<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 交渉は非公開ではと考えていない--部落解放同盟筑後地協委員長が表明
2007年10月01日 (月) | 編集 |
 本日、午前11時半に野田国義八女市長と応接室で面会し、すでにお送りしました緊急の申し入れ書を提出し、田中博文課長・橋爪係長も同席の上で、交渉の公開を求めました。

 野田国義市長は「公開したいと考えているが、労使交渉でも組合が認めない相手があることだから」と弱気な発言をされたので「行政の主体性」を強く求め、「八女市としては公開したい」との発言を引き出し、田中課長は「いまから申し入れがあったことを地協に伝える」と表明されました。

その後、堤人事課長、馬場係長と面会し、田中課長の「解放同盟も出してほしい」という発言は不適切だとして調査を求めました。
その際、「大阪の根屋さまからお電話がありました」と人事課長から伺いました。

午後1時半に再び市役所に行き、福岡市から来られた馬場よしひさ氏と合流し交渉会場の写真を撮影し、次々交渉会場である103号会議室にやってきた同盟のメンバーたちをチェックしていました。女性が多かったです。若い女性もいました。

交渉開催直前の103号会議室
八女市103号会議室


 会議室の前で待っていると人権・同和対策課の職員から「いま地協(部落解放同盟筑後地区協議会)と市長の協議をしているので3階の会議室で待機してください」と伝えられ、3階の301号会議室で15分ほど待っていました。

 定刻の午後2時を過ぎても連絡が来ないので、2階の市長室前に行くと副市長や教育長、なんとあの処分された係長が入っていきました。

 急いで上へあがり、馬場さんに「市長室で話し合いが行われています」と伝え、2人で隣の人権・同和対策課へ行き「いつまで待たせるのか」というと、今しばらくお待ちくださいとのことでした。

ようやく田中課長と橋爪係長が301会議室へ来て市長と地協の協議の結果を伝えてきました。

「近藤さんから提出された申し入れは解放同盟にもお見せしました」
「結論からいいますと、今回まではプライバシーなどありご遠慮いただきたい」
「しかし、森下地協委員長も、交渉を非公開でと考えておらず、公開はしていきたいと仰ってました。」
「西日本新聞からも入りたいとの要望があったので、終了後、市長と地協側で記者会見を開いてよいと考えている」
「今日の交渉内容は、公文書として公開できるようにしたい」
と伝えてきました。

部落解放同盟に「公開していきたい」といわせたのは大きな成果です。
これまでは、完全な密室協議で、要求し放題でした。

しかし、馬場氏も私もその回答に納得せず「今回まではというが、なぜできないのか」と一歩も引きませんでした。

私は「地協の森下委員長、組坂書記長から直接聞きたいからここに出てきてほしい」と求め、田中課長は「必ず伝える」といいましたが、結局出てはこられませんでした。

そのやり取りは一部録音しましたので、起こしてご紹介したいと考えています。

馬場氏と私と課長とのやり取りが長引いいたため何度も内線電話がかかってきました。
その際に「人事課長や社会教育課長を呼べ」とのやり取りがあったことを付言しておきます。

交渉は4時半ごろ終了しましたが、幹部の顔もしっかり見ました。
会場に入ろうとすると、例の係長が「入ったらいかん!、まだ書類があるけん」とまたもや声を張り上げていました。

私は無視していましたが、入室せず、様子を伺うにとどめました。

今回の成果は市民が初めて部落解放同盟との行政交渉を傍聴させろと申し入れを行い、組坂繁之本部委員長を出しており、福岡県連の有力な拠点地区である筑後地区協議会が「交渉を公開していきたい」と表明したことです。

同和は怖いというタブーを打ち破り、正常化を進める一歩になると思います。

前代未聞のことですが、この動きは他市町村へも波及させるべく、行政との力関係なども調査し、地元の方々と連携しながら推進してまいりたいと考えております。

なお、明日にはオンブズパーソンへの苦情の申し出を行い、あくまで不適切な言動だとして追及は進めたいと思っています。

**

『正論』8月号ご注文はこちらから
ぜひ読んでね♪
その他の本なども注文できます


 別冊正論これは必読です。

http://www.sankei.co.jp/seiron/etra/no07/ex07.html

産経IZAに「女子部」という男子禁制のコーナーが登場しました。
「イザにゃん」という猫ちゃんの写真コーナーがあります。
http://www.iza.ne.jp/jyoshi-bu/cat/index.html

↓次の首相は国家観が確かな人と思う方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
応援します。
勇気ある行動を応援します。タブーを恐れていてはこの国は腐るばかりになってしまいます。地元住民の応援があると良いですね。
2007/10/02(火) 18:36:34 | URL | 日本人 #-[ 編集]
> 会場に入ろうとすると、例の係長が「入ったらいかん!、まだ書類があるけん」とまたもや声を張り上げていました。

市民に対する暴言といい、この職員の横柄さには腹が立ちますね。
この職員にそんな権限があるのでしょうか?
課も違うのに、この職員が干渉してくる理由が分かりませんね。

大体、市職員が制止して来るなど「市が市民に見せられない取引」をしていると言っているようなものです。
2007/10/02(火) 18:44:57 | URL | とんぼ #uKmze7Es[ 編集]
公開できない過去の「協議」
なめ猫♪さん、こんにちは。直接メールでいただいている情報も含め、いつもありがとうございます。また、意味のある実際の活動、本当にお疲れ様です。

協議内容を公開するということになれば、部落開放同盟も行政側も「公開用の芝居のシナリオ」を作らなくてはならなくなるので、シナリオを準備していない「今回」は公開できないということでしょう。当然、過去についてもそうですね。

差別をなくそうということで「良いこと」をしているのであれば、公開したほうが解放同盟の世間的な印象も、暴力団のようなイメージから真っ当な市民団体へと変わるので、解放同盟が本来真っ当な市民団体であれば、過去も含めて公開するはずです。

それが公開できないのは、公開すると解放同盟にとって都合が悪い内容があるからと判断されても文句は言えないでしょう。



2007/10/03(水) 15:46:23 | URL | ナルト #v9aamH/k[ 編集]
 ランキングクリックしておきました!
毎日楽しく拝見させていただいております。 私のブログはまだまだですが頑張っておりますので気が向いた時にでも覗いてください
2007/10/03(水) 16:59:58 | URL | 世界一の不動産王 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
事実にもとづく断固たる反駁を! 英版「反撃ブログ」を更新 特定国のプロパガンダに徹底反駁  英版ブログのアップを更新した。英版ブログは他に AFP, Googleに展開し、計3ヶ所に増設。さらに拡大を進めている。
2007/10/02(火) 21:33:24 | 博士の独り言
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫