<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 いよいよ5月10日、福岡県民集会に向けて頑張ります
2008年04月30日 (水) | 編集 |
 昨日ご紹介した福岡・久留米市での百地章日本大学教授の人権擁護法案についてのご講演、新風福岡の映画「めぐみ」の上映、どちらもすばらしいものでした。

 百地先生のご講演は、外国人参政権や女系天皇問題で拝聴しておりましたが、人権擁護法案についてレジュメをもとにわかりやすくご紹介してくださいました。

 当ブログをご覧の多くの皆さんが反対していると思います人権擁護法案。百地先生は「二度つぶれた法案が三度目出てきた」、この法案は暗黒社会の実現にあると喝破されました。

 そして答申からも逸脱しており、パリ原則にも反している、違憲法案だと。

 注目したのは政治家の言動でしたが、なぜか塩崎元官房長官が方向転換をして推進派の立場で動いていることを指摘しておられました。

 最初は法案の問題点を法務省に厳しく質していたのに、ある時期から急に推進派に転向しています。ここになんらかの働きかけがあるとの指摘でした。

 また、この法案は部落解放同盟の糾弾に国が法的根拠を与えるものであるとして、同和利権の批判はもっともな批判と仰いました。

 由々しきは推進派、古賀誠は当選回数別の議員を集めて圧力をかけているとか。反対派が論理的に反論しているので、選挙で公認しないとか脅しをかけるしかないようです。

↓最近、ランキング下降ぎみです。
人権擁護法案絶対反対の方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ

 太田誠一議員のblogが炎上していることにも言及されていました。ネットの皆さん、百地先生は結構、インターネットをご覧のようです。2ちゃんねるがとか出てきておりました。

 皆さんのブログや2ちゃんねるの書き込みは百地先生が読んで、参考にしておられるようですよ。

 この法案は成立すれば真っ先に保守派がやられます。メディアがなぜか沈黙している状況では、私たちの粘り強い反対運動と良識派の国会議員の連携による運動展開しかないと思われました。

 さて、講演終了後、知人に車で駅まで送っていただき、福岡市へ電車で向かいました。

 市民の連帯発足式の会場と同じ福岡ビルの会議室での上映会で、1部・2部で20名の参加者でした。十分な告知活動ができていないにもかかわらず、街頭でのビラ配りで受け取ったチラシを見てきた人が数名いたのは驚きました。

残念ながら聞くことができませんでしたが、救う会福岡の松尾事務局長による講演も素晴らしかったとのことです。

何回観ても横田さんたち拉致被害者家族の思いがひしひしと伝わってきます。葛藤や苦しみ、涙、このご家族の思いを日本人として共有していく。人権はそのことを抜きにして語っても無意味だと思います。

今後も上映会を県内各地で開催していきたいと考えております。

■皆様へ緊急支援のお願い

我々の「市民の連帯」は手弁当ボランティアで、実質、共同代表の方の持ち出しで運営されています。 教育オンブズマン活動も持ち出し自己負担と皆様からのご支援で継続しております。

いよいよ5月10日の県民集会に向けて取り組みを集中させて参りたいと思います。皆様、何卒、集会へのご参加、口コミなどでの宣伝、また活動資金のご支援をよろしくお願い申し上げます。

一昨日、西日本と読売新聞へのチラシの折込が決定しました。

新聞折込や案内状の発送、道路使用許可証申請、資料の印刷、諸団体まわりなどにかかる諸経費も共同代表、事務局運営者の持ち出し状態です。

教育行政の不正常な実態を改善する取り組みは継続して取り組んでおります。

私生活で削れるものは削りながら、国のことを考えれば、これくらいのことでへこたれないぞと思っています。お蔭様で地元福岡の皆様はじめ多くの方のご支援に支えられて成り立っております。

人権擁護法案は何が何でも葬り去らねばならない。国会の会期は6月中旬まで。残り2ヶ月の勝負です。部落解放同盟もその腹積もりで攻勢をかけてくるでしょう。

若手中心の既存の団体と異なる視点・方向性をもった保守運動を展開していきたいと考えております。その構想も進んでいます。

さらなる運動の強化を図るべく、人権弾圧法案成立を推進し、中共政府によるチベット民族弾圧、人権蹂躙は批判しない似非人権屋、不当な介入を行う団体の活動を牽制する活動をご支援ください。どうかよろしくお願い申し上げます。


■ご支援をよろしくお願いいたします!

カンパ先は次のとおりです。

郵便口座

17490-63834391

★近藤将勝 コンドウマサカツ



【人権擁護法案反対福岡県民集会(久留米)のお知らせ】

来月10日に鳩山・古賀・解同委員長の地元で人権擁護法案反対県民集会を開催します。
多くの皆様のご参加を何卒よろしくお願いいたします。

私共「人権擁護法案に反対する市民の連帯」は、今国会で成立が図られている人権擁護法案の成立を阻止すべく、福岡市と北九州市に於きまして法案反対市民集会を開催し、その間に代表者が上京して法務省及び議員会館にて陳情活動を実施し、また福岡市天神を中心に街頭署名活動を行うなど、本年3月より活動を展開しております。

これらの活動を通じて改めて同法案の危険性を痛感するとともに、とくに若い世代における危機意識の高まりを実感しているとことです。そこで、さらに幅広い国民各層に訴えるとともに、福岡県民としての意志をより明確に表明すべく、本県の南部、鳩山法務大臣の地元で、古賀誠元幹事長の選挙区の隣、そして部落解放同盟の組坂中央本部委員長のお膝元である久留米市におきまして県民集会を開催することと致しました。

この度の集会におきましては東京で反対運動を展開しておられる岡本明子先生(ジャーナリスト)をお招きし、女子差別撤廃条約の意見交換会に参加されたやり取りなどから反日NGO組織の戦略、彼らから家族を守るために今何をすべきか、ということをテーマにした講演をいただく予定となっております。お忙しいところとは存じますが、何卒ご参加を賜りたくお願い申し上げます。

日時■平成20年5月10日(土)14時より

場所■えーるピア久留米 生涯学習センター301会議室
     (福岡県久留米市諏訪野町1830-6)

交通■福岡市内からは西鉄大牟田線特急で30分 西鉄久留米駅より徒歩10分

名称■「人権擁護法案反対福岡県民集会」

講師■岡本明子氏(主婦・ジャーナリスト・家族の絆を守る会事務局長)
演題■「反日NGOネットワークから『家族』を守るために」

主催■人権擁護法案に反対する市民の連帯 (http://rentai.sejp.net/
会費■無料
お問い合わせ先:電話FAX 092-553-5126(事務局)
〒815-0031 福岡市南区清水3-8-29-505


↓最近、ランキング下降ぎみです。
人権擁護法案絶対反対の方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ




4月3日から九州・北海道でも正論5月号が発売されています。

だから人権擁護法案は問題なのだ

情報公開でわかった「吊るし上げ」交渉の一部始



同和団体による福岡県教委への「教育介入」はまさに教育をゆがめるものだ


教育オンブズマン 近藤将勝
「正論」平成20年5月号 近藤論文




内容は、福岡県情報公開審査会が昨年開示を決定した平成18年度部落解放同盟福岡県連と福岡県教育委員会の交渉記録に基づいて、教育行政がいかに特定の運動団体に不当な支配、干渉を受けているかを交渉のやり取りに解説をしながら明らかにし、人権擁護法案が成立すれば糾弾闘争が激化する危険性を訴えています。

mixiで話題となった解同支部役員を務める太宰府市の教育委員会職員が狭山集会の案内状を送付していた問題を大阪の老兵さんが追及したところ、当該職員より法務局へ訴えられた事件についても最後のページで簡単にですが、触れております。

瀬戸ひろゆき氏のBLOGで紹介されました。

http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/51883308.html


ぜひ、お読みください。



↓最近、ランキング下降ぎみです。
人権擁護法案絶対反対の方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ





自民党人権問題等調査会が本日8時半から開催されます。反対派の意見が多く、推進派もとりまとめができない状況ですが、予断を許しません。多くの反対・抗議メールをお願いいたします。できればフックスが効果抜群です。余りのフックス受信に電源を切らなければ成らないほどの数に達すれば、太田氏をはじめ、古賀氏ら推進派への影響は甚大です。
よろしくお願いいたします。*


□自民党 総合をクリックし、http://www.jimin.jp/jimin/goiken/index.html 
人権擁護法案の問題点を明記し、お送りく ださい。

□自民党人権問題等調査会の太田誠一会長へ
 〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2 衆議院第2議員会館 232号室
 電話 03-3508-7032 FAX 03-3508-3832
 http://otaseiichi.jp/
 
皆さんの声を国会議員に。部会には必ず出席するよう働きかけてください。

↓最近、ランキング下降ぎみです。
人権擁護法案絶対反対の方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ



**


↓最近、ランキング下降ぎみです。
人権擁護法案絶対反対の方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ
スポンサーサイト


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
山本へるみ 港区議会議員 現地レポート? オリンピック聖火リレーが行われた26日、チベット弾圧抗議活動と現地治安状況視察のため、長野に...
2008/04/30(水) 06:22:24 | 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫