<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 伊吹幹事長「私の人権が侵害された」--人権擁護法案反対派へのシグナルと捉える
2007年12月01日 (土) | 編集 |
 来週週明け月曜日早々、人権擁護法案の制定に向けて休眠していた人権問題等懇話会が再開されます。

 この法案が誰が推進者なのかはもうご存知だと思います。彼ら部落解放同盟が2年前制定されそうになったとき、なんと新聞で報じられていたか、丹念に記事を追うと朝日新聞などで同和対策特別法が失効したことなどをあげていたことを忘れてはいません。

 自分たち主導で議論をリードしていた、メディア規制しか反対意見はない。これでほぼ成立間違いなしと踏んでいた。ところが、いきなり自民党の部会でそれまでの論点にまったくなっていなかった問題点が指摘され、推進派議員だけでなく彼らが動揺したわけです。

 その後の推移はご存知の方が多いと思います。

 今朝の産経で伊吹幹事長の発言が取り上げられており、ネット上ではその言動が嘲笑されているのですが、これは重要なシグナルだと私は考えます。

 人権擁護法案を通させないためには絶対、現在の自民党執行部、幹部に反対あるいは慎重派がいなければ同調圧力ですんなり行くでしょう。

 私の見方としては文部科学大臣時代の「人権メタボリック」もそうですが、こういう表現で私は法案に賛成できないと暗に示唆している、またそういう風に受け取ってもらいたいという意図があると思っています。

 皆さん、自民党本部に反対意見を伝えていきましょう。

**
 
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/071130/stt0711302348010-n1.htm

伊吹幹事長「私の人権が侵害された!」

 人権擁護法案の審議機関である自民党人権問題調査会(会長・太田誠一元総務庁長官)が、12月3日の活動再開を前に早くも足並みが乱れ始めた。伊吹文明幹事長は顧問就任を「了承していない」と不快感を表明。他のメンバーも「事後承諾だった」と不満をもらしており、来年の通常国会提出に向け、意見がまとまるか微妙な情勢だ。

 「何の了解もなく顧問にさせられ、私の人権は侵害された。よって、もう会合には行かない!」

 30日午前、党総務会終了後、伊吹氏は、太田氏に厳しい口調でこう通告し、釈明も聞かずにその場を後にした。

 同調査会は福田政権発足後の11月9日、新体制を決定。伊吹氏ら党四役に加え、青木幹雄前参院議員会長、山崎拓元副総裁らが顧問となる重厚な布陣を敷いた。反対派の安倍晋三前首相の牽制(けんせい)を狙ってか、盟友の塩崎恭久元官房長官を会長代理に就任させた。

 だが、伊吹氏は顧問就任を知らなかったとみえ、30日の記者会見でも「私の人権がまったく無視されたまま、顧問就任と報道され非常に問題だ」と強い不快感を表明。直後に太田氏に顧問就任を正式要請されて“キレた”ようだ。

 人権擁護法案は党内が賛否二分しており、2年前も推進派と反対派が激しく対立した。古賀誠選対委員長ら推進派は来年の通常国会への再提出を目指すが、反対派は提出阻止に向けネットワークを広げつつある。

 「勘の鋭い伊吹氏は党内の空気を察して防波堤を張ったのでは」(閣僚経験者)との見方もあり、「自分の会長就任も報道で知った」と漏らす太田氏も頭を抱えている。

★自民党本部のホームページに公表されている会議情報にありますが、12月3日人権問題等調査会の会合が行われるとのことです。

■自由民主党
http://www.jimin.jp/jimin/kaigi/index.html

12月3日(月)
◆政調、人権問題等調査会
 午後4時 本部リバティクラブ4室
 [1]人権擁護法案について
 [2]その他

**

人権擁護法案反対、同和行政調査などで
皆様からのカンパをお願いいたします。

郵便口座
17490-63834391

■この本は参考になります


別冊正論これは必読です。
http://www.sankei.co.jp/seiron/etra/no07/ex07.html

産経IZAに「女子部」という男子禁制のコーナーが登場しました。
「イザにゃん」という猫ちゃんの写真コーナーがあります。
http://www.iza.ne.jp/jyoshi-bu/cat/index.html

↓人権擁護法案絶対反対の方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/12/02(日) 06:36:06 | | #[ 編集]
なめ猫様、推進派の奴ら、人権メタボ発言等で人権擁護法案には反対派の伊吹幹事長を顧問につけていますが推進派の黒幕達の意図がよくわからんです。
もしかしたら自民党案を自民党ないで潰し、民主党案を民主党に出させようとするのが黒幕達の意図なのではないかと思ってしまいます。
2007/12/02(日) 10:00:08 | URL | レッテンリッター #-[ 編集]
GJでしたね
安倍氏に近い塩崎氏を無理矢理?引き入れたり、反対派の伊吹氏を引き込もうとして失敗したり、古賀氏以下のあせりを感じますね。伊吹氏の発言はなかなか上手い。ストレートに言うよりこのほうが利くでしょう。

ところで、仮に成立したとして、例えばなめ猫さんが人権委員会の長に任命されたら(例に使って失礼)、きっと推進派はパニック状態に陥っていきなり法案反対を言い始めるでしょうね。
2007/12/02(日) 18:43:22 | URL | 練馬のんべ #-[ 編集]
コメント有難うございました
レッテンリッター様

推進派、これは古賀やら野中、そして解同もですし、自由同和会もでしょうね。うちには以前自由同和会の方がお見えでしたが、いつの間にか来られなくなりました。
福田政権になりそろそろかと思っていたのですが。

解同や同和会による政界工作があったということでしょう。

解同は解同で民主党案がよいのが本音ですしね。
伊吹幹事長は内心、この法案はよく思っていないと思います。外堀・内堀を埋めて法案を通そうという魂胆だったのでしょうが、そうはいかないということではないでしょうか?

練馬のんべ様

TB有難うございました。
古賀たちは政局の駆け引きはうまいですが、思想信条が絡むこういう問題はうまくいかない好例かと思います。

>例えばなめ猫さんが人権委員会の長に任命されたら(例に使って失礼)、きっと推進派はパニック状態に陥っていきなり法案反対を言い始めるでしょうね

私が就任などしたら、解同に立ち入り調査するかもしれませんしね。実際、人権委員会を法務省管轄に彼らがしたがらないのは、そういう彼らに矛先が向く危険性を彼らが嗅ぎ取っているようにも思います。
2007/12/02(日) 22:13:43 | URL | なめ猫♪ #TAZSivxg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
防衛研究所で「化学兵器中国で遺棄」覆す文書見つかる(産経新聞 11月30日)  終戦後、中国大陸で旧日本軍が化学兵器を中国側に引き渡したことを示す文書が、防衛省防衛研究所などに保管されていることが分かった。日本軍
2007/12/02(日) 08:14:16 | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
『伊吹幹事長「私の人権が侵害された!」』(産経) ははは。大笑いできる記事でした
2007/12/02(日) 18:44:26 | 家族がいちばん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫