<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 自治労が八女市長・教育長と取り交わした確認書は管理運営事項への介入
2007年10月24日 (水) | 編集 |
 驚くべき確認書が福岡県八女市で市長・教育長と自治労八女市職員労働組合との間に取り交わされています。

 労使交渉というが、公務員は労働基本権が制約されていることは教科書にも書いてある。

 従来の労使慣行とは何を意味するのか? 

 副市長着任団交とは何事か。

 市民は職員組合に市制を委任しているわけではない。地方公務員法で書面での協定締結は認められているが、管理運営事項への介入は排除されている。

 現業職員の給与実態、勤務実態についても厳しい監視が必要です。

 この確認書については、徹底追及をはじめたいと考えています。

 それから、民主党比例、自治労出身の参議院議員のブログに八女市役所で組合員に挨拶している写真をみつけました。

http://210.170.58.152/blog/index.php?y=2007&m=4

 200人も集まったとか、これは同和利権とあわせてビラで市民に知らせる必要がありますね。

 新風の瀬戸ひろゆき氏のブログ「反日議員を落選させる会」で私が発信した八女市に関するメールが紹介されました。
http://blog.livedoor.jp/hanrakukai/archives/328827.html

■八女市と自治労八女市職員労働組合の協議内容
http://www.city.yame.fukuoka.jp/sisei_gyousei/kumiaikousyou/kekka1710.html

** 


確 認 書
2007年5月8日の副市長着任団交について、下記のとおり確認する。




1 従来の労使慣行について、尊重する。

2 現在までに労使双方で確認している事項については尊重する。

3 地方自治の確立に努め、併せて施策及び事業の決定については、よく職員の意見を聞き市長に具申する。


2007年5月8日

八女副市長 井 上 穂 積

自治労八女市職員労働組合
執行委員長 山 口 幸 彦

自治労八女市現業評議会
議 長   川 嶋   昇

**

確 認 書
2007夏季闘争等について団体交渉を行なった結果、下記のとおり労使了解点に達したので確認する。



Ⅰ 人員確保について

 1 採用試験は、県下統一採用試験後期(試験日10月14日)により実施する。

 2 採用試験の職種及び受験資格については次のとおりとする。
1)一般事務職 大学卒業程度(22歳以上)
2)一般事務職 高校卒業程度(18歳以上)
3)建築技術職 高校卒業程度

3 2008年4月の配置人員及び採用人員については、市民サービスの低下を招かないよう、機構改革研究委員会、所属長ヒアリング、労使協議を踏まえ、職場の事務事業に見合った配置人員並びに採用人員を決定する。

 4 労働安全衛生委員会設置に向け「八女市職員安全衛生管理規則」を制定し、職場環境の改善に向けて労使で研究する。

 5 職場環境の改善に向け、時間外勤務の実態把握と検証、所属長ヒアリング等により改善策の検討・研究を行なう。

 6 病気・療養休暇から円滑に職務へ復帰するため、療養の一環として職場に適応する訓練等を含めた「八女市職場適応訓練要綱」を策定する。


Ⅱ 男女平等社会の実現に向けた環境整備について

 1 特定事業主行動計画の充実改善、職場の男女平等の実現に向け、他市の状況等も調査・研究し、引き続き労使協議を行う。

 2 職場における男女の職員配置割合については、男女平等の原則を踏まえ、職場実態を考慮し、できる限り偏らない方向で検討する。



2007年7月19日


八女市長  野 田 国 義


八女市教育委員会
教 育 長  中 島 清 志


自治労八女市職員労働組合
執行委員長  山 口 幸 彦


自治労八女市現業評議会
議   長  川 嶋   昇

スレッドご注文はこちらから
ぜひ読んでね♪
その他の本なども注文できます

 
 別冊正論これは必読です。

http://www.sankei.co.jp/seiron/etra/no07/ex07.html

産経IZAに「女子部」という男子禁制のコーナーが登場しました。
「イザにゃん」という猫ちゃんの写真コーナーがあります。
http://www.iza.ne.jp/jyoshi-bu/cat/index.html

↓次の首相は国家観が確かな人と思う方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
市営バス(札幌市交通局)が赤字垂れ流し(結果、地下鉄市電に縮小)なのは、収益状況に合わせた給与体系構築に自治労の塵がうごいたのでは?と考えるこの頃。
2007/10/25(木) 01:09:22 | URL | 特亜消尽 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 古くから熱心な創価学会(公明党) 各党有力議員 11・7決起大会に期待  「永住外国人に地方参政権を! 11・7全国決起大会」まであと2週間。民団は01年6月以来6年半ぶりの大規模行動に向け、参政権推進委員会を中心に各政党や国会
2007/10/25(木) 07:37:38 | 博士の独り言
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫