<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 虐殺認定の決議案にトルコ政府、駐米大使を召還
2007年10月13日 (土) | 編集 |
 昨日の時事通信配信で虐殺認定の決議案にトルコ政府が抗議し、駐米大使を引き上げたというニュースがありました。

 従軍慰安婦決議でもこういう対応をとってもよかったと思うのですが・・・

 ところで人気ブログランキングで登録が消えていました。
 これはいったい・・・・

 と思ったら復活してました・・・
  う~んなんでしょうね

 http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2007101200119
 
 トルコ政府は11日、米下院外交委員会が第1次大戦中にオスマン・トルコ帝国がアルメニア人を大量虐殺したと認定する決議案を承認した問題を受け、駐米大使を召還した。トルコ側は「今後の対応を協議するため」と説明しているが、米側に強い抗議の意を示す狙いとみられる。

 トルコのアナトリア通信によると、エルドアン首相は記者団に対し、同決議が承認されたことについて「将来にとって、非常に残念なことだ」と指摘。

 今後の対応については明言を避けつつも、「われわれの闘争は続く」と述べた。

 一方、トルコの東側に隣接するアルメニアは同委の決議案承認について「正義を獲得するための重要なステップだ」と称賛した。決議案承認は、トルコとアルメニアにとって最も敏感な問題を刺激した形だ。

スレッドご注文はこちらから
ぜひ読んでね♪
その他の本なども注文できます

 
 別冊正論これは必読です。

http://www.sankei.co.jp/seiron/etra/no07/ex07.html

産経IZAに「女子部」という男子禁制のコーナーが登場しました。
「イザにゃん」という猫ちゃんの写真コーナーがあります。
http://www.iza.ne.jp/jyoshi-bu/cat/index.html

↓次の首相は国家観が確かな人と思う方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
米国っていったい何者?
何でこんなクソ決議をするのか?
国際法を一番踏みにじっているのは米国でしょう。
と言って、我が国は特定アジアに囲まれている現在、米国の方がまだマシといえます。
やはり自主防衛・核武装が必要です。
2007/10/13(土) 16:56:54 | URL | ヨシ #9DD8ZWDM[ 編集]
「お前が言うな」としか言いようがないですね。

アメリカの大虐殺は綺麗な大虐殺とでも言うつもりでしょうか。
痛快なほどに図々しい、恥知らずの神経の民族です。
2007/10/13(土) 21:55:05 | URL | ロデオ #-[ 編集]
「日本の時も、なんでもなかった」って言われてましたね。
結果として、こんなとこにも迷惑をかけてしまった訳です。
日本の煮え切らない態度は。
2007/10/14(日) 01:06:25 | URL | Γ8 #rHUGs/S.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫