FC2ブログ
<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 読書を生活の一部に
2006年02月18日 (土) | 編集 |
最近、本を読むことが少ないと感じることが多い。ブログを開設する前はジャンルを問わずいろんな本をよく読んでいた。

幼い頃から他の友達のようにテレビゲームやおもちゃよりも本をプレゼントされると嬉しくて、無我夢中で読み耽っていて、おそらく視力が悪くなったのも夜中まで隠れて本を読むようなところがあったからだろうが、自分の知らない世界に誘ってくれる本の存在というのは現在の自分自身に見えない影響を与えてくれたと思う。

今朝の産経新聞に作家の阿久悠氏が「たまには本を読む姿を 子どもたちに見せるだけで 家族の半分は固まる」というタイトルのエッセイを書いておられた。

http://nippon7777.exblog.jp/2707586/

阿久氏が紹介されている息子さんのお話は御家庭の雰囲気が伝わる話で振り返って自分も同じようなことがあったなあと思った。

もともと私が本を読むきっかけは母の影響が大きい。

私の母は小説や文学が好きで、今でも両親の部屋には本棚にぎっしり文庫版や新書版の小説が並んでいる。事件物のドラマや西村京太郎などのサスペンス小説が母の趣味で歴史や社会問題もその延長で関心があったようだ。

最近では私の逆影響で保守思想やら国民運動にも関心を寄せてくれている。父や母も皇室典範の問題で神社本庁や日本会議が出したパンフレットや小冊子を読んで勉強してるといっていた。

そういう両親の様子は子供としても嬉しい。

阿久氏は次のように結んでいる。

 いい姿で、深い本を読む。没頭する。たったそれだけのことを実行するだけで、絶望の家族が普通の家族ぐらいには回復出来るのだ。本を読め読め、シャンとして読め。

久しぶりに心に響くものを得た気がした。

読書が生活のなかにあるという状態を意識的につくっていくことは自分自身にとっても家族や周囲にとっても好ましいことだと思う。

本を読むという知的生活それ自体が学びになる。
ブログを書くにもやはり本を読んでいなくては書けない。

学力低下問題が社会問題となっているが、その原因はもちろん学校で教える内容が大幅に減らされたということもあろうが、家に帰ってから勉強以外に楽しいことがありすぎて、怠けること自体が習慣化していることも影響していると思う。

それは、本を読まなければならないという義務感や勉強しなさいという命令からではなく、両親どちらかでも本を読む姿を見せることで克服されてくるのではないだろうか。

人のことを言う前に私もパソコンの前から離れて本を読む時間を作っていきたい。

↓テレビ・パソコンより本を読むことに賛同の方は
blog

↓にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログへ

↓日本のよさを守る女性議員を~女性塾を応援します↓
女性塾バナー
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
生活のなかにある「読書」
なめ猫さん、はじめまして。
私も家庭の中で「読書の習慣」をつけるべきだと思います。
最近の学校では朝の授業の前に読書タイムを設けているそうですが、それって、結局生徒からみたら「自発的な読書」にはならないと思うのですが。私の実家でも父が読書好きで、テレビを観ている時でも読書しながらでしたが…。そんな父の姿から、私の読書に対する習慣がついてきたと思います。
2006/02/21(火) 00:57:56 | URL | 名犬★らっち~ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
高校写真部、女子生徒が急増中「プリクラで身近」と 「男性の趣味」と思われがちな写真だが、高校の写真部が女子生徒に人気だ。 全国レベルの大会でも、応募する女子が男子の3倍以上にのぼるほど。プリクラやレンズ付きフィルムで写真になじんだ女子が、操作が簡単なカメ
2006/02/18(土) 09:50:01 | ねこまんま
読書を生活の一部に http://genyosya.blog16.fc2.com/blog-entry-56.html インターネットが無ければ、 自虐史観からの脱却も出来ず、泥棒韓国の真実が広がることも無く、 人権擁護法案の反対運動も盛り上がらなかった。 個人的には、西尾幹二という偉大な論客の存在を知
2006/02/21(火) 23:41:39 | The Perfect Blog
なめ猫