<当ブログは、ヘイトスピーチ規制法案に反対します>フリーのライター・編集者 として取材活動、国民運動として教育正常化、TPPなど経済政策、労働政策などに取り組み、情報公開請求や国会陳情など議員・行政対策に重点を置いています。皆様より取材、運動推進のためにご支援をいただければ、幸いです。仕事の依頼など連絡先・支援先の詳細はプロフィールをご覧ください。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 今週発売の週刊新潮で人権擁護法案の黒幕を大きく暴露
2008年06月20日 (金) | 編集 |
すでにお読みになられた方も多いかと思いますが、ー東京などでは昨日、中国地方などでは今日、九州では明日の発売となりますー週刊新潮6月26日号に野中広務が人権擁護法案の黒幕であることが大きく写真入りで取り上げられています。

週刊新潮


当ブログでもご紹介しました京都選出の西田議員に対する自由同和会の恫喝は、どうやら睨んだとおり野中と関係があったようです。

解同と自由同和会は、全国同和教育研究協議会(全同教)、全国隣保館連絡協議会(全隣協)、の4団体で構成する「人権政策の確立を求める連絡会議を結成しており、3条機関による人権委員会設置を求めてきていました。

これまで部落解放同盟の問題に関心が集中してきましたが、自民党支持をしている自由同和会も反日的であり、拉致議連を批判するなどその性格は解同と変わりありません。

↓最近、ランキング下降ぎみです。
同和会の対応はおかしいと思う方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ

相互リンクしている政治ランキング第1位の博士の独り言ブログを通じて産経IZAの「義によりて勇を馳せる、保守派へ」ブログによると同和会京都府本部の会長は相当な人物のようだ。

http://iza0606.iza.ne.jp/blog/entry/614548

西田議員の主張こそ本来の自民党の掲げるべき主張だ。西田議員は小泉路線の新自由主義グローバル経済優位とも一線を画しておられる。

似非の自民党議員が多い中、ぜひとも支援していきたい一人です。

ある団体関係など買い占めてしまう可能性があるので、早めにご購入ください。

西田議員など反対派を分断・孤立させようと根回しをしている勢力がいるようです。

福岡では明日の発売ですので、ぜひ書店やコンビニで手にとって買って読んでいただきたい。


【福岡県人権同和対策局への抗議のお願い】

6月17日4時30分ごろ、電車で福岡市へ向かうなか、携帯がなり、何度もかかるので電話に出ると、福岡県庁人権同和対策局のOだと名乗りました。

情報公開請求の開示日をきめたいというので、すでに請求していた人権同和教育課と合議して決めてほしいと伝えました。

↓最近、ランキング下降ぎみです。
同和対策局の対応はおかしいと思う方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ

するとまた4時41分に携帯が鳴り、私の都合のいい日程を教えてくれという。

電車内であり、周りに人がいるので「まだわかりません」というと、逆上し、「なんで、わからないんですか」「公僕だからと言って何をいっても許されるんじゃない」「あなた何をいっているのか」などとまくし立ててきました。

6月下旬、7月上旬も行事や家業などあるので、いまここで決めろと迫られても答えられないのですが、それのどこがいけないのでしょうか?

怒る理由などどこにもないはずです。

今回は本当に驚き、呆れ、そして憤りました。

この大串は以前も同じように明日までが期限だから決めろと迫ってきた前科があります。

↓最近、ランキング下降ぎみです。
同和対策局の対応はおかしいと思う方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ

同和対策局というのは部落解放同盟に応対する窓口ですが、他の部署は課であるのに対して局です。どれほど福岡県が同和優遇を続けているかお分かりになられると思います。

正論5月号でも書きましたが、同和対策局は情報公開に不熱心な部署です。
だいたい、いつもギリギリに連絡してきてさあ、早く決めろと何様のつもりなのでしょう。

基本的な応対、接遇ができないような職員は研修を受けさせるべきです。

何度も同じようなことを繰り返すにはもちろん、県としての謝罪を求めます。

同じくらいの勢いで部落解放同盟に対応しなさいといいたい。


人権擁護法案は今国会の提出はほぼなくなりましたが、福岡県がおかしいのは、おかしいことをおかしいということが「アイツはおかしい奴」だといわれる風潮があることです。

そういう空気が朝鮮や解同などに媚びる政治家や行政機関をつくってきたのです。

このような行政機関の歪みや教育に介入する勢力などとの戦いを展開してまいります。

この件は、県民相談室に苦情の申し出を行い、19日に県庁前で抗議街宣を実施しましたが、公式に謝罪するまで行いたいと思います。

調整係のOの上司の企画監に電話したが、こやつもなめた応対ぶりであった。挙句の果てには
年下だから弁えろという。

来週も庁舎前での抗議を継続します。
皆様からも、援護射撃、ご支援のほどよろしくお願いします。
麻生知事に届くよう県に対してどんどん電話・ファックスをお願いします。

●福岡県庁
〒812-8577 福岡県福岡市博多区東公園7番7号

■知事室秘書第一係 

     電話 092-643-3007
    ファックス 092-643-3009

■人権・同和対策局 

     電話    092-643-3324
     ファックス 092-643-3326


国会の会期末から再開した情報公開請求をはじめ、県同教への住民監査、今回のような不適切応対職員などとの戦いも再開していきます。情報公開や行政との折衝などでこれまでも多額を要しております。

カンパのほうも何卒ご支援のほどよろしくお願いいたします。



人権擁護法案阻止・同和利権の是正・教育正常化運動ご支援のお願い


今国会断念と産経新聞で報じられていますが、太田誠一らは部落解放同盟や自由同和会の意向と保守派を天秤にかけて同和団体の意向に配慮した法案骨子として私案を出してきたのです。

論議は継続としており、秋の臨時国会が怪しいと思われます。

<部落解放同盟>全国大会 人権侵害救済法など運動方針討議
3月3日19時2分配信 毎日新聞

 部落解放同盟の第65回全国大会が3日、東京都千代田区の九段会館を主会場に始まった。2年前に事件や不祥事が相次いだことを受け、「『再生・改革』運動をやり抜き、部落解放運動の抜本的な質的転換を実現しよう」がスローガン。「人権侵害救済法」の早期制定を求めることなどを盛り込んだ08年度運動方針が討議される。5日まで。

組坂繁之委員長は冒頭、自民党で議論が進められている「人権擁護法案」に触れ、「自民党の中に曲解、誤解があるが、中途半端な法律ではいけない」とくぎをさした。

同党人権問題等調査会会長を務める太田誠一元総務庁長官は「(調査会は)罵詈雑言(ばりぞうごん)の嵐だが、最後にはきちんとした法律にしたい」とあいさつした。


太田誠一や岩永議員ら推進派は同和団体との関係を否定していますが、毎日新聞の報道や部落解放同盟や自由同和会のホームページを見てもその方針と一体であることは明らかです。

岩永峯一 衆議院議員 平成19年4月10日
人権擁護法案成立をめざして
http://www.iwanaga.gr.jp/index.html

法案反対運動は継続してまいります。

先週の日曜日に太田誠一事務所へ行ってまいりましたが、。我々、人権擁護法案に反対する市民の連帯の馬場共同代表に、太田は「毎日でもやる」とまでいっています。

同和利権の永続化を目指して推進される亡国法案は完全に息の根を止める必要があります。

先週、八女市役所で興味深いことを聞きました。

先月の国会内の集会で地元の解放同盟市町村支部からも何人出すように割り当てがなされていた
ようです。

支部から地協や県連への上納金があるということも聞き、補助金で運営されている政治団体で
あることが明らかになりました。

ネット上では福岡県民なにやっているんだという批判が湧き上がっております。
県民として申し訳なく、また力およばず歯がゆく思います。

しかし、この4ヶ月、資金的にも体力的にも厳しい中、上京しての法務省・衆参両院国会議員への陳情行動、3市での集会開催を貫徹し、全力疾走で反対運動を行ってまいりました。

皆様のご支援ご協力のおかげでございます。

読売新聞にも地域版ですが、写真入りで記事が掲載されました。以下、本文をご紹介
します。

5・10の久留米市の集会の記事です。
読売新聞福岡筑後版平成20年5月11日


3月25日午後1時半から東京衆議院会館にて
太田誠一秘書との写真


戸井田議員との写真


政策秘書の中里氏の話を聞いている2人は共同代表の伊藤氏と私、近藤です。

大田誠一秘書との懇談


教育行政の不正常な実態を改善する取り組みは継続して取り組んでおります。

昨年度は支援加配の目的外使用の是正、大宰府・筑後両市の対面卒業式の是正などを実現させました。

今年度は県立高校からのジェンダーフリー思想・記述の追放、改定学習指導要領に沿った教育の推進、引き続き児童生徒支援加配の是正、人権教育の中立性確保などに取り組んでおります。

福田政権が発足以降、前政権までの取り組みが大きく後退しています。
教育正常化には逆行しているとしか思えない地方教育行政の実態。

福岡県では児童・生徒支援加配教員の目的外使用は依然として温存されたままです。
県同教からの依頼で研修名目で派遣される教職員も後をたちません。

解放同盟から「これまでの取り組みを何と思っているのか」と詰め寄られ、従っているのです。

人権擁護法案は今国会上程は困難ですが、地方から攻勢をかけようという執念深い動きが続けられています。

太田誠一私案には部落解放同盟も賛成しているといいます。

彼らは糾弾闘争を棄てるつもりはないが、予算措置がほしい、その根拠をつくれ、これが本音です。

平成19年に開催された部落解放同盟福岡県連と福岡県教育委員会の協議内容を読むと、要求事項の「平成14年3月末で失効した事業法以降の同和行政のあり方」の部分について次のようなやりとりがありました。

 人権同和教育課長:「(前後省略)平成13年度末の法失効後も・・・(省略)」

解放同盟県連 「法失効後って何が失効なんね。
事業法に基づいてやるものについては、人権教育啓発推進法に代えればいいやろが。
ね。そういう発想を変えていかんといかんよ。君たちは。
何回いやあ、わかるかね。あんたたちは。」

 
まるで県教委の上部機関が解放同盟かのようです。

■交渉記録 ダウンロードできます
http://sejp.net/pdf/rentai001.pdf


福岡県の同和行政を正常化させる活動に御支援をお願いします。
人権擁護法案阻止運動継続・教育正常化活動の推進のため、ご支援いただく存じます。

■カンパ先は次のとおりです。

西日本シティ銀行筑後支店 
    
   普通 0927397  近藤将勝 コンドウマサカツ

      
  郵便口座 17490-63834391

★近藤将勝 コンドウマサカツ



長すぎるとのご指摘を受けテンプレ短くしました

こういう推進派が解放同盟の集会でなかよく居並んでいます。
福岡のお方ですね。

解同の集会で仲良く並ぶ国会議員


大阪などの利権を反省といいながら、福岡では言いたい放題のつるし上げ協議を行っていたことが情報公開で明らかとなりました。

裁判で敗訴したことまで解放同盟からお叱りを受けるのですから。

ぜひお読みください


ぜひお読みください


↓最近、ランキング下降ぎみです。
稲田議員がんばれと思う方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ

別冊宝島から平成18年5月に出版された『日本を動かす巨大組織のウラ側』の改訂版が文庫で発売されました。

『日本を牛耳る巨大組織の虚と実』です。



知人でフリージャーナリストの三品純氏も日教組と部落解放同盟について執筆しておられます。

興味深いのは公安警察と公安調査庁、創価学会でした。
公安当局と接触のある方は必見です。
ちなみに公調の執筆者は鈴木邦男氏でした。

第1章 権力組織の闇
内閣総理大臣が執務する場所。特殊な磁場を持った政界奥の院
首相官邸


国会提出法案の80%を作る実力政治家と族議員の温床
自民党政務調査会


汚職や脱税を摘発するもいつも打算が見え隠れする
東京地検特捜部 …ほか



第2章 日本経済を牛耳る組織
政策に対して財界の立場から提言する巨大組織
日本経済団体連合会


日本の株式市場を支え拡大を続ける証券取引所
東京証券取引所


政策に対する官僚の影響を排除するために米大統領の「経済諮問委員会」も参考にした
経済財政諮問会議



第3章 巨人たちのゆくえ
「他の宗教はすべて邪教である」政権に与する巨大宗教団体
創価学会


日本共産党に指導を仰ぎ活動する若者たち
日本民主青年同盟


福祉型社会の実現を目指す日本最大のナショナルセンター
全国労働組合総連合会 …ほか


第4章 政治を動かす圧力
日本との関係悪化が進行する「北朝鮮」の出先機関
在日本朝鮮人総聯合会


同特法を背景に巨大な利権構造を構築
部落解放同盟


自己決定の名のもと、死に瀕する病者の治療を止めることを推奨する「死の水先案内人」
日本尊厳死協会 …ほか

↓最近、ランキング下降ぎみです。
別冊宝島がんばれとと思う方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログ<br />へ

**


↓最近、ランキング下降ぎみです。
人権擁護法案絶対反対の方はぜひクリックを♪
blog

↓にほんブログ村 政治ブログ、クリックお願いします♪
にほんブログ村 政治ブログへ
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
人権擁護法案を調べてみると保守勢力削減に有効そうですね。保守解体をめざしこれからも色々な法律ができていけばいいですね。
2008/06/21(土) 00:59:54 | URL | きく #K97lpksc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
徘徊する「人権擁護法案」とゾンビたち 「野中広務」まで顔を出す 悪法「人権擁護法案」を通したい人たち  一度、地中深く葬られた不...
2008/06/20(金) 22:56:03 | 博士の独り言
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
なめ猫