<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 天皇陛下万歳を制止した太宰府市職員と奉迎に参加した生徒を叱る同市教職員1
2007年11月19日 (月) | 編集 |
 すでにいくつかのブログやmixiでも取り上げられていますが、福岡県の太宰府市では、反日反天皇思想を持つ公務員が出鱈目をやっています。

 そこで、何回かにわけてその一連の動きを当ブログでご紹介したいと思います。

 太宰府市にある学問の神様、菅原道真公も天上でお嘆きになられることでしょう。

 最近怒りを感じたのは、天皇陛下の福岡県へのご行幸に際し、次のようなことがあったことです。

 これは全日本学生文化会議の学生から聞いた話ですが、太宰府市の九州国立博物館をご見学に行かれる沿道で、天皇陛下万歳を行おうとした学生らに、太宰府市の職員を名乗る者が「万歳はしないでください」と制止したというのです。

 これは、私たちの運動の根幹に関わる問題だと認識しています。これで黙っていたら、保守ではないと思います。

 そもそも、公務員が思想信条に介入するなど、許されない行為です。
 
 そこで、先週、太宰府市の総務課と掛け合いました。
課長に職員への聞き取り調査の実施を約束させ、市長・副市長にも抗議がきていると報告をあげるよう強く求めました。

 それだけでは効力が弱いので、陳情に急遽この問題を加筆して、提出いたしました。

太宰府市への陳情1



太宰府市への陳情2


 この陳情は、おそらく同市では初めて保守派から部落解放同盟を名指しで批判したものだと
思います。

 おそらく、連携が義務化されていますから、すぐ筑紫地区協議会に報告が行政から行くであろうと思います。提出の際も、議会事務局、総務課、教育委員会に対して「どうせ筑紫地協に報告が行くだろうけれど正々堂々と身分明らかにして出すのだから構いません。」と申し上げています。

 陳情内容は以下のとおりです。

**

                   太宰府市の同和教育行政の是正に関する陳情

1. 要旨 
① 太宰府市立学業院中学校、水城小学校の児童・生徒支援加配教員の出張実態が、国の通達と異なり、事実上の同推(同和教育推進教員)になっている。本来の制度趣旨に則って活用されるよう指導されたい

② ある関係者サイドの情報によると、学業院中学(おそらくは水城小も)は、部落解放同盟筑紫地区協議会の地元支部と極めて緊密な関係にあると聞く。同校の教職員が旧文部省時代から「教育の中立性に反する」と厳禁されてきた狭山学習の集会に勤務時間外ではあるが、学校長を通じて動員要請がくるという。そのなかでは、保守勢力批判や教育基本法改悪反対などのチラシが配られているとも聞き及ぶが、それは事実か?そのような集会にたとえ勤務時間外でも教職員が参加することは不適切であり、このような働きかけ自体が外部からの干渉・介入に他ならない。断固、断るべきである。

③ 11月6日から長野で開催された部落解放研究全国集会で、貴市教育委員長の稲積謙次郎氏が講演などをされているが、そのなかで時事通信の配信記事によると「今まで顔色を窺っていた行政による同和行政の切捨てが始まった」という発言をされたとある。元新聞記者で国の審議会委員も務められた識見を有する稲積氏という世間の評価に反し、行政の一員という自覚を忘れたとしか思えない。切捨てではなく「見直し」ではないのか?解放同盟などの圧力に行政機関は屈していたが、ようやく主体的に判断しようということだと認識していたが、稲積氏のご見解は違うようである。それならば自らの進退を明らかにされるべきであり、特別職にふさわしくない言動は罷免に値する。見解を明らかにされたい

④ 学業院・水城両校は、日教組系職員団体が強いと聞くが、職員団体主導の学校運営などあってはならない。学校長の校務掌理権を明確にさせ、左翼偏向教育や校長団交など違法行為があれば県教委とも連携し、速やかに是正されたい

2.理由
文部科学省財務課長が平成14年4月1日付で都道府県・政令市教育委員会に出した通達趣旨は「同和加配ではない」「目的は特別な生徒指導・進路指導・学習指導である」と明記しており、「定数加配が行われた学校に対しては、都道府県教育委員会、市町村教育委員会は、特別の指導が適切に実施されているか計画的に学校訪問を行うほか、学校長等からの報告を求めるなどにより、正確な把握に努め、この定数加配がその趣旨に反して活用されることがないようにすること」とされているが、学業院・水城両校に配置された加配の勤務実態を出勤簿、出張命令書などの服務動態資料から見ると地方教育行政法に基づき服務監督権を有する太宰府市教育委員会は、指導を怠っているといわざるを得ない。

今年3月に我々は福岡県監査委員会に住民監査請求を提起し、「校外団体の運営業務に従事することは、違法性を帯びる」との判断が出ており、3月28日付で福岡県教育委員会教育長名の2通の是正に関する通達も派出されている。文部科学省も福岡県の異常な実態について調査を進めているが、近隣の小郡市は国の指導を無視していたことも判明し、その分の出張旅費支給は行わないと県教職員課は言明している。

この件については、共産党系の地域人権連の植山氏論文と当方が雑誌『正論』(産経新聞社)8月号に執筆した「福岡の教育現場を歪める同和支配」に詳しいのでご参照いただきたいが、制度趣旨に反する活用が続けば文科省も加配の引き上げも辞さないとしている。特定の政治運動に教職員を利用することは、学力問題や問題行動など現象面に見られる子供たちの叫びを大人が無視することに他ならない。子供にしわ寄せが及ぶことだけはあってはならない。

情報公開請求で入手したが、部落解放同盟福岡市協議会は、福岡市内の小中学校および福岡市教職員組合に送付した事務連絡文書で「人権教育に反対する抵抗勢力が県同教一審判決以降、児童・生徒支援加配教員の運用を批判している」などと対決色を鮮明にしている。
このようなイデオロギーを持ち、異論を唱える者は階級敵扱いする左翼思想丸出しの勢力こそ、多くの国民が願う同和行政の終結に反対する抵抗勢力ではないか。

また、10月末に福岡県をご行幸なされた天皇・皇后両陛下は貴市に建設された九州国立博物館をご見学なされたが、運動団体はこの日も早朝から集会を開いているという。国民統合の象徴であり、万世一系の天皇さまのご存在あればこそ、同じ日本人のなかで差別があってはならないという解放令も布告されたのではなかったか。我々は、部落差別を解消するという思いは思想信条の違いにかかわらず共有すべきことであり、立花町ハガキ事件のような事案が発生していることを遺憾に思うものである。そのことを思うとき、戦前の水平社運動が掲げた理念とかけ離れた綱領の改定で薄まったとはいえ、いまだマルクス主義の色濃い運動理念に基づいた行動は誠に残念というほかない。

さらに由々しきことは、両陛下ご行幸に際し、沿道で両陛下をお迎え、お見送りする国民が日の丸の小旗をふり、天皇陛下万歳を行うことを制止した太宰府市職員を名乗る者がいたと聞く。なぜ、両陛下ご奉迎に際し、天皇皇后両陛下万歳を口にすることが問題なのか?この件について発言を行った職員を特定し、事実関係を行政当局は明らかにすべきである。
稲積教育委員長の発言については、いずれ部落解放同盟から詳細な報告集が出版されるであろうが、行政がまるで、住民を見捨てようとしているかのように発言したのであれば不適切と思われ、このことについて教育委員長自らによる通り一遍ではない詳細に、且つ明快な議会でのご答弁、院外に対する説明を望むものである。

最後に日教組、福岡県教職員組合の件についてであるが、戦後長く、日教組と文部省との間に対立が続いてきた。とくに本県は、革新県政も長く続き、そのなかで癒着関係がひどかった。ここにきて、県議会では自治労福岡県職員労働組合との間に締結された確認書、職場協定書の破棄に向けた動きが始まっている。いまや、総評の中核的組合であった自治労・日教組も連合の一員としてこれまでの政治運動に偏した有り様を見直す動きも起こっている。
数年前まで学業院中学ではボロボロの国旗が掲揚され続けてきたと聞く。日の丸はわが国の国旗であり、学習指導要領に則ってその尊重を指導することは、教育公務員たる教職員の責務である。

平成11年に起きた広島県の校長自殺事件以降、国民の教育正常化に対する関心は高まっている。本市義務教育諸学校において内閣府も基本計画で否定した男女の性差を解消するジェンダーフリーや行き過ぎた人権学習など偏向教育や不適切な労使慣行で校長権限を制約することなどないよう各学校への指導を徹底していただくことを強く願うものである。


平成19年11月16日
大宰府市議会議長 不 老 光 幸   殿
                    
**

ボランティア主婦の挑戦
西川京子先生のご著書です。
ぜひお読みください♪ 


別冊正論これは必読です。
http://www.sankei.co.jp/seiron/etra/no07/ex07.html

産経IZAに「女子部」という男子禁制のコーナーが登場しました。
「イザにゃん」という猫ちゃんの写真コーナーがあります。
http://www.iza.ne.jp/jyoshi-bu/cat/index.html

↓人権擁護法案絶対反対の方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
同じ日本人ではないですか?
部落開放同盟の構成員は日本人ですよね?日本人でありながら天皇陛下に不敬行為をするとは思えない。

部落開放同盟の皆さん、私たちは同じ日本人ですよね?それとも日本人であることを放棄するのですか?日本の象徴は天皇陛下です。
2007/11/19(月) 19:31:58 | URL | jk #-[ 編集]
呼び捨て県議
天皇陛下巡幸の日のとある催し物で前原・糸島選出のK県議は「天皇」と呼び捨てにしてたよ。
公の場でこのような発言をする人が県議とは福岡県人として恥ずかしい限りです。
2007/11/19(月) 22:28:39 | URL | #-[ 編集]
日本人としての意義
天皇制の意義をとことん突き詰めていったら、私は「権威の根源」と見なすことができると思います。憲法も、その他の法律も、総理大臣だって、天皇陛下に任命権あります。
 それは、天皇が権威を裏付けているからみんなが尊重するのです。その「権威の根源」をないがしろにする人が、日本人としての意義を放棄する人となるのではないですか?
 人間は決して一人では生きていけません。そこには集団を作り助け合い外敵から仲間を守りながら生きていくのです。その中心となるものが権威であり、その象徴が天皇ではないでしょうか。
 天皇陛下を否定するものは、自らを日本人でないと言っているのも同然で、自分のアイデンティティを否定してるのです。
2007/11/21(水) 10:07:46 | URL | 井上政典 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/02/20(水) 22:15:31 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
総選挙後、自民の一部と連立も 民主・鳩山幹事長(朝日新聞 11/19)  民主党の鳩山由紀夫幹事長は19日、日本記者クラブで記者会見し、次期衆院選で民主党が第一党になった場合の政界再編の可能性について「自民党のなかで『いま
2007/11/20(火) 00:54:10 | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫