<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 福岡県議会に提出された支援加配教員是正の陳情
2007年09月28日 (金) | 編集 |
 昨日、福岡県議会では代表質問が行われていましたが、知人と共にそれぞれ県議会に陳情を提出しました。これは知人が出したものです。

 なお、来週月曜日、10月1日午後2時から八女市役所103号会議室で部落解放同盟筑後地区協議会、八女市連絡協議会との交渉が開催されます。

 野田国義市長は原則公開をいっておられますが、解同が同意しないということで、田中博文人権・同和対策課長が私に解放同盟へ交渉公開の申し入れ書を出してくれといってきました。

 こんなことは前代未聞の発言です。
 つまり行政には主体性もないということです。

 さらに解放同盟からの要求書も部分公開の可能性があるとか担当課職員がいっており、いまだに特定団体に屈した姿勢だということがわかります。

 小郡市のPTA会長のブログを見つけました。
 法律も制度もないのに、どこに同推とかいるのでしょうか?
http://kaityo.nozomipta.littlestar.jp/?eid=463736

小郡市 人権・同和教育関係定数署名活動(2)

本日13日(金)19時~ 人権・同和教育関係定数要求署名活動のための全体学習会を開催。 【10月20日より活動開始】
三国中学校の体育館に、たくさんの保護者(小6・中2の保護者、PTA地区委員さん、PTA役員、先生)の皆様がお集まりになって頂きました。 

学習の内容として、小郡市人権啓発センターの「古賀 淳二 先生」より講演形式で「部落差別~市民の意識調査」「これまでの要求活動の経緯や成果」などを柱にご説明を頂きました。

また、各小中学校より、同推の先生、振興加配の先生の活動内容と子ども達のかかわりについて、詳しくお話し頂きました。

このように配置された先生のことを初めて聞く保護者の方も少なくはなかったと思います。

そして、子ども達のために、毎年署名活動をして県教委などに対し、陳情していくこともご理解頂いたことと思います。

子ども達の学力保障、進路保障を親として切に願い、定数の確保のために、ご活動ならびにご協力をよろしくお願い致します。


**

文部科学省財務課指導を受けての児童・生徒支援加配教員の目的外使用是正に関する陳情


1 要旨

① 平成19年5月11日の福岡県公報第2675号に登載された住民監査請求で明らかにされた児童・生徒支援加配教員が同和教育研究団体等の事務局業務等に従事し「同和ヤミ」専従としての目的外使用になっている実態について、現在も継続されている文部科学省財務課定数企画係による指導および、今年3月28日に県教育長名で派出された指導文書に基づき、厳格に服務を監督し、勤務時間中の政治・社会運動を厳禁するよう一層の趣旨徹底を図られたい

② 一部自治体、たとえば小郡市は今年度も人権「同和」教育関係定数要望という名称で、地対財特法失効以前の旧来の同和加配(同和教育推進教員)と同じ認識で、義務教育費国庫負担金で追加配置される支援加配教員の要望を、部落解放同盟小郡市連絡協議会、福岡県教職員組合浮羽三井支部、小郡市同和教育研究協議会と小郡市教育委員会、小郡市PTA連合会、学校当局が共同して署名活動などに取り組んでいることが情報公開請求で明らかになった。我々に福岡県教育委員会教職員課市町村立学校係長および北筑後教育事務所総務課長は、公務出張扱いで児童生徒支援加配教員が「国・県の認識と明らかに異なる民間団体・組合と一体化した会合に出ることは容認できない」「出張旅費支給を行わない」と言明したが、小郡市以外にも同様の動きを続けている市町村が見られるので全県調査を行うよう文教委員会として要望されたい

③ 産経新聞社のオピニオン雑誌『正論』8月号に県内在住の男性が「福岡の教育現場を歪める同和支配」と題した論文を発表し、衝撃が全国に広がった。その媒体の性格から国会議員などはもとより読者である全国の保守層に影響を及ぼしたと思われるが、同論文を通じて従来の共産党と部落解放同盟との組織間対立抗争と括れない厳然たる事実が次々明らかにされた。同論文でも指摘されている「民間運動団体に過ぎない部落解放同盟福岡県連合会による不当な支配」を断固排除し、“教育の中立性”を確保するよう県議会として決議、意見書等を行われたい

④ 部落解放同盟(全九州集会)や福岡県人権・同和教育研究協議会総会・会議等への出張が今年度も頻繁に繰り返されている実態が、市町村教委・学校の出張命令書・出張依頼文書の情報開示によって判明した。児童生徒への教育にそれらの出張が還元されているのかどうか詳細な復命書、研修報告書を公表し、県民が学校教育活動を判断する材料として情報公開を行われたい

2 理由

 再三にわたり是正を求めてきた福岡県における児童・生徒支援加配教員の「同和ヤミ」専従としての目的外の活用は、県教委が配置している高校における修学支援加配教員と連携し、部落解放運動の一翼を担う実働部隊にされてきました。児童・生徒支援加配教員について本来の趣旨である特別な「進路指導」「学習指導」「生徒指導」と明らかに異なる嘗ての同和教育推進教員(同和加配)と同一の運用が見られます。「目的外使用」を文部科学省は平成14年4月1日の財務課長通知で厳に諌めていますが、部落解放同盟は前出の『正論』論文が発表された直後7月に機関紙「解放新聞」の論説で「同和加配と変わらない」と国の指導を頭から無視する主張を展開しています。福岡県内では、今なお児童生徒支援加配や県立高校の修学支援加配教員の配置要望にあたり、部落解放同盟の地協、支部長公印決裁や県連・地協への要請活動が慣習化している地域が、9月現在確認されただけでも小郡市や八女地区など義務制・県立高校どちらにも見られます。

 県民から負託を受けた県議会の所管委員会として、国民・県民の税金で配置された教職員を特定団体の運動に活用する行為を厳正に是正するよう県教育委員会に求めていただきたく存じます。

平成19年9月27日

福岡県議会議長              貞 末 利 光 殿


 

戸井田先生が西川先生とオフ会を企画されています。
http://blog.goo.ne.jp/toidahimeji/e/c75203a4ab12d734ad403d286352bcd0

**

『正論』8月号ご注文はこちらから
ぜひ読んでね♪
その他の本なども注文できます


 別冊正論これは必読です。

http://www.sankei.co.jp/seiron/etra/no07/ex07.html

産経IZAに「女子部」という男子禁制のコーナーが登場しました。
「イザにゃん」という猫ちゃんの写真コーナーがあります。
http://www.iza.ne.jp/jyoshi-bu/cat/index.html

↓次の首相は国家観が確かな人と思う方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
週刊新潮の記事。
管理人様こんにちは。週刊新潮の(5/15)を購読されれば分かると思いますが、兎に角あの死那畜塵どもの酷さが分かります! あの弔賤塵同様、犬や猫を平気で殺し捲り、其れを食すると言うのですから、話に成りません!(苦笑) 其れと我が県の恥晒し魔鬼子の「妄言」振りがよーく書かれています。(大笑)
2008/05/11(日) 15:37:04 | URL | 幽谷の名無し #OPX9c4nQ[ 編集]

【潰せ!】 反日サヨクが名古屋で南京虐殺記念館の資料を借り受け展示しようと画策!
http://buster21.at.webry.info/200812/article_24.html

2008/12/13(土) 02:48:21 | URL | 通りすがりの草莽人 #urZPoj9o[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫