<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 大阪市は部落解放同盟との癒着を絶てるか
2007年10月13日 (土) | 編集 |
 昨年、大阪市は飛鳥会事件など同和利権や公務員労組のヤミ専従が次々噴出しましたが、自治労や解放同盟との関係をどう見直していくか、注目されるところです。

http://sankei.jp.msn.com/politics/local/071012/lcl0710121054000-n1.htm

**

【混沌 大阪市長選】(下)民主、「独自候補」へ説得
10月12日16時41分配信 産経新聞


 「関市長はがんばってこられ、実績も上げられたと思う。しかし、採用凍結などが続き、市で働いている人の元気がなくなっていると聞いている。視点を変えないと大阪は変わらないのではないでしょうか」

 12日朝、毎日放送(MBS)の役員室長、平松邦夫氏(58)は、元アナウンサーの落ち着いた口調でそう語ると「正式に決意するまでには、まだ時間がほしい」といいながら、市政にかける意気込みを語った。

 民主府連からの出馬要請を、準備期間が短すぎるとして、いったん断っていたが、「府連からの粘り強い説得に熱意を感じた」という。

 民主にとって今回の選挙は、今年7月の参院選で、民主が歴史的な躍進を果たした流れを受け、民主府連代表の平野博文衆院議員(58)が8月、大阪市長選で独自候補擁立方針を掲げたことから始まっている。前回の出直し市長選で自主投票になった苦い経験から、今回は「不戦敗はない」と、府連幹部は繰り返し強調してきた。

 しかし、状況は単純ではなかった。党内は、立場や支持母体によってバラバラという実情があるからだ。市議会をみても民主会派20人のうち、旧民社系が8人、市労連系が7人、解放同盟系が4人、無所属が1人。前回選挙で、「自・公以上に関氏の選挙に与党的な役割を果たした」(自民市議)とされる旧民社系市議と、職員厚遇問題の処理や同和行政の見直しのなかで、市側と法廷や交渉で対峙(たいじ)するようになった市労連、解放同盟を支持母体とする市議とでは、関氏に対する姿勢は、大きく異なる。

 しかし、議会内でも中途半端な半与党の立場を強いられたことから、旧民社系の市議からも「関さんとの距離は選挙が近づくほど広がっている。難しい政治判断を迫られることになるだろう」との声が上がるようになっていた。党内では、「全国的に民主が躍進するなかで、独自候補の擁立に反対するようなら、そもそも民主を割って出ていくのが筋だ」という主戦論が強まっていた。

 選挙戦が迫るなか、平松氏の知名度と、報道アナウンサー出身という経歴は、職員厚遇問題や、同和行政をめぐる不祥事などで、市労連や解放同盟といった支持母体が強い批判を受けてきた民主にとって「選挙をきっかけにイメージを変えることができるかもしれない」(党関係者)と映った。

 平松氏は、これらの民主の支持母体である各団体との関係について、選挙になれば必ず問われることになると認めた上で、「正式に立候補を発表する際には、どのような立場を取っていくのか明確にしたい」と述べた。

 市幹部は「関市長の突然の辞職から、再選まで、どたばたの中で終わった前回の出直し選挙とは違い、今回こそオール与党体制が崩れた中で行われる初めての市長選といっていい。今回の選挙で、政党や団体がどう動くのか、それが、今後4年間の市政や、これからの市長の作られ方を占うことになる」と話した。

スレッドご注文はこちらから
ぜひ読んでね♪
その他の本なども注文できます

 
 別冊正論これは必読です。

http://www.sankei.co.jp/seiron/etra/no07/ex07.html

産経IZAに「女子部」という男子禁制のコーナーが登場しました。
「イザにゃん」という猫ちゃんの写真コーナーがあります。
http://www.iza.ne.jp/jyoshi-bu/cat/index.html

↓次の首相は国家観が確かな人と思う方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/10/15(月) 18:34:52 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
藤田氏の台湾国防展覧会(TADTE 2007 show)レポートを転送します。2007年台北國際航太科技暨國防工業展覧會去る8月16日から19日まで、台北世界貿易センターに於いて「2007 Taipei Aerospace & Defense Technolo
2007/10/14(日) 07:52:06 | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫