<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 陸軍分列行進曲「抜刀隊」を聴く
2007年12月07日 (金) | 編集 |
 最近、毎朝、わが国のなかで古い軍歌といわれ、現在も自衛隊や警察の観閲式にはよく演奏される「陸軍分列行進曲」を聴いて一日をはじめます。

 私たちも先人の方々の思いを偲びながら、課題や問題意識を持って取り組んでいきたいものです。

 明日は大東亜戦争開戦記念日です。

一、
吾は官軍我が敵は、天地容れざる朝敵ぞ
敵の大将たる者は、古今無双の英雄で
これに従うつわものは、共に剽悍(ひょうかん)決死の士
鬼神に恥じぬ勇あるも、天の許さぬ反逆を
起こせし者は昔より、栄えしためし有らざるぞ
※敵の亡ぶるそれ迄は、進めや進め諸共に
 玉散る剣(つるぎ)抜きつれて、死する覚悟で進むべし

二、
皇国(みくに)の風(ふう)ともののふは、その身を護る魂の
維新このかた廃れたる、日本刀(にっぽんとう)の今更に
また世に出ずる身のほまれ、敵も味方も諸共に
刃(やいば)の下に死すべきに、大和魂あるものの
死すべき時は今なるぞ、人に後(おく)れて恥かくな
※再唱

三、
前を望めば剣なり、右も左もみな剣
剣の山に登らんは、未来のことと聞きつるに
この世において目(ま)のあたり、剣の山に登らんは
我が身のなせる罪業(ざいごう)を、滅ぼすために非(あら)ずして
賊を征伐するがため、剣の山もなんのその
※再唱

四、
剣の光ひらめくは、雲間に見ゆる稲妻か
四方(よも)に打ち出す砲声は、天にとどろく雷(いかずち)か
敵の刃に伏す者や、弾に砕けて玉の緒の
絶えて果敢(はか)なく失(う)する身の、屍(かばね)は積みて山をなし
その血は流れて川をなす、死地に入るのも君のため
※再唱

五、
弾丸雨飛(うひ)の間にも、二つなき身を惜しまずに
進む我が身は野嵐に、吹かれて消ゆる白露の
果敢(はか)なき最期を遂ぐるとも、忠義のために死する身の
死して甲斐あるものなれば、死ぬるも更にうらみなし
われと思わん人たちは、一歩もあとへ引くなかれ
※再唱

六、
吾今ここに死なん身は、国のためなり君のため
捨つべきものは命なり、たとえ屍は朽ちるとも
忠義のために死する身の、名は芳しく後の世に
永く伝えて残るらん、武士と生まれし甲斐もなく
義のなき犬と言わるるな、卑怯者とな謗(そし)られそ
※再唱






**

福岡県では人権擁護法案反対統一キャラバン行動の再開を検討しています。法案反対を同和利権が明らかになってきた今こそ県民にこの法案の危険性を広める好機でもあります。
 また古賀さんの事務所前で抗議を行うときがきたのかもしれません。

**


人権擁護法案反対、同和行政調査などで
皆様からのカンパをお願いいたします。

郵便口座
17490-63834391 

ボランティア主婦の挑戦
西川京子先生のご著書です。
ぜひお読みください♪ 



別冊正論これは必読です。
http://www.sankei.co.jp/seiron/etra/no07/ex07.html

産経IZAに「女子部」という男子禁制のコーナーが登場しました。
「イザにゃん」という猫ちゃんの写真コーナーがあります。
http://www.iza.ne.jp/jyoshi-bu/cat/index.html

↓人権擁護法案絶対反対の方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 本日早朝のNHKニュースによれば、例の沖縄戦集団自決を巡る訂正申請で「軍命令による沖縄住民に対する自決の強制」が教科書記述になる可能性があったのが、既に教科書検定審議会から文科省を通じて各教科書会社に対して、軍命令を
2007/12/08(土) 08:23:15 | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫