<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 福岡の同和教育行政を正す活動に全力をあげたい
2008年01月24日 (木) | 編集 |
 一昨年、福岡県筑前町で中学2年の男子生徒が自殺した事件はいまだにご記憶にあると思います。この事件について学校教育のゆがみが指摘され、教師の心無い言動の背景に、部落解放教育の問題があると初めて公に知られることとなりました。

 事件からわずかな期間に福岡県教育委員会へ届いたメールや電話、ファックスの数、1万数千件。

 驚くことにその中身の何割かは、同和教育や日教組問題を批判する内容であったといいます。いまだに県教委はその意見の具体的中身を公開していませんが、13歳の中学生のあまりに悲しい事件に県民の怒りが爆発したものだったのです。 

 そうした世論を受けて、これまで国の指導にも面従腹背してきた福岡県教育委員会もなんらかの対応を迫られることになりました。同時期に、インターネットでは三輪中学に配置された児童生徒支援加配教員の勤務実態などが問題にされていました。

 県議会で共産党が大きくこれを取り上げ、県教育長も「政治運動や社会運動とは峻別されねばならない」と答弁していました。

 そういった動きに呼応する形で、私たち保守派からも有志でゆがんだ同和教育の正常化を目指す運動をスタートさせました。

 これまで保守派は解放同盟の絶大な影響力を恐れ、事なかれ主義で事実を見ないようにしてきました。そのことが、このような事件を生んだとしたら大変なことだという自責の念に突き動かされました。

 昨年、3月の住民監査請求は新たな正常化運動の展開の幕開けとなりましたが、県教委も反省すべきは反省するということで、3月28日付通達を出して、加配の適正化や人権教育の中立性確保を指導しています。

 ところが、新年度に入り、監査でも「公務とは認めがたく違法性がある」と判断されながら、小郡市では市教委・日教組・PTA・解放同盟が一体となって同和教育推進教員要望学習会なる会合を勤務時間中に開催し、公務出張扱いで、旅費を不正請求しようとまでしていたことが判明しました。

 さらには、太宰府市においては、狭山事件の5・23糾弾集会に学校教職員などが半ば強制的に参加させられていたことも明らかとなりました。

 同様の事案は県下各地に今なお蔓延しています。こうした傾向は義務制だけでなく正常化が進んでいると思われていた県立高校にも根深く存在しており、複数の高校で今年度も「ジェンダーフリー」を教えている学校があるこがわかりました。

 当該校の管理職には電話で確認しましたが、いずれも県教委の指導に従ったまでと回答し、同和教育副読本「かがやき」にあるジェンダーフリーを生徒に教えるのは当然とばかりの主張をしています。

 内閣府の通達や基本計画の改訂、文部科学省の国会答弁なぞどこ吹く風。国がなにするものぞの雰囲気なのです。

 こういう実態を知りながら何もしない、放置、いや、正常化どころか教育支配を促進する動きを見せているのが、人権同和教育課です。

 このセクションの人事は教育委員会事務局内でも聖域となっており、日教組出身者が堂々と指導主事に就任することが慣例となってきました。

 したがって、ジェンダーフリーは当たり前といわんばかりに「何年も前の副読本ですからね」とまるで他人事のようなことを平気でいう連中です。

 何度歯軋りしたことか今もって怒りがこみあげる思いだ。即刻、このような連中は任を解くべきなのだ。

 こういう人事を許してきたのは県教委の責任であることはいうまでもない。

 また、裁判にまでなった福岡県同和教育研究協議会への教員派遣は違法と判断されながら、県は毎年760万円もの税金を補助金として支出し続けている。 

 こういう補助金行政のあり方も問わなければならない問題で、同協議会への補助金が続く限り、不当な教育支配は永遠になくならない。

 人権同和教育課はとぼけて「(県同教への補助金)何が問題かわかりません」と愚弄する発言をしているのだが、先にあげたジェンダーフリーといい、この課の存在意義は教育の破壊と外部支配の促進にあるようだ。

 おまけに「人権教育は今」という同課編集の県教委の機関紙では子供の権利条約だの左翼人権派の主張を賞賛する学者を登場させ、率先して学校秩序を破壊する策動に取り組んでおられる。

 私は、この問題を是正しないで、教育正常化もへちまもないと考えており、あらゆる手段で戦いたいと考えています。

 否、考えているというより、現実に始まっています。県教委人権同和教育課の対応がそれをあらわしている。教育の正常化は教育基本法改正決議をあげたり、法改正がなされたからといって安心してはだめなのだ。

 福田政権になって教育再生会議の存在感も薄れ、懸案だった道徳の教科化すら中教審の抵抗にあって実現できていない。すでにそれを見透かした地方の教育現場・教育行政はゆり戻しを始めています。

 それによって誰が喜んでいるかは、諸兄のご賢察のとおりです。

 
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇

「反日マスコミの真実2」(オークラ出版、1200円)が13日から全国発売されています。
人権擁護法案をはじめ沖縄11万人虚偽集会、外国人参政権、在日特権、地方紙の偏向、メディアによる安倍潰しなどを個別のテーマについてその道の識者がひとつの単行本に結集しています

この「反日2」のほか撃論ムックシリーズとして「誰も報じない中国の真実」」)や「情報戦「慰安婦・南京」の真実」などがあります。「慰安婦・南京の真実」は産経IZAブログで有名な政治部の阿比留記者も書いておられます。
今回、私も執筆陣に参加させていただき「同和行政の闇を暴け」と題して福岡県に隠然たる影響力を行使する部落解放同盟の実態と人権擁護法案について寄稿しております。

この場に代えて西村編集長に感謝申し上げたいと思います。

■反日マスコミの真実2ぜひお読みください


■京都の若きサムライ議員です
ぜひお読みください





 宮崎正弘先生のメルマガでもこのようにご紹介いただきました(メルマガ記事中目次略)。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成19年(2007年) 12月11日(火曜日) 貳 
通巻第2025号 
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

(本号にはニュース解説はありません)。

    ◎ ◎ ◎ ◎
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   ♪


 (宮崎正弘のコメント) 目次を拝見すると若い論客が随分と増えているのですね。心強く思いました。

■西村幸祐「酔夢ing Voice」
http://nishimura-voice.seesaa.net/article/72073209.html

反日マスコミの真実2 目次

口絵…………アサヒるメディア・醜くアサヒる5段活用

◎総特集1 アサヒる報道を許すな
報道ファシズムとメディアリテラシー…………………………西村幸祐
座談会 メディアの終焉とその先にあるもの
………………………………西尾幹二+西部邁+富岡幸一郎+西村幸祐
沖縄集団自決のシナリオ…………………………………………藤岡信勝
小沢の変とは何だったのか………………………………………大月隆寛
闇に葬られた違法献金……………………………………………桜井誠
なぜか報道されない民主党議員の醜い失言集…………………宮島理
ここまできた外国人参政権法案………………………村田春樹
同和行政の闇を暴け………………………………………………近藤将勝
ついに明るみに出た「在日特権」………………………………桜井誠
皇室軽視というマスコミの愚挙…………………………………高森明勅
北朝鮮が招く中東の危機…………………………………………島田洋一
反日に狂う韓国の実像……………………………………………桜井誠
尖閣諸島問題から目を背けるな…………………………………平松茂雄

◎特集 報道テロによって潰された安倍政権
安倍政権を退陣に追い込んだ「謀略」…………………………花岡信昭
ナベツネ帝国の陰謀………………………………………………水間政憲
史上まれに見る言論テロ…………………………………………花田紀凱
麻生候補を応援せよ、923を見た!…………………………若杉大
アサヒるメディアたち……………………………………………若杉大

◎総特集2 偏向する新聞の恐怖
ワイドショー世論と朝日新聞……………………………………高山正之
朝日精神の権化・若宮啓文の正体………………………………山際澄夫
やはり朝日は日本の「人民日報」だった………………………石平
毎日、日経の反日報道から目を離すな…………………………藤山敬
赤い保守・ナベツネ誕生の謎……………………………………野村旗守
知られざる「赤旗」の実情………………………………………安東幹
毎日新聞佐賀支局の異常…………………………………………桜井誠
朝日新聞と暴力拡張員……………………………………………若杉大
アメリカ人と新聞の関係…………………………………………藤井厳喜
誰も読まない人民日報……………………………………………五十嵐らん

◎総特集3 見えてきたTVの正体
筑紫死すともNEWS23は死なず………………………………中宮崇
マスコミを覆う鶴のタブー………………………………………乙骨正生
「サラ金」がテレビから消えた日………………………………野村旗守
テレビよ「オマエはすでに死んでいる」………………………神南民夫
視聴率戦争に疲弊するテレビ……………………………………高杉一
反日タレントの肖像………………………………………………若杉大他
CS放送が垂れ流す反日電波……………………………………若杉大

◎特集 汚染と劣化の地方新聞大研究
北海道新聞――北の大地のもうひとつの「赤旗」……………岩田温
沖縄タイムス――反日・反米の牙城……………………………恵之介
中國新聞――「ヒロシマ」発の観念論…………………………岩田温
西日本新聞――九州に君臨する偏向新聞………………………岩田温

◎特集 反日マスコミへの逆襲
特別インタビュー◎聞き手西村幸祐
真性保守の再建を新たな座標軸にせよ…………………………平沼赳夫
ネットが暴いた「十一万人集会」の嘘…………………………但馬オサム
ネット論壇の逆襲…………………………………………………桜井誠
ナンバー1ブロガーの反撃………………………「博士の独り言」主宰者
地デジ化は情報格差社会の幕開け……………………………花山十也

column
「王様は裸だ」――叫び始めた台湾……………………………林建良
日本は韓流芸能人の産廃処理場だ………………………………桜井誠
温家宝・国会演説を読み解く……………………………………若杉大
オタクを舐めたマスコミの墓穴…………………………………但馬オサム

読売新聞福岡版平成20年1月9日



※部落解放同盟の動きが活発化しています。■上部記事参照■
情宣活動など徹底法案反対運動を強化します。
住民監査請求による補助金の廃止運動で公金支出をストップさせる取り組みを行います。
全国有数の解同王国、福岡県の支部組織の活動を揺さぶれば中央に打撃を与えることにつながります!!

皆様からのカンパのご支援をぜひお願いいたします!!

★近藤将勝 コンドウマサカツ
郵便口座
17490-63834391 



■別冊正論 8 反日プロパガンダにトドメを刺す 日中歴史の真実
ぜひお読みください
人権擁護法案反対派の稲田・西川議員なども執筆者です



産経IZAに「女子部」という男子禁制のコーナーが登場しました。
「イザにゃん」という猫ちゃんの写真コーナーがあります。
http://www.iza.ne.jp/jyoshi-bu/cat/index.html

↓最近、ランキング下降ぎみです。
人権擁護法案絶対反対の方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
毎日勉強させて頂いています。物造りで栄えた国も、子供の基本的教育の在り方は酷すぎます。これは明らかに悪質な偽造ですね。そして防虫剤の切れた日本。食い荒らされていくら針を持つのが好きな私でも唖然としています。でも繕うのは根気と元に戻った時の喜びを想うことです。希望と針を持つ手を増やしましょう。
ところでポチっ!を「反日マスコミ2」の前にも増やしてみたら如何でしょうか。毎日のことなのでたどり着くのに時間がかかって忘れる方も?
2008/01/24(木) 13:52:21 | URL | kesera #pBoZlR9Y[ 編集]
いつもお世話になっております。
TBさせて頂いたブログに民主党と部落解放同盟の接触について触れておりますので、もしお暇でもありましたら、ご高覧下さい。
2008/01/24(木) 14:43:15 | URL | 無党派A #-[ 編集]
人権擁護法案・外国人参政権への抗議先です。
現職〔国会議員名簿〕議員の名前をクリックでメールフォームへ
http://www.jca.apc.org/silvernet/giin_all.html
各省庁一括
https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose
首相官邸
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
tel:03-3581-0101 fax;03-3581-3883
自民党
http://meyasu.jimin.or.jp/cgi-bin/jimin/meyasu-entry.cgi
tel:03-3581-6211 fax:03-5511-8855
民主党
http://www.dpj.or.jp/herder/form/contact.html
tel:03-3595-9988 fax:03-3595-9961
共産党
info@jcp.or.jp
tel:03-3403-6111 fax:03-5474-8358
2008/01/24(木) 16:27:47 | URL | #-[ 編集]
ただいま個人的にブログ応援活動してます。
応援ポチッ!
2008/01/24(木) 18:12:59 | URL | コジロー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 最近の小沢さんの言動を見ていると一見全く違う性格のように見える安倍さんと小沢さんにも似ているところがあるのに気がついた。 それは「裸の王様」で括られる言動だ。 [安倍さんの場合]・安倍さんは首相に任命されて最初にやった事は、若手の人達を中心とする彼を...
2008/01/24(木) 14:44:17 | 無党派日本人の本音
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫