり、拉致問題解決の障害になりかねない人権擁護法案が、噂される人事で推進派の古賀誠が幹事長などになれば一気に成立まで持っていかれかねません。

 喜ぶのは一体誰でしょうか?

 福田政権の次は民主党政権が実現する可能性は大なのです。

 昨日のアルタ前の演説で西川京子先生が仰っておられましたが、今回の福田擁立は、かつてマスコミが批判した森内閣を決めた「5人組」による密室談合そのものです。

 これは古い自民党体質に回帰しようということです。

 今回も古賀誠や引退したはずの野中までしゃしゃり出ています。

 なぜかマスコミはそのことを批判しようとはしません。
 昨日のTBSブロードキャスターはとくに偏向した報道でした。

 本日、午後1時前に自民党本部前に集まり、衆参両院の同党議員の先生方に声かけをして、麻生候補を応援しようとの呼びかけがなされています。

 各派閥の決起集会のあと、徒歩や車で議員の先生方は続々自民党本部に入ります。

■戸井田議員「丸坊主日記」
http://blog.goo.ne.jp/toidahimeji/e/51cef275495772ecdc75ebfe9c8c0e5b

■【総裁選】9/23自民党本部決起集会【麻生氏応援】
http://sports11.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1190419765/

■【総裁選】9/23自民党本部決起集会 part2
http://sports11.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1190512886/

 ぜひお時間のある方は、午後1時前に自民党本部前に結集し、麻生太郎候補への応援を行いましょう。

 明日放送のテレビタックルに西川京子先生がご出演されます。
 こちらも大注目です。

 23日(日)14:00には、いよいよ自民党総裁選挙の投票となっておりますが、投票が済んだ後の24日(月)テレビ朝日のTVタックルの出演が決まりました。

 番組テーマは、「2007’自民党総裁選スペシャル」
17:30~18:30収録。
21:00~21:54放送(テレビ朝日:東京10ch.)

**

『正論』8月号ご注文はこちらから
ぜひ読んでね♪
その他の本なども注文できます


 別冊正論これは必読です。

http://www.sankei.co.jp/seiron/etra/no07/ex07.html

産経IZAに「女子部」という男子禁制のコーナーが登場しました。
「イザにゃん」という猫ちゃんの写真コーナーがあります。
http://www.iza.ne.jp/jyoshi-bu/cat/index.html

↓次の首相は国家観が確かな人と思う方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
すみません、
自民党本部前に結集を呼びかけるこのエントリに気づくのが遅れて、結集の写真を掲載した次のエントリにピント外れのコメントを書いてしまいました。申し訳、ございません。ミケ
2007/09/24(月) 00:03:43 | URL | 屋根の上のミケ #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 選挙管理内閣とはいえ、福田内閣となれば、前回の自民党敗退をなんとか支えてきた「真正保守」は、自民党を懸命に応援しようとは思わないでしょう。となると、今度は、民主党「日教組」政権の誕生となります。 こうし
2007/09/23(日) 10:15:06 | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫