<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 部落解放同盟が改正教育基本法の骨抜きを画策--文科省に意見提出を
2007年11月29日 (木) | 編集 |
 すでに「草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN」でご紹介していただきましたが、部落解放同盟がホームページ上でこのような記事を発信しています。

 これは非常に危険な動きであると考えます。
せっかくの改正が再改悪になりかねないのです。

 注目すべきは、この指令が解放同盟の中央本部教育対策部、通称「教対部」から出されているということです。この教対部が旧文部省時代から教育行政についての交渉のパイプとなってきました。

 明治図書から出ている教育雑誌『解放教育』では、早くからこの教育振興基本計画を骨抜きにしようと画策するサヨク学者が提唱していました。

 人権教育の名の下に数々の歪みが生じてきたことは全国で経験してきました。

 とくに九州や関西など西日本は解同と日教組系が連携し、人権教育推進の名の下に教育委員会をも支配し続けています。

 東日本でも川崎市の子供の権利条例など各地で人権の名の下に指導が悪とされ全国で特定運動体による支配と学校秩序の破壊が進行しています。

 これは人権擁護法案にも大きく関わります。

 解放同盟が意見例文であげているなかに国連のことが出てきています。
この建前の前に行政が人権擁護法案をつくるべきだという意見を国に知事会や全国市町村会などの総意として出しています。

 沖縄の問題もありますが、平行して教育行政全体を縛る具体的計画についてご意見をお願いいたします。人権教育などが入ったら最後、解放同盟の介入に口実を与えることになります。

 単に人権教育に反対ではなく、愛国心の涵養など具体的内容をお願いいたします。

**

部落解放同盟中央本部
http://www.bll.gr.jp/guide-seimei20071126.html

「教育振興基本計画」に「人権教育の推進」を求めるパブリック・コメントを


1.教育振興基本計画とは
「改正」された教育基本法を受けて現在文科省の中央教育審議会・特別部会で、教育振興基本計画の策定作業が進められている。11月8日に①教育振興基本計画の策定に向けた公聴の実施について、②検討に当たっての基本的な考え方について(案)、③重点的に取組むべき事項について(案)、の3点がまとめられ、12月11日まで締め切りのパブリック・コメントに付されている。(http://www.mext.go.jp/a_menu/keikaku/index.htm

教育振興基本計画は、「②-(4)教育振興基本計画のねらい」で明らかにされているように、「今後10年先」を見通した施策の基本方向と、政府が5年間に取組むべき具体的施策について示す」文書であり、重要な意味を持つものである。
もとより、この「振興計画」のベースは「改正」教育基本法であり、これについては多くの問題を含んでいることを指摘してきた。しかし現実にこの「振興計画」が今後の教育の具体的施策を左右するものになることを考えれば、何らかの歯止めや改善を求めることが必要になってくる。

2.人権教育に全く触れられていない特別部会(案)
しかし、「教育振興基本計画」のたたき台になる②③では、全く人権教育に触れられていない。かろうじて、②で「世代をまたがる社会的・経済的格差の固定化への懸念」(P6)「教育は、人格の完成を目指し、個性を尊重しつつ個人の能力を伸張し」(P7)、「グロ―バル化が一層進むと共に、・・・・・・・異文化との共生がより強く求められるようになる」「持続可能な社会の構築に向けた教育の理念が
ますます重要となる」(P9)、③で「異なる文化的背景を持つ人々との相互理解を深め、・・・・各学校段階における国際理解教育を充実する」、といった内容が盛り込まれているにすぎない。

3.国内外の人権教育の流れと連帯し、「人権教育の推進」の位置づけを
1995年度より世界中に人権文化があふれることを目標に「国連・人権教育の10年」がスタートし、日本国内では2000年に「人権教育啓発推進法」が制定され、その具体化の一環として本年文科省「人権教育の指導方法等のあり方」に関する「第3次とりまとめ」(案)が示されている。また国際的には「国連・人権教育の10年」の後を受けて、2005年度より「人権教育の世界計画」第1段階(初等中等教育の人権教育)の取組みが3年間(2007年9月、人権理事会で2年間延長が決議された)進められてきている。さらには並行して、「国連持続可能な開発のための教育の10年」が2005年度から取組まれており、日本政府も支持してきたものである。
こうした国内外の人権教育の流れを見た時、検討されている「教育振興基本計画」に「人権教育の推進」が盛り込まれていないことは全く理解できないことである。
これまでの同和教育の成果を踏まえた人権教育を一層推進させるためにも、そして小中高校は言うまでもなく大学・大学院教育研究においても「人権教育の推進」が実現されるよう、パブリック・コメントで「人権教育の推進の明記」を求めていく必要がある。関係者の積極的な意見応募を求める次第である


2007年11月
部落解放同盟中央教育対策部



意見案①

「検討に当たっての基本的な考え方」のなかで「教育の使命」として、「教育は、国家や社会の形成者たる国民を育成するという使命を担うものであり、民主主義社会の存立基盤でもある」とされているが、そうした民主主義社会の形成者たる市民には、引き続き日本国憲法の3原則でもある「基本的人権の尊重」を重視することが求められる。
したがって、「教育の使命」として、「基本的人権の尊重」や「人権意識の涵養を図る」ことを、その使命として明記すべきである。

意見案②

1995年度より世界中に人権文化があふれることを目標に「国連・人権教育の10年」がスタートし、日本国内では2000年に「人権教育啓発推進法」が制定され、その具体化の一環として本年文科省「人権教育の指導方法等のあり方」に関する「第3次とりまとめ」(案)が示されている。また国際的には「国連・人権教育の10年」の後を受けて、2005年度より「人権教育の世界計画」第1段階(初等中等教育の人権教育)の取組みが3年間(2007年9月、人権理事会で2年間延長が決議された)進められてきている。さらには並行して、「国連持続可能な開発のための教育の10年」が2005年度から取組まれており、日本政府も支持してきたものである。こうした国内外の人権教育の潮流を踏まえ、「教育振興基本計画」において「人権教育の充実」の項を起こし、「人権教育を推進する」ことを明記すべきである。

【参考資料】

①教育振興基本計画の策定に向けた意見の募集について/文部科学省
http://www.mext.go.jp/a_menu/keikaku/07110901.htm

②教育振興基本計画特別部会(第9回/2007.11.8)議事録・配付資料
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo7/shiryo/07110902.htm

資料1   検討に当たっての基本的な考え方について(案)(PDF:39KB)
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo7/shiryo/07110902/001.pdf

資料2  重点的に取り組むべき事項について(案)(PDF:84KB)
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo7/shiryo/07110902/002.pdf

※上記資料は、各自ウェブサイトより入手の上、参照してください

■この本は参考になります


別冊正論これは必読です。
http://www.sankei.co.jp/seiron/etra/no07/ex07.html

産経IZAに「女子部」という男子禁制のコーナーが登場しました。
「イザにゃん」という猫ちゃんの写真コーナーがあります。
http://www.iza.ne.jp/jyoshi-bu/cat/index.html

↓人権擁護法案絶対反対の方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫