<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 鳩山法務大臣人権擁護法案再提出を選挙の材料にする気か?
2007年10月29日 (月) | 編集 |
 これは絶対に容認できない動きです。鳩山大臣が言う人権擁護法案を通せば選挙にも有利というのは、部落解放同盟と創価学会を念頭に置いた発言であると思われます。

 人権擁護法案反対の運動を展開してきた者としては、今後の動きを慎重に見極めなければいけませんが、久留米の事務所に意見書を届けるなど動く必要が出てくるかもしれません。

**

人権擁護法案提出の動き再燃 法相が強い意欲

 過去に自民党内の反対を受けて頓挫した人権擁護法案を、来年の通常国会に提出しようとする動きが政府・与党内で再燃している。鳩山邦夫法相が国会答弁で再提出への強い意欲を表明したためだ。しかし、2年前には人権侵害の定義があいまいなどの理由で自民党内の保守勢力が反発し、党を二分する騒動に発展した経緯があるだけに、すんなりと再提出できるかどうかは微妙だ。

 鳩山法相は24日の衆院法務委員会で「さまざまな問題点をクリアできる方法を考え、人権擁護法案は国会に再提出したいと考えている。日本に人権擁護法案がないというのは実に情けないことではないか」と答弁した。

 鳩山氏は19日の同委員会では「国会への再提出を目指すべきだが、与党内にもさまざまな議論があることから、真摯(しんし)に検討を進める」と述べるにとどまっていただけに、一歩踏み込んだ格好だ。

 鳩山氏は周辺に「自民党が人権擁護法案を通せば、選挙にも有利だ」と漏らしているという。これに連動するかのように「自民党内の人権擁護法推進派が水面下で再提出へと動き出している」と同党関係者は指摘する。

 鳩山氏が描く具体的な議論再開の時期や法案の修正内容は不透明だが、鳩山氏の「意欲」に対し自民党内では「新たな人権侵害を生む可能性をはらんだ法案には賛成できない」(中堅)と早くも警戒感が広がっている。

 政府は平成14年3月、出生や国籍などを理由にした差別や人権侵害の防止と救済を目的に人権擁護法案を国会に提出した。だが、メディア規制も対象にしていることから自民党の保守派勢力などから反発が沸騰したため、15年10月の衆院解散に伴って廃案となった。

 17年には、自民党の現選挙対策委員長を座長とする与党の「人権問題等に関する懇話会」が中心となって修正案を提示したが、法務省の外局に新設する人権擁護委員会に令状なしの強大な調査権を与えることへの批判は収まらず、提出を断念している。

 与党懇は昨年8月にも、あいまいとなってい人権侵害の定義に「違法性」を加える修正を検討した。しかし、9月に法案反対派の安倍晋三前首相が政権トップの座に就くと、党内には前首相の思いを忖度(そんたく)する空気が強まり、法案を議論する党人権問題等調査会の会長ポスト自体が空席となった。調査会は現在も活動を停止している。

 ところが、福田政権が発足してから事態は急展開。党役員には推進派の古賀氏と二階俊博総務会長が名を連ね、逆に反対派の中川昭一氏が政調会長を退任した。反対派の議員連盟「真の人権擁護を考える会」を結成した平沼赳夫元経済産業相は郵政民営化反対で党を離れたままとなっている。

 もっとも、自民党内には、「法案再提出の動きが、退潮著しい保守勢力の結集のきっかけになりうる」(若手)との見方もあるだけに、展開次第では再び自民党内が混乱に陥る可能性もある。

ご皇室について理解を深められます
ぜひ読んでね♪
その他の本なども注文できます
 
 
別冊正論これは必読です。
http://www.sankei.co.jp/seiron/etra/no07/ex07.html

産経IZAに「女子部」という男子禁制のコーナーが登場しました。
「イザにゃん」という猫ちゃんの写真コーナーがあります。
http://www.iza.ne.jp/jyoshi-bu/cat/index.html

↓人権擁護法案絶対反対の方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
いつ日本に牙を剥くかわからない民族に、安易に日本の権利を与えてはならない。
2007/10/29(月) 10:28:09 | URL | 危機!日本包囲網 #-[ 編集]
英国には人権法というのがあるが、これが悪用されて人々の自由をどんどん束縛するようになっているのだそうだ。これはもともと少数民族が差別を受けないようにと設けられた法律だが、アメリカのアファーマティブアクションと同じで時がすぎるにつて、少数派が裁判所を使って一般民衆の道徳観を攻撃する道具となってしまったようだ。たとえばテロリストの容疑者が人種差別をしたと訴えて警察の捜査が邪魔されたり、違法移民が人種差別を言い訳に国外追放を免れたりと、国の安全にかかわることですら人権法が人々の前に立ちふさがっているのだ。

http://biglizards.net/strawberryblog/archives/2007/10/post_584.html
2007/10/29(月) 16:31:21 | URL | ASDF #L9s05DP.[ 編集]
断固反対を!
http://blog.goo.ne.jp/toidahimeji/
戸井田とおる議員のブログです。鳩山氏も戸井田氏も麻生派の議員です。誤解もあるような感じですが、戸井田議員自身は反対派です。
2007/10/30(火) 07:07:18 | URL | 日本人 #sSHoJftA[ 編集]
なめ猫さん、昨日の奉迎お疲れ様でした。
今回は前回と違い、状況が厳しいですが断固阻止しましょう。
2007/10/30(火) 09:00:21 | URL | レッテンリッター #-[ 編集]
差別撤廃などとほざくヤカラは、とどのつまり全人類を役立たずで貧乏にすることということは中川八洋氏が不朽の名著「政党の哲学異端の思想」(徳間書店/平成八年)から窺い知ることが出来る。だから金持ちは差別者と決め付けられ鳩山御殿は焦土にされるという想像力がないのかいな?それともエミリー夫人が合いの子ゆえに何か・・・いややめとこ。
上記か下記かのURLから推進派のどす黒いドグマが見て取れるかも。家制度にやけに反対してるが、占領憲法24条の「婚姻は両性の合意のみに基づく」の「のみ」の部分をシロタ何某に入れさせたのが松本治一郎だ。その結果SEXや出産を排泄と同一視する手合いが増え、畠●×香を生み出したと断言してよろしかろう。
2007/10/30(火) 18:43:35 | URL | 傑顎斎 #-[ 編集]
傑顎斎 さん、

だが断る。

それに、「人権侵害救済法」じゃなくて「人権ヤクザ救済法」が正しい表現ですな。

ところで、釣れますか?
2007/10/31(水) 01:53:19 | URL | Inetgate #YqzQT8Bs[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
『人権擁護法案提出の動き再燃 法相が強い意欲』(産経) また亡霊が出てきました。
2007/10/30(火) 06:45:16 | 家族がいちばん
人権擁護法案提出の動き再燃 法相が強い意欲(産経新聞 10/28) 過去に自民党内の反対を受けて頓挫した人権擁護法案を、来年の通常国会に提出しようとする動きが政府・与党内で再燃している。鳩山邦夫法相が国会答弁で再提出への強
2007/10/30(火) 08:01:47 | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫