<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 速報!在日特権を許さない会福岡支部の街頭活動報告
2008年06月18日 (水) | 編集 |
速報という形でご報告させていただきます。

今日は午前10時過ぎから「在日特権を許さない市民の会の街頭活動に参加しました。在日の無年金訴訟のことです。

福岡地裁前では、某右派活動家と櫻井会長のバトルが繰り広げられました。 自分は在日2世だと名乗っておられました。

櫻井会長、支部長と活動家氏のやりとりのなかで、お前らのような奴がおるけん、右が悪く見られるというような発言がありました。裁判所の正面には某新聞社の本社ビルがあるのですが、何人もの人が見ておられました。

昼食を市役所の食堂でとったあと、福岡市役所保健福祉局の健康福祉まちづくり部の課長ら3名と櫻井会長、福岡支部のメンバーなど10名で1時間にわたる申し入れを行いましたが、真摯に受け止めると繰り返すばかりで、なんら回答は引き出せませんでした。

FBS福岡放送前では、FBSの社員や通行人が通り過ぎるなかで、偏向放送に対する抗議を行いました。

一通り抗議を行った後、申し入れ書を提出しましたが、FBS側はなかなか受理しようとはせず、10数分のやり取りを経てようやく受理しました。

偏向放送の内容については在日特権を許さない会のホームページをご覧下さい。

本日は予想の雨でなく曇りながらも時折日が差し30度を超える暑いなかの街頭活動でありました。

熊本や北九州方面など遠方からの参加もあり、人数は少なかったものの、非常に有意義な活動でした。

詳細はまた在特会のホームページ、ユーチューブに動画がアップされると思います。

福岡県庁同和対策局の大串係長の言動についていろいろと本人の言い分があるようです。


しかし、いきなり興奮して声を荒げられた者からすれば許し難いものを感じます。


公僕としての自覚はあるのかと問いたい。



人権擁護法案阻止・同和利権の是正・教育正常化運動ご支援のお願い


今国会断念と産経新聞で報じられていますが、太田誠一らは部落解放同盟や自由同和会の意向と保守派を天秤にかけて同和団体の意向に配慮した法案骨子として私案を出してきたのです。

論議は継続としており、秋の臨時国会が怪しいと思われます。

<部落解放同盟>全国大会 人権侵害救済法など運動方針討議
3月3日19時2分配信 毎日新聞

 部落解放同盟の第65回全国大会が3日、東京都千代田区の九段会館を主会場に始まった。2年前に事件や不祥事が相次いだことを受け、「『再生・改革』運動をやり抜き、部落解放運動の抜本的な質的転換を実現しよう」がスローガン。「人権侵害救済法」の早期制定を求めることなどを盛り込んだ08年度運動方針が討議される。5日まで。

組坂繁之委員長は冒頭、自民党で議論が進められている「人権擁護法案」に触れ、「自民党の中に曲解、誤解があるが、中途半端な法律ではいけない」とくぎをさした。

同党人権問題等調査会会長を務める太田誠一元総務庁長官は「(調査会は)罵詈雑言(ばりぞうごん)の嵐だが、最後にはきちんとした法律にしたい」とあいさつした。


太田誠一や岩永議員ら推進派は同和団体との関係を否定していますが、毎日新聞の報道や部落解放同盟や自由同和会のホームページを見てもその方針と一体であることは明らかです。

岩永峯一 衆議院議員 平成19年4月10日
人権擁護法案成立をめざして
http://www.iwanaga.gr.jp/index.html

法案反対運動は継続してまいります。

先週の日曜日に太田誠一事務所へ行ってまいりましたが、。我々、人権擁護法案に反対する市民の連帯の馬場共同代表に、太田は「毎日でもやる」とまでいっています。

同和利権の永続化を目指して推進される亡国法案は完全に息の根を止める必要があります。

先週、八女市役所で興味深いことを聞きました。

先月の国会内の集会で地元の解放同盟市町村支部からも何人出すように割り当てがなされていた
ようです。

支部から地協や県連への上納金があるということも聞き、補助金で運営されている政治団体で
あることが明らかになりました。

ネット上では福岡県民なにやっているんだという批判が湧き上がっております。
県民として申し訳なく、また力およばず歯がゆく思います。

しかし、この4ヶ月、資金的にも体力的にも厳しい中、上京しての法務省・衆参両院国会議員への陳情行動、3市での集会開催を貫徹し、全力疾走で反対運動を行ってまいりました。

皆様のご支援ご協力のおかげでございます。

読売新聞にも地域版ですが、写真入りで記事が掲載されました。以下、本文をご紹介
します。

5・10の久留米市の集会の記事です。
読売新聞福岡筑後版平成20年5月11日


3月25日午後1時半から東京衆議院会館にて
太田誠一秘書との写真


戸井田議員との写真


政策秘書の中里氏の話を聞いている2人は共同代表の伊藤氏と私、近藤です。

大田誠一秘書との懇談


教育行政の不正常な実態を改善する取り組みは継続して取り組んでおります。

昨年度は支援加配の目的外使用の是正、大宰府・筑後両市の対面卒業式の是正などを実現させました。

今年度は県立高校からのジェンダーフリー思想・記述の追放、改定学習指導要領に沿った教育の推進、引き続き児童生徒支援加配の是正、人権教育の中立性確保などに取り組んでおります。

福田政権が発足以降、前政権までの取り組みが大きく後退しています。
教育正常化には逆行しているとしか思えない地方教育行政の実態。

福岡県では児童・生徒支援加配教員の目的外使用は依然として温存されたままです。
県同教からの依頼で研修名目で派遣される教職員も後をたちません。

解放同盟から「これまでの取り組みを何と思っているのか」と詰め寄られ、従っているのです。

人権擁護法案は今国会上程は困難ですが、地方から攻勢をかけようという執念深い動きが続けられています。

太田誠一私案には部落解放同盟も賛成しているといいます。

彼らは糾弾闘争を棄てるつもりはないが、予算措置がほしい、その根拠をつくれ、これが本音です。

平成19年に開催された部落解放同盟福岡県連と福岡県教育委員会の協議内容を読むと、要求事項の「平成14年3月末で失効した事業法以降の同和行政のあり方」の部分について次のようなやりとりがありました。

 人権同和教育課長:「(前後省略)平成13年度末の法失効後も・・・(省略)」

解放同盟県連 「法失効後って何が失効なんね。
事業法に基づいてやるものについては、人権教育啓発推進法に代えればいいやろが。
ね。そういう発想を変えていかんといかんよ。君たちは。
何回いやあ、わかるかね。あんたたちは。」

 
まるで県教委の上部機関が解放同盟かのようです。

■交渉記録 ダウンロードできます
http://sejp.net/pdf/rentai001.pdf


福岡県の同和行政を正常化させる活動に御支援をお願いします。
人権擁護法案阻止運動継続・教育正常化活動の推進のため、ご支援いただく存じます。

■カンパ先は次のとおりです。

西日本シティ銀行筑後支店 
    
   普通 0927397  近藤将勝 コンドウマサカツ

      
  郵便口座 17490-63834391

★近藤将勝 コンドウマサカツ



長すぎるとのご指摘を受けテンプレ短くしました

こういう推進派が解放同盟の集会でなかよく居並んでいます。
福岡のお方ですね。

解同の集会で仲良く並ぶ国会議員


大阪などの利権を反省といいながら、福岡では言いたい放題のつるし上げ協議を行っていたことが情報公開で明らかとなりました。

裁判で敗訴したことまで解放同盟からお叱りを受けるのですから。

ぜひお読みください


ぜひお読みください


↓最近、ランキング下降ぎみです。
稲田議員がんばれと思う方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ


別冊宝島から平成18年5月に出版された『日本を動かす巨大組織のウラ側』の改訂版が文庫で発売されました。

『日本を牛耳る巨大組織の虚と実』です。



知人でフリージャーナリストの三品純氏も日教組と部落解放同盟について執筆しておられます。

興味深いのは公安警察と公安調査庁、創価学会でした。
公安当局と接触のある方は必見です。
ちなみに公調の執筆者は鈴木邦男氏でした。

第1章 権力組織の闇
内閣総理大臣が執務する場所。特殊な磁場を持った政界奥の院
首相官邸


国会提出法案の80%を作る実力政治家と族議員の温床
自民党政務調査会


汚職や脱税を摘発するもいつも打算が見え隠れする
東京地検特捜部 …ほか



第2章 日本経済を牛耳る組織
政策に対して財界の立場から提言する巨大組織
日本経済団体連合会


日本の株式市場を支え拡大を続ける証券取引所
東京証券取引所


政策に対する官僚の影響を排除するために米大統領の「経済諮問委員会」も参考にした
経済財政諮問会議



第3章 巨人たちのゆくえ
「他の宗教はすべて邪教である」政権に与する巨大宗教団体
創価学会


日本共産党に指導を仰ぎ活動する若者たち
日本民主青年同盟


福祉型社会の実現を目指す日本最大のナショナルセンター
全国労働組合総連合会 …ほか


第4章 政治を動かす圧力
日本との関係悪化が進行する「北朝鮮」の出先機関
在日本朝鮮人総聯合会


同特法を背景に巨大な利権構造を構築
部落解放同盟


自己決定の名のもと、死に瀕する病者の治療を止めることを推奨する「死の水先案内人」
日本尊厳死協会 …ほか

↓最近、ランキング下降ぎみです。
別冊宝島がんばれとと思う方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ

**


↓最近、ランキング下降ぎみです。
人権擁護法案絶対反対の方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
質問

右派活動家?というのは要するに何を主張してたの?
近くで見てたけど全く聞き取れなかった

君達のすぐ近くで囲む様に監視してた数人は何?
見物してると鋭い目で睨むから余り長く見れなかった
2008/06/18(水) 22:04:57 | URL | 通行人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫