<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 西川先生、岡本先生の講演会に行ってきました
2007年11月11日 (日) | 編集 |
 本日の熊本市での西川京子厚生労働副大臣、家族の絆を守る会事務局長でジャーナリストの岡本明子氏の講演会に参加してまいりました。

 西川先生は、国会活動の中でのジェンダーフリー、過激な性教育の是正の取り組みや延長保育の問題などをお話され、岡本先生からは、レジュメをもとに具体的な熊本市の条例案の問題点の指摘と、後半は国連の人権政策の実態や反日NGOについての解説、アメリカの草の根保守運動、ひきこもりなどの子供が増えた背景に父性の喪失という問題をあげておられました。

 差しさわりがないと思われる範囲で内容をご紹介します。

 子供のためにという視点があまりになさ過ぎると働き方を変えることが必要と指摘されていました。こうした考え方を官僚は受け入れようとはしなかったとも仰ってました。

 面白かったのは、男女共同参画の問題で、左派系の団体などが、西川京子先生のところに押しかけてきた際に、いわゆる性同一性障害の方が「女らしさを強制してほしくない」という趣旨のことをいわれたら、西川先生は「それは貴方自身が性差意識に拘っているということでは」と逆に投げかけられたそうです。

 これはなるほど。そうなんですよね。自分は男だけど、心は女性とかその逆もあるわけですが、「男でも女でもない」ではないわけです。

 フェミニストは性差をなくせと運動しているわけですから、性同一性障害の方がフェミと共闘することに根本的な矛盾があることを指摘なさったわけです。

 帰りにその方は握手を求めてこられたそうです。

 また、某野党の女性議員は、エレベータで一緒になっても西川先生に挨拶もされないとかいう話でそれは大人気ないなと思いましたが。

 ほかにもいろいろお話されましたが、例の子供の権利の問題も指摘しておられました。

 脱線話ですが、沖縄の集団自決の問題での11万集会なる虚偽についても2回もあれはせいぜい2万人と指摘されました。本土からの動員が半分あったともいわれ、拙ブログでも何度も書いていることですが、よくそれで沖縄県民の意志などといえるのでしょうか。

 そうした行動的な左翼に対し、保守系は、なかなか行動しないが、おかしいと思ったら即行動が必要と、質疑応答の場で、仰ってました。左派の人たちはしっかりした組織作りができているのに対し、数は多いはずの保守側は組織化が遅れています。

 残念ながら地方分権の流れで、文部科学省が命令ができない現実を説明され、地方議員の活動の重要性を参加されていた熊本市の議員さんに何度もはっぱをかけられました。

 一方、岡本先生のほうは、熊本市の条例の素案をもとに固定的役割分担の否定について他市の条例と比較しながらお話されました。

 他県でもいえることですが、一昨年の大激論を経て閣議了承された男女共同参画基本計画の改正点がほとんど現実の条例制定や施策に反映されていないことです。

 これについてはその趣旨を徹底されるよう働きかけていくことの必要性を強調されていました。

 家族の尊重という観点では、親殺し事件に共通するのは父性の存在が薄いということでした。これは、長田百合子氏の取り組んだひきこもりやニート、フリーター問題も同様で、かつては存在していた怖い存在がなくなってしまったとして、家庭では父親、社会では人様、学校では先生が怖い存在であったものが今ではそうした存在がなくなってしまったことが弊害を生んでいると指摘されていました。

 たしかに地震・雷・火事・オヤジといわれていたのに、今なんとなくお父さんの存在がふわあっとしてしまっています。秩序感覚を教えるのは父親の役割でしょうが、それが否定される方向に向かいつつあることが家族の崩壊をもたらしていることは確かにあると思います。

 国連については、国連の社会経済理事会の正式な登録NGOが各種ロビー活動を行い、国家の主権を侵す勧告などを行っているとして、たとえば、ベラルーシには母の日の廃止を求め、イスラム諸国にはイスラム教の教義が女性差別的であるとして見直しを要求しているなど、常識を超えているのは、国連に旧ソ連の影響力が働いていたと指摘されました。

 その芽は1930年代にあり、「伝統的家族は病理である」として破壊しなければならないという考えを主張する人物がいたことには驚き、呆れました。家族の解体を主張する人は、ハッキリ共産主義者、あるいはシンパシーを感じる者であることを認識して取り組まなければ本質が見えなくなると思いました。

 しかし、わが国でも国際人権条約の実施状況をめぐる外務省との意見交換会もつい最近までは非公開で、反日NGOとのみの対応で、岡本先生などの方のご尽力で、特定団体のみでなく、広く国民との対話集会になりましたが、現在も女性差別撤廃条約だけは完全非公開のままです。

 わが国にある国連NGOとしては、部落解放同盟系の「反差別国際運動」、「日本弁護士連合会」(日弁連)、共産党系の「新日本婦人の会」とあるわけですが、国連NGOの他にも北京JACやら、なくそう戸籍と婚外子差別・交流会、不思議なことに、主権在民に反する日本国籍を持たない在日の組織が政府との協議資格を持っています。
 
 今後、こういう勢力の独断場であった分野にどんどん入っていかないといけないと思います。

 女性の社会進出の遅れとされるいわゆるM字カーブは、誇るべきことだと、子育てを否定し、子供のために尽くす喜びを奪うことが政策課題となっているのはおかしいとのご指摘でした。これは官僚やフェミニストの主張ばかりがまかり通っていますが、子育ての時期は仕事を休職しても不利益にならないようにするとか対策はあると思うのです。

 この点は西川先生のお話にもありましたが、大人の都合だけで、子供にとって何が最善かという視点が全くありません。

 一部の話をさも全体がそういう話であるかのように、喧伝し、結果的に日本を悪いというイメージを広げるマスコミの問題は大きいと思います。

 今回の西川先生、岡本先生のお話はもっと多くの方に聞いていただきたいですし、私たちが口コミなどで周りの人に広めていかなければいけないことだと思いました。

 終了後、ネットを見て参加しましたという若い方とお会いしました。こういうつたないブログですが、熊本にも読者がおられるかと思うとありがたく思いました。

 今後ともよろしくお願いいたします。

 忘れてはいけない重大使命であった福岡県教委のトンでも啓発資料は、西川先生、岡本先生にお見せし、判断力に疑問がある地方の怪しげな動きを認識してもらえるようお願いしました。

 すでにメールに添付して送ってありましたが画像サイズが大きすぎてプリントアウトできなかったということでしたので、用意してきた「人権教育は今」をそれぞれお渡ししました。

 まさに今回の講演内容に合致した内容でしたので、お読みになられて教育基本法の改正後も容易に教育行政に入り込んだウイルスは退治できないことを再認識されたことと思います。

 論より証拠。そして、両先生のお話にもありましたが、具体的な行動です。この冊子は全国の教育正常化団体や保守良識派議員に送付して、福岡県だけではない各地で人権の名の下に推進される見えない革命に警鐘を鳴らしてまいります。

 法務省人権擁護局が講師として招聘していたという事実も看過できません。引き続き、福岡県教育委員会に対する追及を続けていきます。

 今回のお話は、頭の中がどこかの団体や学者がいう人権観に呪縛された福岡県教育委員会人権・同和教育課の職員は拝聴すべきでした。 

 **

ボランティア主婦の挑戦
西川京子先生のご著書です。
ぜひお読みください♪ 


別冊正論これは必読です。
http://www.sankei.co.jp/seiron/etra/no07/ex07.html

産経IZAに「女子部」という男子禁制のコーナーが登場しました。
「イザにゃん」という猫ちゃんの写真コーナーがあります。
http://www.iza.ne.jp/jyoshi-bu/cat/index.html

↓人権擁護法案絶対反対の方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
イベントお疲れ様です。
大変良く纏まったレポート拝見しました。
反フェミニズムに関わる話を大体網羅して、更にそれ以外の話もされたようですね。
「若い方」からメッセンジャーで聞いた話とほぼ一致しています。
2007/11/12(月) 01:10:42 | URL | まほきゃすと #JalddpaA[ 編集]
なめ猫さん、高橋先生の提唱しておられる親学必要だと思います。
戦後日本の父親は威厳がないと共に親としての振るまい方がわからない人が多いそうです。
それから最近サヨクの中には家族、家族と連呼する輩がいますが信用できません。
今まで家庭を破壊しながら、今更家族が大切とサヨクが言っても信用されないでしょう。
サヨクの中にはうまくいっていない親子を無理に接近させ、親を指導せず、子どもを一方的に親にくっつける輩がいます。そういう人たちも信用できず、悪意があるとしか思えません。
サヨクは家族を崩壊させるためには何でもする輩ですから。
話は変わり、三重県伊賀市の一件をイザの拙ブログでも取り上げましたので見てください。
2007/11/12(月) 19:17:54 | URL | レッテンリッター#Imperator #-[ 編集]
法律の専門家というのは馬鹿なのか?
いつもおつかれさまです。
TB通らないのでこちらでご紹介させていただきます。

法律の専門家というのは馬鹿なのか?
http://kazukazu.iza.ne.jp/blog/entry/396270
2007/11/20(火) 07:37:57 | URL | KAZU #JalddpaA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
中日新聞の記事からの転送です。記事の内容は「公務員による税金の着服」ですが、「伊賀市が在日韓国・朝鮮人に対し数十年もの間、条例もなしに市民税を半分に減額していた」事実を図らずも浮き彫りにしています。ネッ
2007/11/12(月) 09:34:15 | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫