<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 道徳の教科化反対はためにする議論
2007年10月16日 (火) | 編集 |
 今朝の産経新聞で中教審の道徳教育についての部会の模様を伝えていました。

 反対派が「全教科全領域」云々いうのは、教科化されると今までのように道徳を人権にすり替えることができなくなるからです。

 西日本などは同和教育を基盤においた人権教育などとして貴重な道徳の時間が反体制の人権教育に利用されています。

**

道徳教科化は「有力な選択肢」 中教審専門部会

 学習指導要領の改定作業を進めている中央教育審議会は15日、専門部会で道徳活動の充実について議論し、教育再生会議が提案した「教科化」について「一つの有力な選択肢」とする方向で合意した。学習指導要領全体に関する中間報告に盛り込み、教育課程全体を議論する親部会で引き続き検討する。
 審議のなかで、主査の本田和子・前お茶の水女子大学長は「(専門部会で)拙速に結論は出さない。教科にした途端に子供の心が豊かになるわけではないが、何が欠けているかを考えて(授業)時間を確保しないといけない。これ以上削られないよう原則を持つことは必要だ」と述べた。
 政府の教育再生会議では6月の第2次報告で、「徳育」と改称して特別な教科を新設するよう提言。これまでの中教審では、賛成派から教材確保や記述評価、専門教諭育成を求める声が上がる一方、反対派からは「全教科を通じて教えることが大切だ」などと異論が出ていた。

スレッドご注文はこちらから
ぜひ読んでね♪
その他の本なども注文できます

 
 別冊正論これは必読です。

http://www.sankei.co.jp/seiron/etra/no07/ex07.html

産経IZAに「女子部」という男子禁制のコーナーが登場しました。
「イザにゃん」という猫ちゃんの写真コーナーがあります。
http://www.iza.ne.jp/jyoshi-bu/cat/index.html

↓次の首相は国家観が確かな人と思う方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫