<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 国連を利用した左翼人権派の宣伝工作を税金で行う福岡県教育委員会
2007年11月08日 (木) | 編集 |
 昨日、久留米市教育委員会の窓口で福岡県教育委員会の「人権教育は今」という年数回発行されているフルカラーのパンフレットをもらって来ました。

 このパンフは県教委人権同和教育課の編集で、同課の啓発班という部署が編集に携わっています。

 福岡県教育委員会の公刊物ですから、税金で作成されているものです。ところが、驚くべきことに子どもの権利条約ネットワーク副代表という肩書きを持つ山梨学院大学教授の荒巻重人氏の「提言」とやらを掲載しています。

 内容も人権イデオロギーそのままで、国連の勧告に従えという趣旨の発言まで紹介されていました。

 “差別の現実に学ぶことが必要”だと、結局、解放同盟などの主張に与するものでしかありません。

 スキャナで取り込んで画像をアップしたのでご覧いただきたい。

人権教育は今③(福岡県教育委員会発行)


人権教育は今②(福岡県教育委員会発行)


人権教育は今①(福岡県教育委員会発行)


人権教育は今④(福岡県教育委員会発行)


 この荒巻氏の講演は、福岡県社会人権・同和教育担当者協議会研修会の講演録を県教委が荒巻氏の了承を得て要約して掲載しているとのことであるが、子どもの権利という概念を教育現場に持ち込んだことが、どれだけ害悪をもたらしているか、これを紹介した人権・同和教育課はまったくわかっていない。

 むしろ、積極的にこのような思想をばら撒こうという意図すら見える。

 教育の中立性を守るという人権・同和教育課の通達はこういうのを出したというポーズだけで、本心は教育を左傾化させたい勢力の手先として教育・啓発と称して策動を続けているといって間違いない。

 福岡県の公立高校を中心に2千名を超える教職員が加入している福岡教育連盟は前身の新高教組の時代から、この子どもの権利条約推進派のイデオロギーについては警鐘を鳴らしておられますが、昨年も創志塾セミナーで日本政策研究センターの伊藤哲夫所長をお招きして研修を行っています。

 最近発刊された日本政策研究センターのブックレット「危ない条例」には荒巻氏のことも登場します。

 問題は職員団体である教育連盟としてこのような県教委の動きをどう思われるであろうか?ここで連盟の正常化に対する本気度が問われると思います。

 いずれにせよ一方的な考えで公金を使い左翼思想をばら撒くという行為は許しがたい行為であり、これまで議会にも陳情し、県教委には強く要望していた内容は無視され偏向思想を喧伝している共同不法行為と解釈します。

 すでにこの件は家族の絆を守る会の顧問である自民党国会議員も含め全国の保守派に全国発信しましたが、徹底的に糾弾していきます。

 参考までに現在、埼玉県教育委員長で明星大学の高橋史朗教授の産経新聞「正論」欄に執筆されたこの問題に対する見解を紹介しておきたい。

 皆様からも福岡県教育委員会に抗議していただきたいと思います。
 人権同和教育課だけに留まらず、教育長の責任問題だと思います。

●福岡県教育委員会(電話を直接かけて意見をお願いします)
  
森山良一教育長

総務課教育長秘書室
電 話092-643-3850
ksomu3@pref.fukuoka.lg.jp

教育振興部 人権・同和教育課

電 話 092-643-3915(直通)
FAX 092-643-3919(直通)
メール kdowa@pref.fukuoka.lg.jp (課専用)

**

平成16年12月05日(日) 産経新聞  明星大教授・高橋史朗

 3月に議員立法として参議院に提出された青少年健全育成基本法案が民主党の反対によって臨時国会での委員長提案に至らず、来年の通常国会に持ち越された。

 11月5日に開催された民主党『次の内閣』子ども政策調査会・内閣部会合同会議のヒアリングで坪井節子弁護士は、本来「子どもの権利基本法」として提起すべきであるが、「修正私案」として法案名は「青少年成長発達支援基本法」に改め、法案の全文中「健全育成」とあるのはすべて「成長発達支援」に修正するよう求めている。

 同弁護士が所属する日本弁護士連合会の「青少年健全育成基本法案」に対する意見書によれば、「基本理念は、国家社会の発展ではなく子どもの権利保障でなければならず、子どもの成長発達権と子どもの最善の利益を基本理念とする基本法こそが制定されるべきである」と述べている。

 筆者は旧自治省委嘱の青少年健全育成調査研究委員会の座長として、次代を担う青少年について考える有識者会議と青少年問題審議会の基本認識を踏まえて、平成13年に報告書をまとめて提出した。

 同有識者会議は「地獄への道は『善意』で敷き詰められている」として、誤った子供中心主義に基づく「教育的配慮」が問題を放置し増幅させていると指摘している。

 また、同審議会も「『人権』を主張する中で、社会全体の利益を省みない行動が見られる」として、人権と公共の福祉、権利と責任の関係を見直すよう求めている。

 米のブッシュ元大統領は1990年に『米2000教育戦略』を発表、教育荒廃の原因は子供中心主義の教育理念にあると指摘。仏のミッテラン元大統領も「子供中心主義による教育が共同的記憶を喪失させ、わが国に損失をもたらす」と教育荒廃を総括した。

 また、英のサッチャー元首相は「子供中心主義とマルクス主義が教育荒廃の原因だ」と明言し、教育現場を厳しくチェックする「教育水準局」を新設し、偏向教育が是正され、学力も大きく向上した。

 子供の権利には「保護を受ける権利」と「オートノミー(自立)の権利」があるが、後者が一人歩きすると家族と学校の秩序の解体化につながるとの懸念から、独政府は前者に限定した「覚書」と解釈宣言を付して児童の権利条約を批准した。米政府が同条約を批准しないのも、同条約は家族の権利を侵害し親の権威を損なうなどの強い反対論があるためである。

 法の論理に偏重した「人権万能主義」を排し、子供の発達段階を踏まえた教育の本質論に立脚した論議が必要である。目先の利益を保証することが児童の最善の利益になるのではない。他人の利益や公共の福祉と合致する「人権の共存」を調和的に達成することが重要である。

 誤った子供中心主義に基づく「自己決定権」などの「自立の権利」に偏った「子ども権利条例」を制定する地方自治体の動きが広がっているが、前述した国内論議と欧米の教訓を踏まえた「青少年健全育成基本法」を一刻も早く制定し、そのような動きに一定の歯止めをかける必要がある。

**

人権擁護法案について理解を深められます
ぜひ読んでね♪
その他の本なども注文できます

  
別冊正論これは必読です。
http://www.sankei.co.jp/seiron/etra/no07/ex07.html

産経IZAに「女子部」という男子禁制のコーナーが登場しました。
「イザにゃん」という猫ちゃんの写真コーナーがあります。
http://www.iza.ne.jp/jyoshi-bu/cat/index.html

↓人権擁護法案絶対反対の方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
ネット上に多種多様なブログがあって
そこで個々人の政治的主張を述べられるのは人権が保障されていることにほかなりませんよね。しかし、ブログでコメントを求める以上様々な反応、反対意見があってもこれまた当然ですよね。昨夜、正直な疑問を書き込みさせていただいたら、なぜか私のIPがネット上に晒されています。私の書き込みは誹謗中傷ではなく、正直な疑問でした。別にIPを晒されてもやましいことはないので、困りはしませんが、あなたの行為は破廉恥極まりない行為だと思います。ブログを散見させていただきますと、子育てにおいては「道徳教育の必要性」を説いてみたり、人権擁護法案に関しては思想信条の自由や表現の自由を論拠にしての反対意見が多いように理解させていただいています。そのあなたが、ブログを読んでの正直な疑問を抱いた人間に対して、このような良識のない行為をされることは、あなたの人間性の問題とはいえ、ネットで発言する資格さえ危ぶまれることではありませんか?
 なお、昨夜、書き込みをさせていただいたあとにとある掲示板に私の書き込みに対する内容かと思われる嫌がらせ的な書き込みがありましたので、迷惑かと思い昨日の書き込みは削除させていただいておりました。
 そのような経緯の中で、本日、来訪させていただいたら、私のIPがさらされてりましたので、反論の自由くらいはお認めだろうと思い、長文になりましたが、書かせていただいております。
 なお、昨夜の私の疑問は、「子どもの権利条約」は日本政府の責任にいて批准されたものであり、「子どもの権利条約」に関しては、外務省および文科省は、その条約に記された内容については、啓発する義務があり、また子どもの権利については、権利確立のための施策を講じる責任があるのではないかということです。そのことを、県教委が県教委発行のパンフ等において掲載することは当然のことではないかという疑問です。政府が批准し、国の施策、県の施策として推進されていることに教育連盟なる職員団体が公に反対することの方が、「偏向」と呼べるのではないかと、言葉足らずではありましたが、疑問を述べさせていただきました。
 本日のブログでは、より一層語気を荒げ、教育長の画像までおそらく許可もなく貼り付けておられますが、自分の考えとは異なる意見はすべて「偏向」で、自分の意見と異なれば、ネット上で煽り行為を行うというのはいかがなものかと考えます。
 おそらく、私の疑問に対して、また様々な誹謗中傷があり、嫌がらせがあるかと思いますが、ネット上でのマナーを守りつつ、言論の自由をまもっていきたいと考えるものとして、あえて意見を述べさせていただきます。
※NHKも取材の関係でブログをのぞいてもよいではありませんか?それも、許せないことですか?
2007/11/10(土) 13:48:08 | URL | 正直な疑問 #HfMzn2gY[ 編集]
はじめまして
言論の自由は認めますが、うちのブログは他より寛容です。
コメントを見てもらえばよいことですが、反対意見も尊重しています。
左翼ブログや日本テレビ関係の七尾とかいうキャスターは、容赦なく抹消、記事まで消されていたこともあります。
2ちゃんねるなどで嫌がらせが相次ぐので自衛手段を講じるために管理権の行使としてやっていることです。

改めて取り上げさせていただきますが、行政の啓発がイデオロギーに偏るようにと政府・外務省は見解を出していたとは理解していませんが、その辺はどうでしょうか?
2007/11/10(土) 13:59:54 | URL | なめ猫♪ #TAZSivxg[ 編集]
朝から失礼します。
失礼ついでに再度書かせていただきます。
私が述べたのは、他のブログの対応との比較ではありません。他のブログでもやっているからというようなお考えだということですので、何を言っても無駄だということは分かりました。
しかし、ブログに対する素朴な質問者のIPを平気で晒すという行為は、寛容という言葉とはまったく正反対の行為であると私は、考えます。さらに、その反論にこの場とはまったく関係ない第3者の名前まであげるのは、日本人が大切にしてきた道徳観に照らして、恥ずべきことだと考えます。
 さらに、本論ですが、イデオロギー云々はあなたの主観でしかないのではありませんか?啓発紙を読んだわけではありませんので断定はできませんが、あなたが攻撃しておられる大学教授は、政治的な党派性によって論を展開していらっしゃるようでもありませんし、例えばアルカイダに友人がいるというような反社会的な活動をしていらっしゃる方でもないのではありませんか?前述しましたように、政府が批准した条約の啓発に関した提言をなされている、ただそれだけなのでしょう?そのことを意でイデオロギーに偏るというのなら、我が国には言論の自由はないように思われます。あなたが、子どもの権利条約に執拗に反対なさるのは、左翼思想だとか、マルクス主義だからというような非常に偏狭なとらえ方をしていることに起因しているように思われます。世界のほとんどの国家で批准されている条約でもありますし、なにより「いじめ」「虐待」「性暴力」等で、子どもの権利が十分に守られていない我が国の現状で、子どもの権利を保護することは急務ではありませんか?あなたも「いじめ」に対しては、行政や学校に対して、過激な批判を展開されているようですが、そのためにも子どもの権利は尊重すべきかと考えます。長文にて失礼します。
 お気にさわりましたら、IPをさらすよりも削除されたほうが気が楽ですので、念のため。
2007/11/11(日) 07:33:23 | URL | 正直な疑問 #HfMzn2gY[ 編集]
正直な疑問 さん、

悪いんだけど、あなたの疑問を3行でまとめてくれる?
第三者の目で見て、あなたのコメントの方が嫌がらせに見えます。
2007/11/11(日) 12:51:59 | URL | Inetgate #YqzQT8Bs[ 編集]
先ほど仕事より帰りました。あなたの反論を楽しみにしておりましたが、どうやら完全に無視されたようですね。
せっかくブログを立ち上げて、私どもには到底まねできないような時間と労力をかけて意見を発信されてられるので、私のような一般人の相手をする価値はないということなのでしょうか?それならば、どうして疑問を書き込んだだけで全国に向けて私のIPを晒すような行為をされるのか、未だ納得できません。あなたに対して嫌がらせ(どんな嫌がらせなのかあなたのブログからは理解できませんが)があったとしても、そのためにどうして私のIPが晒されるのか、ぜひ説明を伺いたかった。他のブログはもっと酷いからというあなたの主張は、私たちの営む社会では相手にされない理屈です。
 私のコメントを嫌がらせだとおっしゃるようなあなたの支持者もお見えですが、あなたもその方と同じような考えなのでしょうか?ヒステリックに己の考えのみを正当化してばかりでは、社会の理解は得られないと私は考えます。
 それでは、私への回答はなさらないということがあなたの回答だと理解して、コメントを終えます。
2007/11/12(月) 22:12:53 | URL | 正直な疑問 #HfMzn2gY[ 編集]
正直な疑問 さん、

わめいたあげく逃亡ですか?
あなたのコメントが無視されるのはあなたに原因があることをよく考えましょう。
# 考える頭あるよね?

それと、ブログなんて簡単に建てることができるのだから(「無料」「ブログ」で検索してみましょう)、あなたの主張を展開してみたら?
2007/11/13(火) 02:07:06 | URL | Inetgate #YqzQT8Bs[ 編集]
工作員ヘの伝言
正直な疑問というなの工作員へ
君ら卑怯組(日教組)、外道『部落解放同盟(解同)』はここを監視、や2ちゃんねるでなめ猫君のプライバシイーを書き込み、粘着、誹謗中傷などの精神的な攻撃をしているではないか。
これらは下手をすれば彼の生活を脅かしかねない事である。
つまり君ら工作員は犯罪行為を行っているのである。
なめ猫さんが貴様らのIPをさらすのも貴様らの犯罪行為に対する警告である。
IPをさらされるのがイヤならここや2ちゃんねるでやっている事を今すぐやめられよ。
2007/11/13(火) 06:42:09 | URL | レッテンリッター #-[ 編集]
教育をの基本は家庭です
ニック・ロックフェラーは
「全住民にマイクロチップを埋め込むのが最終目標だ」
と言っ た
<アレックス・ジョーンズ インタビュー>
プリズン・プラネット
2007年1月29日(月)アロン・ルーソ
彼の家で彼が語ったことのひとつは、「ウーマン・リブは何だったと思う?」って。「女性は働いて男性と同等の給料を得る権利があると思うし、..」と言ったら笑い出して「お前はバカだな」と。「あれが何だったのか教えてやろう。俺たちロックフェラーが資金を出したんだよ。俺たちがウーマン・リブを後押ししたんだ。俺たちロックフェラー財団が全部の新聞やTVで取り上げたんだ」と。
「どうしてか知りたいか? 主な理由はふたつ。ひとつは、ウーマン・リブ以前は人口の半分に課税できなかった。ふたつ目 は、(母親が仕事に行くので)今や子供たちは早くから学校に通う。だから子供たちの考え方を好きなように出来る。彼らを 家族から引き離して州が、(公立の)州の職員(教師)が彼らの家族になる。親が教える代わりに学校が家族になる。子供た ちにとって教師が家族になるんだ。それらがウーマン・リブの主要な目的だった」。
.
2007/11/13(火) 21:13:05 | URL | fukuro #h1cNFgWc[ 編集]
先ほど、帰宅しました。
今日は、コメントを投稿するつもりはありませんでしたが、あまりにも低レベルなコメントが二つも並んでいましたので、仕方なくコメントします。
回答はなくとも、おそらく管理者として投稿の記事はあなたの目にとまるであろうと、そのためにコメントします。
私のコメントはあなたが全国の不特定多数の人間に対して発せられたブログの内容に対する疑問でした。あなたのブログには一切の疑問や意見は拒否しますというような説明、但し書きはありませんでしたよね。あなたのブログの記事に疑問をもった私は、その前提でコメントをしました。
すぐに反応があったのは、そのブログに私のIPを晒すというあなたの行為でした。言葉足らずな点はあったかもしれませんが、私はあなたの誹謗中傷をしたわけではありません。そこで、IPを晒されたものとしての不快感をあなたに分かっていただきたく再度コメントをしました。その回答は、IPを晒すのは当然の行為であり恥ずべき事ではないということと、他のブログよりもましであるという私の不快感とはまったく関係のないあなた自身の理由付けでした。
その後、再度あなたの考えを伺いたくコメントをしましたが、回答がなかったので、私の真意を伝えようと昨夜回答は求めないという前提で書き込みをさせていただきました。
ほんのわずかではありますが、あなたは公開質問状などで行政に回答を求められることもおありのようなので、もしかしたら回答があるかもしれないという期待をもって今夜再訪させていただきました。
読んで唖然としました。あなたのお仲間なのか支援者なのか私には分かりませんが、2本のコメントが書かれています。読んでいて恥ずかしくなるような内容ですよね。質問することはまかりならぬから自分でブログを立ちあげろ、無料のブログがあるから・・・。それから、意味がよく理解できないのですが「工作員」であるという決めつけ。いったい工作員というのはなんなのですか?外国の諜報機関の工作員という言い方はニュースレベルで耳にすることがありますが、あなたのブログで質問するだけで、外国の諜報機関員だということなのですか?さらに、「君ら卑怯組(日教組)、外道『部落解放同盟(解同)』」などという訳の分からない言いがかりや2チャンネルで誹謗中傷をしているなどという思いこみなど、とてもではないけれども一般の言論の常識など皆無の、非常に攻撃的、夢想的な書き込みにただただあきれております。
私は、「君ら」でくくられるような組織的な活動はしておりませんし、「IPをさらされるのがイヤならここや2ちゃんねるでやっている事を今すぐやめられよ」というような脅迫をされるような行為は一切行っていません。にもかかわらず、管理者であるあなたの権限下においてこのような卑劣な言論暴力を受けることは心外です。
このようなコメントをされる方々は、少数ではあると思いますが、自分たちの考え以外はまったく受け入れることができない「右翼原理主義者」とでも命名すべき存在なのでしょう。あなた自身がこのような方々と同じ考えであるとは考えておりませんので、ブログでの発信をお続けならば、このような偏狭な姿勢は排除していただきたいと思います。
私の名誉のために長文になりました。
2007/11/13(火) 21:40:16 | URL | 正直な疑問 #HfMzn2gY[ 編集]
>自分たちの考え以外はまったく受け入れることができない
あえて言おう。 お 前 が 言 う な w
2007/11/18(日) 01:18:41 | URL | #-[ 編集]
独りよがりなコメントは自分のブログで
正直な疑問 と名乗っている者よ、

他人のブログで独りよがりなコメントをだらだら書くのだったら、自分でブログ建ててそこで主張し、トラックバックしろよ。
# 現在のあんたのコメントが独りよがりと思ってないなら重症だ。

それと大きな勘違いをしているようだが、ここのブログ管理人であるなめ猫さんが公開質問状を行政に対して行っているのは、行政というものは我々の血税で運営されているのであり、不適切な税金の運用があったら納税者たる国民の権利として突っ込みをするが、あなたのコメントは、なめ猫さんが手弁当でやっているブログに対してまったく議論と関係の無い些末な点についてぐだぐだ言っているだけ。
これがあなたの財布を使っているのであれば報告の義務はあるだろうが、単なる通りすがりの匿名人間(「正直な疑問」とやら、お前のことだ)に対してなめ猫さんが丁寧に答える義務なんてどこにも無いぞ。
それよりもこんなぐだぐだしたコメントが削除されずに残されていることに感謝したらどうだ?

ブログをいうものを理解していないようなので、再度言うが、あんたの主張はだらだらしすぎていて理解出来ん。
無料ブログであんたの主張を「わかりやすく(←これ重要)」書いてそこからのトラックバックにしろ。

それともやっぱりあんたの書き込みは単なる嫌がらせなのか?
あるいは天然?
2007/11/18(日) 16:37:52 | URL | Inetgate #YqzQT8Bs[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 アメリカで、なぜ日本の立場を代弁する人々の影が薄くなってきているのか。その原因のひとつに、日本政府が在外の日本人や日系人を守る意思が弱いという問題があると思います。 例えば、ペルーで、フジモリ元大統領に対す
2007/11/09(金) 07:52:57 | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫