<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 福岡県筑後市で新たな左翼支配の道具「自治基本条例」制定の動き 
2008年05月14日 (水) | 編集 |
人権擁護法案に目がむいているうちに地方自治体レベルで新たな革命戦略が推進されています。それが自治基本条例です。

昨日午後、筑後市役所から記者会見で配布した自治基本条例の条例案などの資料を貰ってきました。

非常に危険なのは、この条例(案)には最高規範性、つまりこの条例に反する条例や規則はつくれないと明記されていることです。

↓最近、ランキング下降ぎみです。
新たな左翼革命に危機感を持つ方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ




過去の議事録は筑後市のホームページから。
http://www.city.chikugo.fukuoka.jp/gyousei/machidukuri/chihoko/kondan/kondan_4.htm

と き  平成20年2月6日(水) 午後7時30分から
     
ところ  サンコア
参加者  ワークショップメンバー10名、      事務局(まちづくり課)4名
     
 「年末年始や参加者の都合などで、2カ月ほど期間が空きましたが、今日からは、前回までに一通りまとまった原案の微修正に入ります。」
 と予定していましたが、監視委員会のことについて意見がありましたので、そのことについての議論が主になりました。
 以下に内容を簡単に紹介しています。


ワークショップ
   (自治基本条例監視委員会)
第28条 市長は、市の運営がこの条例に則して行われているかどうか、また、市の条例がこの条例に適合しているかどうかについて監視を行う、市から独立した機関として、自治基本条例監視委員会(以下、監視委員会という)を設置しなければならない。
2 市は、監視委員会が前項に規定する監視を行うための、調査その他必要なことについて、協力しなければならない。
3 監視委員会は、第1項に規定する監視によって明らかになった改善すべき事項その他必要な事項について、市長に対し勧告を行うことができる。
4 市長は、前項に規定する勧告があった場合、その勧告の内容を尊重し、改善その他必要な措置を講じるよう努めなければならない。
 (この条例の改正)
第29条 この条例の改正に当たっては、事前に改正内容について住民審査に付し、その結果とともに改正案を議会に付議しなければならない。
2 前項に規定する住民審査に関し必要な事項は、市長が別に定める。





第9章28条自治基本条例監視委員会を設けることは、自治基本条例の趣旨に反するのではないかと思うので削除したい。
私は設置していたほうがいいと思います。少子高齢化や財政が逼迫する中で市政全般について正しく運営、公表されているか監視するところがいると思います。
どんなにこの条例を作っても住民自らが動く風土ができていないとどうしようもない。市民が目覚めたら市も勝手なことはできないだろうし。ましてや専門的な外部の人で委員になるようなものがいるだろうかと思います。
現在は議員さんを通して自分たちの意思を反映するいわば代理自治です。それだけではなくて‘自分たちもやらなくてはいかんでしょう’ということですよね。
私は住民による自治が大事というのなら、行政や議会のあり方もおのずと変わってくると思います。住民も自立が求められるわけでしょう。それでなぜ監視委員会が必要なのかがわからない。この条例ができれば代理自治もある程度変わってくると思う。
一方は条例を作っても住民は動かないだろうと思っていて、もう一方はいや自分たちで動かなきゃいかんでしょうということのようですね。
私は48000人の意思を一つにすることだけが自治じゃないと思う。1人以上の意思を反映するような仕組みをこの条例に盛り込んで、いろんな人、コミュニティの意思がスムーズに進むようにするのが自治基本条例じゃないかと思う。
私は違うと思います。各コミュニティがどういう運営をするかは丸投げでいいと思う。この条例はコミュニティをつくりましょう。つくるのを支援しますという仕組みを決めればいいと思う。
それは賛成。
市民が考えたものを土台に考えていけば、市民の意思を反映できるし市民も議員も成長すると思う。そんな仕組みをつくるのがこの条例でしょう。
市全体に関することは議員に任せて議員には本来の仕事をしてもらう。小さなコミュニティの意思決定は私たち住民がやりますということですか。
自治基本条例は市民に義務も課しているし、各コミュニティの意思を1つの意思としてスムーズに反映されるシステムがいると思う。ただ、私の前提は、ルールをみんな守らないと思うから監視委員会を置くほうがいいと思うのです。
私はそんな後ろ向きな発想は嫌です。
意見もほぼ出尽したと思うので、28条自治基本条例監視委員会を入れるか、入れないか多数決を取りたいと思います。挙手をお願いします。
   このまま残しておく→2、削除→5
それでは削除するということで、条文の解説には今出た意見も載せるようにしましょう。
 (休憩)
28条は多数決の結果削除することになりましたが。
監視委員会を削除するとの意見の方にお尋ねですが、削除するとこの条例をどこが最終的に保障することになるのでしょうか。
そんな機関はいらないでしょう。
裁判所は憲法に違反していない限り、個々の条例についてまで保障はしないので、最高規範性を定めていても監視委員会がなければ絵に描いた餅になる。
市民として自分たちにできる本当の自治をつくりたいと思う。それに監視委員会は専門的知識を有する人で組織されるとのことだったし。
市民を入れるということで担保すればいい。監視委員会の組織については条文に規定されていないので。
市民で組織したとしても私は要らないと思う。監視委員会を作って何がどう変わるでしょうか。
要は、自治基本条例の趣旨を守っているかどうかをみる。例えば議会で議案の賛否の公表がなされていないならば、議会に対して勧告することができるので、かなりの影響力がある。賛否の公表を条例で定めても必ずこれに従わなくてもいいわけで、だからこそ市民の感覚でものを言う機関が必要ではないか。
再度多数決を取り直したいと思いますが、皆さんいかがですか。
はい。
残すほうがいい→6、削除→3
逆転しましたが、いいですね。組織は市民を中心として組織するということに変えましょう。

****

いったいこんな条例を推進している勢力は何者なのか、これは今後調査していく必要があると思っています。

条例案も当ブログで解説つきでご紹介したいと考えております。

まちづくり課 地域づくり支援係
 833-8601  福岡県筑後市大字山ノ井898番地
 0942-53-4111  0942-52-5928
https://www.city.chikugo.fukuoka.jp/cgi-bin/faq/fqb_kanrifaqentry.exe

〒187-8701 小平市小川町2-1333 市役所3階
自治基本条例担当
電話:042-346-9582
https://www.city.kodaira.tokyo.jp/cgi-bin/mailform/mail.cgi

小平市の推進派のブログ
http://kodaira.sblo.jp/

↓最近、ランキング下降ぎみです。
新たな左翼革命に危機感を持つ方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ

http://mytown.asahi.com/fukuoka/news.php?k_id=41000000805080001

筑後市民が自治条例案

 ■公募40人まとめる

住民自治の基本原則を定めた「自治体の憲法」と言われる自治基本条例の原案を、筑後市の公募で選ばれた市民たちがまとめた。市議の各議案への賛否を公開することを義務付けるなど全国でも先進的な内容。今後、公聴会を開いて修正を加えた上で市に提出し、市は来年3月議会への上程をめざす。

自治基本条例は、01年に北海道ニセコ町で「まちづくり基本条例」が施行されたのを機に近年全国で導入が進む。県内では、うきは、柳川、宗像の各市などが定めている。


 筑後市は条例制定にあたり、原案を作成するメンバーを05~06年にかけて募集。応募した40人の市民による「私たちの自治条例をつくる会」(井星喜文代表)が2年間かけて、前文と9章からなる条例原案をまとめた。市によると、公募の市民だけで原案をまとめた例は全国的にも珍しいという。


 前文では、市民が主体となり責任を持ってまちづくりにあたる重要性をうたった。議会について定めた第3章では、各議案に対する議員の賛否を原則公開することを求めた。第5章「参画」には、市民からの政策提案制度の整備のほか、住民投票について有権者の3分の1の署名が提出された場合、議会の採決を経ずに市長が実施するかどうか判断することができる制度を盛った。


 つくる会は、原案について市民の意見を聞く公聴会を6月4日(水田コミュニティーセンター)、11日(サンコア)、18日(大和公民館)の3回、各日午後7時半から開催。修正した原案を7月に市に提出する。条例案を議会に提案するのは市で、来年3月議会の上程を目指すという。


 井星会長は「おまかせ民主主義を脱却して、市民の意見が反映できる内容にした。これを可決するかどうかで、議会の民主性が問われることになる」と話している。

******

http://mainichi.jp/area/fukuoka/news/20080509ddlk40040680000c.html

自治基本条例:市民だけで原案作成 筑後の住民グループ、まとめる /福岡

 筑後市の住民グループ「私たちの自治条例をつくる会」(井星喜文代表、約20人)は「自治体の憲法」とされる「自治基本条例」の原案をまとめた。市の公募に応じてつくったもので、市民の意見を聞く公聴会を経て7月に市に提出し、市は今年度中に条例案を議会提案する方針。住民だけで原案作成にかかわるのは全国でも珍しいという。

 自治基本条例は、さまざまな条例を制定する際の根幹となる規範で、県内ではうきは市や柳川市などで制定している。

 市は条例制定にあたり、05~06年に原案作成の市民を公募。メンバーは自営業や主婦、会社員らで06年3月の会発足以降、学習会を月2回開き、延べ562人の市民の声を参考に原案を練り上げた。

 案は市民、議会、執行機関など全9章で構成。条例制定・改廃提案権では「市民は有権者の100分の1以上の署名で、条例制定や改廃を市長に請求できる」とし、地方自治法で定める「50分の1」より緩やかになっている。

 また、市議の各議案の賛否の公表や、有権者の3分の1の署名で、住民投票実施の可否を議会に諮らず、市長の判断で行えるようにしている。井星代表(57)は「地方自治は住民の手で作るもの。市の活性化にも役立てたい」と話している。

 公聴会(いずれも6月の午後7時半から)は4日=水田コミュニティセンター▽11日=サンコア▽18日=大和公民館。問い合わせは市まちづくり課0942・53・4111。

【東京・小平市でも】

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tokyotama/news/20080510-OYT8T00738.htm

市民が「自治基本条例案」
2年かけ作成 小平市長に提出

 小平市の市民が、“地方自治体の憲法”とも言われる「自治基本条例案」を約2年かけて作り上げ、10日、市長に提出した。条例案を作成した「小平市自治基本条例をつくる市民の会議」代表の一人、中山光弘さん(69)は、「行政主導ではなく、市民がゼロから作り上げた条例案。制定につなげたい」と期待を込める。行政がかかわらずに作り上げた自治基本条例は全国的にも珍しいという。

 自治基本条例は、自治体運営のための理念や原則を定めたもので、条例を制定する際のよりどころとなる。全国で約100の自治体が制定しており、多摩地区でも多摩市などで制定されている。

 完成した条例案は、前文と全39の条文から構成されている。前文では、「市の風土や歴史」「目指すまちの姿」「自治基本条例の位置づけ」の3テーマについて、同条例の条文を解釈する上での基礎となる考え方を明記。条文には、「高齢者や18歳未満の子どもなど市民の誰もが市政に参加できること」や、コミュニティー活動についての定義などが書かれている。

 同会議は2007年2月、市の広報紙などの公募で集まった主婦や会社員、自営業者ら、30~80歳代の男女計64人で発足。06年8月の準備会結成から今月3日の最終会議まで、メンバーたちは月に2回、市の健康センターなどに集まって150回以上も話し合いを重ねてきた。2~3時間の会議終了後も、メールを使って議論が続くこともあったという。中山さんは「意見や価値観が違う市民が出会ったので、お互いが納得いくまで徹底的に話し合った」と振り返る。

 条例案作りに当たっては、会議に加わっていない市民向けの経過報告や意見交換会も開き、「男女共同参画社会が加速するような条文を入れてほしい」「グリーンロードなどの豊かな自然環境を守ることを盛り込んでほしい」などの意見を反映させた。

 条例案は今後、市が語句の表現方法などの体裁を整えた上で議会に提案し、可決されれば条例として制定される。中山さんは「市を運営していく上での基本ルールを市民で練り上げた。議会では制定に向けて、十分に審議してほしい」と話している。

【ご報告】
10日、福岡・久留米市に於きまして「人権擁護法案に反対する市民の連帯」主催で法案反対の県民集会を開催いたしました。

福岡県の第3の都市、久留米市は鳩山邦夫法務大臣の地元であり、部落解放同盟委員長の
組坂氏の地元、そして野中の意を受けた古賀誠の隣であります。

↓最近、ランキング下降ぎみです。
人権擁護法案絶対反対の方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ

主催者の開会挨拶、ビデオ上映を行い、ビデオでは2月の私の解放同盟の実態に関する講演から
前回の北九州市の集会までダイジェストで編集したものをご覧いただきました。

ユーチューブに動画はアップされていますのでご覧ください。


ご祝電をいただいた国会議員・県議会議員は以下のとおりです。

・西川京子先生(厚生労働副大臣・衆議院議員・自民党)
・平沼赳夫先生(拉致議連会長・衆議院議員・無所属)
・鷹尾英一郎先生(参議院議員・民主党)
・古川忠先生(福岡県議会議員)
・伊藤純子先生(群馬県伊勢崎市議会議員)

今回、東京よりジャーナリストで家族の絆を守る会事務局長の岡本明子氏をお招きし、ご講演をいただきました。

レジュメをもとにご講演いただきました。

動画がアップされましたのでご覧ください。


先日の毒ギョーザのエプロンデモ、支那中共の主席訪問での抗議行動のお話で、すでに
言論の自由がない状況があることを指摘されていました。
警察に怒っても仕方がないが、非常に悔しかった、泣きながら帰ったとの心情を語られました。

画期的だったのは、岡本さんが自民党の法務部会や外務省の意見交換会に潜入・参加された
際の録音内容を一部ですが、会場で流して聴いていただいたことです。

音声が聞き取りにくい面はありましたが、会場からは驚きの声があがりました。
推進派議員の一方的な発言や意見交換会でのフェミニスト活動家の暴走発言に失笑しました。

反差別国際運動理事長の武者小路を中心にした相関図は国連を介して反日運動を進めるネット
ワークを明らかにするものでした。

岡本さんは「ぜひ、国の意見交換の場などに出てきていただきたい」と呼びかけられました。

興味深いのは、アメリカの対日戦略の「JAPAN PLAN」でマイノリティーを利用する、つまり
部落の人たち(解放同盟)等を扇動し秩序破壊工作に利用する計画が戦前から練られていて、今後はこの解明が必要だと仰られました。

戦後の解放同盟や在日朝鮮人の反日活動はアメリカが意図的に仕組んだ謀略である。北朝鮮総連もまたソ連や中共の情報機関の下請けとして活動していたと指摘され、差別問題での混乱はそういった外国勢力の意図があったことがわかりました。

時間の関係上、要所要所を省いてお話していただいており、岡本講師には大変、申し訳なく思いまし
た。

しかし、80名近い参加者の数名の方に終了後感想をお聞きしましたが「初めて聞くお話で非常に勉強になった」などの感想が聞かれました。

↓最近、ランキング下降ぎみです。
人権擁護法案絶対反対の方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ

岡本氏の講演を受けて、顧問より「部落解放同盟は真に被差別者の代弁者なのか?」と疑問を呈され、行政が団体の命令で似非同和行為をしていると批判されました。

この法案はあらゆる思想活動を否定するもので、左翼とでも連携しても阻止していきたいと決意を語られました。

非常に力強い言葉であり、企業の最前線で働き、企業同和問題推進協議会の正常化に今も取り組んでいる、まさに生き様が感じられました。

最後に法案阻止に向けてがんばろーを三唱し、終了しました。

終了後、鳩山邦夫法務大臣の事務所へ陳情へ行きましたが、部屋も通してもらえず随分、横着な対応でした。

栃木からわざわざお越しいただいた方がブログにご紹介いただきました。

日出る処の天子
http://souzui.blog113.fc2.com/blog-entry-56.html

なお、昨日は北九州市で日本会議福岡・北九州支部総会で岡本さんはご講演されました。
(注・岡本氏が「先生」と呼ばれるのは~とのことでしたのであえて「さん」とお呼びします)

午後7時40分の北九州空港発の便で帰京されるまでお見送りさせていただきました。

読売新聞にも地域版ですが、写真入りで記事が掲載されました。以下、本文をご紹介
します。

********

人権擁護法案に市民が反対集会  久留米

政府が今国会に再提出を検討している人権擁護法案に反対する県民集会が10日、久留米市の
えーるピア久留米であった

日本会議福岡のメンバーらでつくる市民団体「人権擁護法案に反対する市民の連帯」(福岡市)の主催。日本の自由と文化を阻害しかねない法案の阻止を目的に、福岡、北九州市に続いて開いた。

集会には約70人が出席。団体の共同代表を務める馬場能久さんは「法案は人権侵害そのもので
、我々が求めてきた自由な社会を踏みにじる行為だ」とあいさつ。

ジャーナリストの岡本明子さんが基調講演し、「すでに公権力で国民の発言の場を抑圧されているケースがある」と強調。法案の成立に危機感を表していた。

法案は2002年に国会提出され、人権侵害の定義が不明確などとして廃案となった。人権侵
害の有無を判断する人権委員会の新設が柱として盛り込まれていた。

■皆様へ緊急支援のお願い

我々の「市民の連帯」は手弁当ボランティアで、実質、共同代表の方の持ち出しで運営されています。 教育オンブズマン活動も持ち出し自己負担と皆様からのご支援で継続しております。

新聞折込や案内状の発送、道路使用許可証申請、資料の印刷、諸団体まわりなどにかかる諸経費も共同代表、事務局運営者の持ち出し状態です。

教育行政の不正常な実態を改善する取り組みは継続して取り組んでおります。

私生活で削れるものは削りながら、国のことを考えれば、これくらいのことでへこたれないぞと思っています。お蔭様で地元福岡の皆様はじめ多くの方のご支援に支えられて成り立っております。

人権擁護法案は何が何でも葬り去らねばならない。国会の会期は6月中旬まで。残り2ヶ月の勝負です。部落解放同盟もその腹積もりで攻勢をかけてくるでしょう。

太田誠一秘書との写真


戸井田議員との写真


政策秘書の中里氏の話を聞いている2人は共同代表の伊藤氏と私、近藤です。

大田誠一秘書との懇談


若手中心の既存の団体と異なる視点・方向性をもった保守運動を展開していきたいと考えております。その構想も進んでいます。

さらなる運動の強化を図るべく、人権弾圧法案成立を推進し、中共政府によるチベット民族弾圧、人権蹂躙は批判しない似非人権屋、不当な介入を行う団体の活動を牽制する活動をご支援ください。どうかよろしくお願い申し上げます。


■ご支援をよろしくお願いいたします!

カンパ先は次のとおりです。

郵便口座

17490-63834391

★近藤将勝 コンドウマサカツ


4月3日から九州・北海道でも正論5月号が発売されています。

だから人権擁護法案は問題なのだ

情報公開でわかった「吊るし上げ」交渉の一部始



同和団体による福岡県教委への「教育介入」はまさに教育をゆがめるものだ


教育オンブズマン 近藤将勝
「正論」平成20年5月号 近藤論文




内容は、福岡県情報公開審査会が昨年開示を決定した平成18年度部落解放同盟福岡県連と福岡県教育委員会の交渉記録に基づいて、教育行政がいかに特定の運動団体に不当な支配、干渉を受けているかを交渉のやり取りに解説をしながら明らかにし、人権擁護法案が成立すれば糾弾闘争が激化する危険性を訴えています。

mixiで話題となった解同支部役員を務める太宰府市の教育委員会職員が狭山集会の案内状を送付していた問題を大阪の老兵さんが追及したところ、当該職員より法務局へ訴えられた事件についても最後のページで簡単にですが、触れております。

瀬戸ひろゆき氏のBLOGで紹介されました。

http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/51883308.html


ぜひ、お読みください。



↓最近、ランキング下降ぎみです。
人権擁護法案絶対反対の方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ





自民党人権問題等調査会が本日8時半から開催されます。反対派の意見が多く、推進派もとりまとめができない状況ですが、予断を許しません。多くの反対・抗議メールをお願いいたします。できればフックスが効果抜群です。余りのフックス受信に電源を切らなければ成らないほどの数に達すれば、太田氏をはじめ、古賀氏ら推進派への影響は甚大です。
よろしくお願いいたします。*


□自民党 総合をクリックし、http://www.jimin.jp/jimin/goiken/index.html 
人権擁護法案の問題点を明記し、お送りく ださい。

□自民党人権問題等調査会の太田誠一会長へ
 〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2 衆議院第2議員会館 232号室
 電話 03-3508-7032 FAX 03-3508-3832
 http://otaseiichi.jp/
 
皆さんの声を国会議員に。部会には必ず出席するよう働きかけてください。

↓最近、ランキング下降ぎみです。
人権擁護法案絶対反対の方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ



**


↓最近、ランキング下降ぎみです。
人権擁護法案絶対反対の方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
反対の意見を送りたいので、筑後市と小平市の抗議先をご教示頂ければ有難いのですが。

 自治基本条例については我孫子市で否決されたことがありますが、今年の新潟市は保守系議員が踏ん張れず可決されてしまいました。
 現在策定中の自治体は、北九州市、大分市、函館市、江別市、安城市、基山町などがあります。
 この条例は自治労も推進しているようです。
http://www.jichiro.gr.jp/seisaku/seisakushu/2007/contents.htm

 
2008/05/14(水) 09:04:34 | URL | 落蹲 #Y17400wE[ 編集]
ランキングがおかしいです。
応援クリックしてもトップページに飛びます。
政治ランキングに行きません。

最近他のブログでも同じ様な現象が起きています。
常におかしい訳でなく、急に正常にランキングに飛んだりもします。
何か、不穏なものを感じます…
2008/05/14(水) 13:31:01 | URL | Rook #-[ 編集]
コメント有難うございました
落蹲さま

コメント有難うございました。筑後市と北九州市は反対運動を展開していこうと思っています。
自治労はその名のとおりの上からの左翼革命を狙っているようです。

Rookさま

瀬戸さんのブログあたりでもそういうことがあるようですね。
何かあると私も感じています。
2008/05/14(水) 19:40:04 | URL | なめ猫♪ #TAZSivxg[ 編集]
自治基本条例ですか。
市民によって作成されたと言っても応募してくるのは推進派の市民ばかりでしょうし、実際に作成に関われるのはその中でも選ばれたごく一部の市民だけ。
議会側がきちんと修正してくれればいいのですが市民が2年掛けて作ったとなると文句は言いづらくそのまま可決してしまうケースが多い。
結果一部の市民によって作られた基本条例によって地方行政がコントロールされるという民主主義として危険な状態になっている、と。
ま、碌なもんじゃないですね。
せめていらないという意思表示ぐらいできるといいんですけどね。
2008/05/17(土) 16:49:32 | URL | 大島 #d3xRQPUk[ 編集]
初めて書き込みます。ちょくちょく拝見しております。また遊びにきます!
2008/10/23(木) 04:58:49 | URL | hanae #-[ 編集]
そうですよね
たまに見ています。継続して日記凄いです。私も頑張ります。ここのところ寒くなってきたので風邪などに気をつけて下さい。また拝見させて頂きます。
2008/11/10(月) 20:31:50 | URL | 暁生 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫